吸うカフェインとは効果は?タバコとの違いは?

日本たばこ産業(JT)グループのBREATHER社(ブリーザー)から、カフェインを蒸気で吸う、“吸うカフェイン”が発売され大きな話題になっています。

カフェインといえば、コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどの飲料にも含まれ、眠気を覚ましてくれたり、集中力を高めてくれるとよく知られていますが、この“吸うカフェイン”とは一体どんなものなのでしょうか。

そこで今回は、吸うカフェインとはどんなものなのか?その効果やたばことの違いについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

吸うカフェインとは?


12月3日に日本たばこ産業(JT)グループのBREATHER社(ブリーザー)から、カフェインを蒸気で吸う電子機器「STON(ストン)」が発売されました

「STON」は、カートリッジ内のリキッドが熱せられ、蒸気となり、その中に溶け込んだ成分の味や香りを楽しむ仕組みになっています。

【価格】
本体:6,600円
カートリッジ(3本セット):1,980円
【本体カラー】4色
茜(あかね)・月白(げっぱく)・浅葱(あさぎ)・鉄紺(てつこん)
【カートリッジフレーバー】2種類
POWER:カフェイン配合のミントフレーバー
CALM:GABA配合のココナッツフレーバー

カートリッジは1本約250回の吸引が可能です。

また吸い方は、ストン本体に液体入りのカートリッジを差し込んで加熱し、発生した蒸気を吸う、という電子タバコと似た要領です。

引用:BREATHER Brand Channel
(詳細はBREATHER公式サイトでご確認ください)

フレーバーの溶け込んだ蒸気を吸い込むことで、味や香りを楽しむことができます。

吸うカフェインの効果は?


この度、日本たばこ産業(JT)グループのBREATHER社から発売された「STON(ストン)」ですが、2つのフレーバーを楽しむことができます。

そして、その効果もフレーバーにより違います。

BREATHER社公式サイトによると、

POWER(カフェイン配合のミントフレーバー)…もうひと踏ん張りしたい時に

CALM(GABA配合のココナッツフレーバー)…気分を落ち着かせたい時に

との案内がありました。

このカフェイン配合フレーバーが発売されたことで、いわゆる“飲むカフェイン”と話題になっているわけですが、眠気覚ましのコーヒーや、エナジードリンク代わりに、また気分転換をはかりたいときは、カフェイン配合の「POWER」がおススメフレーバーのようです。

気になるのは、その効果ですが、カフェインは食べ物や飲み物で口から摂取するより、「STON」のように蒸気で直接摂取した方が短時間で効果が得られるようです。

仕事の合間や眠気覚ましなどで活用する方には、効き目が早くでるのは嬉しいですよね。

吸うカフェインとタバコの違いは?

ところで、この“吸うカフェイン”と呼ばれる「STON」は、吸い方が電子タバコとほぼ同じようですが、何が違うのでしょうか

この“吸うカフェイン”「STON」は、タバコと違い、タバコの葉を使用していないので、有害物質のニコチンやタールが含まれていません

そのため、タバコと違い、未成年が使用することもできます。

しかし、カフェインは大量摂取すると、不眠やめまい、体調不良を起こしたり、また、過剰摂取(体重50㎏の人で10g程度)すると死に至ることもあるので注意が必要です。

そのため、BREATHERは20歳以上の方への使用を推奨しています。

吸うカフェインに対するネットの反応は?

吸うカフェインについて、ネットの反応をまとめてみました。

興味深く見ている人が多く、すでに購入したという方もいました。

また、購入を迷っている人や、欲しいけど、すでに売り切れで入荷待ちの人なども見られます。

一方で、本当に身体に大丈夫なものなのか?と長期的使用を含め、疑問の声も少なからずありました。

吸うカフェイン買ってみた
吸うカフェイン、買おうか迷う
『吸うカフェイン』めっちゃ欲しいな? 事務仕事中にエナドリとかコーヒー買いに行くより手軽で良さそう。

倒して溢れることも無さそうだし。

吸うカフェイン…美味しいんですかね?笑
ニコチン、タールゼロで非喫煙者に迷惑かからないからいいね。

本人がチェーンスモークしてぶっ倒れるのは知ったこっちゃないですが(”ω”)

吸うカフェインのSton、めちゃくちゃ欲しいのに唯一っぽい販売口のAmazon入荷未定
吸うカフェインとか吸うビタミンとか、いくら有害物質が入っていないって言っても長期間肺から吸収させたときの悪影響のデータがないから気軽には手が出せないなー。
jtが吸うカフェインの「ston」を発売したけど、前から売ってる「eagle energy」とはどのくらいの違いがあるんだろう?
エナドリとかコーヒーとか吸うカフェインとかみなさんが何故そんなにカフェインを欲しているのかあまりわからない
カフェインの過剰摂取によるリスクが色々指摘されている中、「吸うカフェイン」とは…

こんな蒸気を部屋でモクモクさせられたら、不特定多数の人が無理やり「カフェイン」を吸わされる受動喫煙みたいなことになるのでは(; ゚Д゚)

吸うカフェインとは効果は?タバコとの違いは?まとめ

今回は、“吸うカフェイン”とはどんなものなのか?その効果やたばことの違いについて調べてみました。

現在、話題になっているの“吸うカフェイン”は、JTグループのBREATHER社が発売した、カフェインやGABAが配合されたフレーバーカートリッジを蒸気で吸う電子機器のことでしたね。

しかもこの「STON」はタバコと違い有害物質が含まれない上に、成分が含まれた蒸気で直接摂取することで、早く効果が出るのもうれしいところでした。

ただし、なんでも大量摂取はよくありません。

仕事や勉強の合間や息抜きに、上手に利用できるといいですよね。

関連記事

社員を採用するときに、「喫煙しないこと」を条件にする企業が増えてきています。 この、いわゆる「喫煙者不採用」は、日本の大手企業だけでなく、国立大学法人である長崎大学も「受動喫煙から学生と教職員を守るため」と、「喫煙者不採用」の方針を発[…]

関連記事

妊婦加算は妊婦が病院を受診したときに、医療費(初診75点・再診38点)を加算される制度です。 2018年に妊婦加算が導入されましたが、妊婦の自己負担額が増えるため批判の声が多く妊婦加算は2019年1月に凍結されています。 現在凍[…]

関連記事

10歳の不登校YouTuberが、ネットで大きな話題になっていますね!! 麦わら帽子をかぶって、想いを大きな声で主張する少年の姿も話題性に事欠きませんが、さらに拍車をかけているのが、彼の父親の存在です。 そこで今回は、不登校Yo[…]