白鵬のかち上げはエルボーで反則じゃないの?なぜやめない?

大相撲で横綱の白鵬が多用する「かち上げ」が話題になっています。

「かち上げ」とは、相撲の技術の1つですが、以前、横綱が取り組みに用いることについて横綱審議委員会が苦言を呈していた経緯もあります

そこで今回は、白鵬のかち上げはエルボーで反則ではないのか?なぜ白鵬はかち上げをやめないのかについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

白鵬のかち上げはエルボーで反則じゃないの?


2020年が明け、1月12日からは大相撲の初場所が始まりますね。

この初場所に向け横綱審議委員会(横審)による稽古総見が6日に行われた際に、横綱・白鵬関が、先場所で苦言を呈された「かち上げ」や「張り」を連発して、“オレ流”を貫いたと大きな話題になっています。

かち上げは相手の体を起こすことや相手をぐらつかせること、相手を後退させることや相手の肩に当たることで差し手を取る隙を作るなどの目的で使用され、本質的に突き押しの技術である。

引用:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/かち上げ_(相撲)

かち上げとは、相撲の立ち合いで使われる技術の1つで、主に前腕をカギ状に曲げて、相手の胴体めがけて肘を入れ、相手の体を持ち上げるようにする技です。

腕をカギ状に曲げることから、エルボーではないのか?といわれることも多いです。

しかし、相撲の技術の1つとして、きちんと名前もありますし、以下にご紹介する「禁じ手」(反則)でもありません。

  • 握拳で殴る
  • 頭髪を故意につかむ
  • 目またはみぞおち等の急所を突く
  • 両耳を同時に両方の掌で張はる
  • 前縦褌(まえたてみつ)をつかみ、また横から指を入れて引ひく
  • のどをつかむ
  • 胸・腹をける
  • 指を持って折り返かえす

 

ただ、いくら反則ではないとはいえ、“横綱”が使う技術としては「卑怯」という見方もあり、横審が苦言を呈したり、世間がざわついているようです。

さらに、「エルボーでは?」といわれている所以は、白鵬関の「かち上げ」はやや位置が高く、相手の顔面に当たることもあるからかもしれません。

2016年の夏場所の豪栄道関との取り組みでは、白鵬関の「かち上げ」が豪栄道関の顔に入り、豪栄道関はその後、左眼窩内壁骨折の診断を受けています。

当時もすでに、白鵬関の「かち上げ」は問題視されていましたが、それでも“ルール違反”と判断されることはなく、現在に至っています。

スポンサーリンク

白鵬はかち上げをなぜやめないのか?

https://twitter.com/9LD2FvFhM65Esi4/status/1213977422426562561
以前から、問題視されていた白鵬関の「かち上げ」ですが、当の白鵬関はやめる気配はありません。

確かに、今回行われた横審の稽古総見でも、「かち上げ」や「張り」を見せていましたよね。

批判や苦言をうけながらも、なおも自分の相撲スタイル“オレ流”を貫く白鵬関。

かち上げをやめない理由を、とあるインタビューで話していました。

「張ったときに相手は一瞬腰を引くんですよ。腰を引いたときにかち上げて、起こす、中に入っていくという作戦」

「起こしてから中に入っていく、自分の型っていうのがまわしを取ってからの相撲なんでね、逆に言うと、いろんな立ちあいがある、技があるっていうのは逆に褒めて貰いたいけどね」

引用:livedoorNEWS  https://news.livedoor.com/article/detail/17623554/

「自分がとっている相撲が“横綱相撲”」とキッパリと言い切る白鵬関は、

「プロスポーツとして、横綱として、いくら優しくても負ければ引退ですから。

そういう思いを持ってやっている」

と、勝つことにトコトンこだわっているからこそ、横綱だからこそ、いろいろな技を繰り出している、ということなんですね。

スポンサーリンク

白鵬のかち上げに対するネットの反応

白鵬のかち上げについて、ネットの反応をまとめてみました。

「技としてあるのだから」、「オレ流を貫いていてよい」など、賛成派の声あり、「横綱らしくない」、など、否定派の声あり、と様々です。

賛否はやや否定派が優勢です。

賛成派

白鵬かち上げ 横審前でオレ流 普通に潔くカッコいいと思います。

存在意義のない横審のコメントが楽しみ

見苦しいんであれば きちんとルール化すべき!

ルール化してもいないのに ケチをつける輩の方がよっぽど下品!!

そもそも「かち上げ」批判する方がオカシイと思う、正当な相撲の技なんだし。

やり方や使い方が違うって声もあるだろうが、元理事長の北の湖だって得意技にしてたと思うけど?

白鵬も自分が同じ技喰らった時に文句をいうのは筋違いになるから、やられる覚悟はあるのかな?

否定派

相手に合わせても、それでも勝つのが「横綱相撲」だと思ってたんだけどな

やっぱ歴代の横綱となんか違うわ。

残念。

白鵬のかちあげ問題、色々テレビやネットで見ますけど、本人は反省なんてしてないようだし、何だか嫌になりますね。(ー_ー)

初場所では他の力士達に頑張っていただいて、とにかく白鵬には優勝しないでもらいたいなと思ってます。

かち上げ、顔面への張り手が相撲の技とは思えない。

ただの喧嘩戦法にしか見えないが?

禁じ手にしては?

本当にずっとオリンピックに思いを馳せてるね白鵬は❕

立ち合いとかずっとかち上げばかりしてずる勝ちばかりしてるのにね勝てないからって❕

全く❕すぐに現役やめて欲しいね❕

もう禁じ手にしましょう。

禁じ手ではなくとも自分の手段を減らして胸を貸す相撲をするのが横綱なのに。 横綱のやる相撲ではない。

ルール違反はしていない

そんなにかち上げや張り手が問題ならば、さっさと禁じ手にしてそれを行ったら反則負けにすればよい。

横審は彼が忖度してかち上げを止めることを願ったのだけど、日本と違う文化で育った白鵬にそれを期待するのは無理だ。

かち上げじゃなく完全に顔面エルボだからな!

白鵬エルボは禁じ手に加えれば辞めるんじゃね🤣

スポンサーリンク

白鵬のかち上げはエルボーで反則じゃないの?なぜやめない?まとめ

今回は、白鵬のかち上げはエルボーで反則ではないのか?なぜ白鵬はかち上げをやめないのかについて調べてみました。

「かち上げ」は相撲の立ち合い時に使われる技術の1つで、本来の形は反則ではありませんが、白鵬関の「かち上げ」は、その位置がいささか高く入ることがあるようでした。

横審や一部の相撲ファンから、この白鵬関の「かち上げ」が“横綱らしくない”技術だと、苦言や批判的な声が聞こえますが、当の白鵬関は、勝つことにこだわり、そのための作戦だと、話していてやめる気持ちは全くないようでした。

ルール違反でない限り、横綱であっても「かち上げ」を使うことは問題ないはずですが、「横綱」という理由で「卑怯」、「姑息」といわれているのが現状です。

もしかしたら「横綱」のあるべき姿や認識が、時代とともに変わってきたのかもしれませんね。

関連記事

大晦日の夜に東京で開催されるボクシング「LIFETIME BOXING FIGHTS.3」のラウンドガールが決まりました! ウェディシンハ理沙さんと保科凛さんは、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔選手の初防衛戦などで初めてラウン[…]

関連記事

12月になるとあちらこちらで開催されている忘年会。 一年間の苦労をねぎらい、会社の上司や同僚とコミュニケーションをとりながら食事をしていますね。 この忘年会を開催することに対して、業務の円滑化に必要という意見と行きたくないから不[…]

関連記事

大晦日の夜に鳴る年末年始の風物詩と言えば除夜の鐘ですが、ここ数年除夜の鐘は「うるさい」や「深夜の除夜の鐘は迷惑」という声が上がっていると話題に上がっています。 小さい頃から耳にしていた除夜の鐘ですが、うるさいから迷惑という声は本当なの[…]