近藤利一と武豊の確執の原因とは?和解は成立しなかったの!?

競馬界の名物馬主として知られる近藤利一氏が11月17日早朝に亡くなりました。

競馬ファンならその名を知らない人がいないほどの人物ですが、さらにその名を世に知らしめたのは、名騎手・武豊氏との確執です。

そこで今回は、近藤利一氏と武豊氏の確執の原因や和解はしなかったのか?についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

近藤利一と武豊の確執の原因とは?


アドマイヤコジーン、アドマイヤベガ、アドマイヤムーンなど、 “アドマイヤ”の冠名で知られる日本を代表する馬主・近藤利一氏が、2019年11月17日早朝、77歳の生涯に幕を閉じました。

本業は、大阪府大阪市北区にあるはつり・建築解体工事会社「合建株式会社」代表取締役会長の近藤利一氏ですが、もともとギャンブルは嫌いだったそうです。

しかし、友人に誘われ競馬場に足を運んだのをきっかけに、競馬に興味を持ち、1984年に中央競馬の馬主資格を取得しました。

初めての持ち馬はカイタイオー、その後は英語で「賞賛・感心」を意味する「アドマイヤ」の冠名をつけるようになり、1996年にアドマイヤボサツで初めて中央競馬の重賞(平安ステークス)を制覇、その後も所有馬の多くがGI級レースで勝利をおさめています。

そんな、日本の名馬主・近藤利一氏はかつて、日本を代表する名騎手・武豊氏を自分の馬に騎乗させたがっていました。

しかし、その武豊氏と関係を悪化させる出来事がおこります。

武豊氏は、2007年春に行われた皐月賞でアドマイヤオーラに騎乗し4着、その後、香港で行われたクイーンエリザベス2世Cでアドマイヤムーンに騎乗し3着と、両レースにも勝利することができませんでした。

この結果に近藤氏が憤慨し、武豊騎手に何時間も不満をぶちまけたそうです。

その後、武豊氏が

「もう二度と(近藤利一の馬には)乗らない」

と言ったと報道されました。

確かに、この一件以降、武豊氏が“アドマイヤ”に騎乗したことはありません。

近藤利一と武豊は和解しなかったの?

2007年の一件以来、近藤利一氏所有の馬に乗らなくなり、事実上の絶縁状態となった武豊氏

その後、“アドマイヤ”に騎乗することなく、この度、近藤利一氏が亡くなってしまいました。

そういった意味では、完全な「和解」はされないまま亡くなってしまったといえます。

しかし、この絶縁状態も頑なに変化がなかった、という訳でもないようです。

そのことは、歌手で馬主の北島三郎さんが所有していた「キタサンブラック」の引退式でも垣間見られました。

武豊氏と近藤利一氏が笑顔で握手している様子です。

それまでも、検量室で会話はしているとの情報もありました。

一説には、その頃から近藤利一氏側は武豊氏に騎乗を打診しはじめていたとの情報もあります。

しかし、武豊氏は首を縦に振らなかったと。

やはり、こと「騎乗」に関しては、武豊氏側に、どうしても譲れないものがあった様子ですね。

近藤利一と武豊に対するネットの反応

近藤利一氏と武豊氏について、ネットの反応をまとめました。

やはり多くの人から、近藤利一氏と武豊氏の確執について、その後を気にしている声が聞かれます。

近藤利一さん。

私が競馬を始めたきっかけはアドマイヤベガ。

それからずっと所有馬も応援してました。

疎遠になったのは武さんが乗らなくなってから。

セレクトセールのときにご病気と知ったので、最後にコンビが見たいと思ってたけど。

御冥福をお祈りします。

アドマイヤの冠名でお馴染みの近藤利一さんが御逝去された

武オタにとっては憎き存在かもしれないが…

ただ、彼は競馬界の発展に多大なる貢献をした

個人的には、わりと好きなオーナーだった

御冥福をお祈りします、合掌🙏

アドマイヤの近藤利一さんが亡くなったことに武さんや岩田がコメントしていたけどデムーロのものがないのはなんで!?

お馬さんは英子さんのところに行くのかね!?

はたまた佐々木!?

近藤利ー氏の死去について武豊騎手のコメントが出てるけど、武騎手を苦境に追い込んだのは近藤氏だろ。

武騎手にコメントを求めるなんて下劣な記者だな。

武騎手は大人の対応をしているけど。

武さん、すれ違いがあったのに、大人ですね・・・
豊と近藤利一氏の確執は、色々と噂があったけれど和解したのだろうか?

一時代を築いた馬主。

ご冥福を祈ります。

武豊が近藤利一氏についてコメントか 結局再びアドマイヤに乗る事は無かったねえ…
武豊騎手との確執が解消される前に近藤利一さんが亡くなったのが残念でならないな
アドマイヤの近藤オヤジ亡くなったか。

時代の終わりを感じますな。

武豊干してから競馬界の流れが変わったように感じます。

近藤さん…。

アドマイヤマーズの件とか、武豊との関係とか、いろいろあったけど競馬界を盛り上げていたのは間違いない

近藤利一と武豊の確執の原因とは?和解は成立しなかったの!?まとめ

今回は、近藤利一氏と武豊氏の確執の原因や和解はしなかったのか?について調べてみました。

日本競馬界であまりに有名な2人の確執は、結局完全に和解することなく近藤氏が亡くなってしまいましたが、近年にはその断絶状態は少し溶け始めていたように思える情報もありました。

それでも、武豊氏が“アドマイヤ”服を着ることがなかったことは、ファンにとって残念だったようですね。

賛否両論の近藤利一氏ですが、日本の競馬界での功績はやはり大きなものでした。

今は静かに近藤氏のご冥福をお祈りしたいと思います。