トライアウト合格者のその後は?活躍した選手は!?

プロ野球12球団合同のトライアウト201911月12日(火)に大阪シティ信金スタジアムで行われました。

今年のトライアウトには43名が参加しましたが、その中から合格する選手はわずか一握りともいわれています。

また、トライアウトに合格してからもその後活躍できるとは限りません。

そこで今回は、トライアウト合格者のその後や、合格者で活躍した選手についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

トライアウト合格者のその後は?


11月12日(火)に行われた2019年トライアウト参加者は以下の43名です。

【西武】
高木勇人(投)・小石博孝(投)・松本直晃(投)・藤澤亨明(捕)

【ソフトバンク】
岡本健(投)・塚田正義(外)【楽天】
宮川将(投)・横山貴明(投) ・西宮悠介(投) ・山田大樹(内)・島井寛仁(外)・橋本到 (外)・八百板卓丸(外)

【日本ハム】
中村勝(投)・田中豊樹(投)・立田将太(投)・森山恵佑(内) ・森本龍弥(内)・岸里亮佑(外)

【オリックス】
青山大紀(投)・岩本輝(投)・宮崎祐樹(外)

【巨人】
長谷川潤 (投)・坂本工宜(投)・森福允彦(投)

【DeNA】
寺田光輝(投)・松尾大河(内)

【阪神】
歳内宏明(投)・西岡剛(内)・森越祐人(外)

【広島】
横山弘樹(投)・長井良太(投)・辻空(投)

【中日】
若松駿太(投) ・杉山翔大(捕)・亀澤恭平(内)・友永翔太(外)・近藤弘基(外)

【ヤクルト】
村中恭兵 (投)・屋宜照悟(投)・沼田拓巳(投)・菊沢竜佑(投)・山川晃司(投)・(捕)

※(投):投手、(捕):捕手、(内):内野手、(外):外野手

トライアウトに挑戦した選手たち、出来るだけ多くの選手が合格してほしいところですが、なかなか難しいのが現実です。

ところで、このトライアウトに合格した選手はその後、どのような経過をたどるのでしょうか。

まずは、獲得に関心を持った球団からの契約オファーや、入団テスト受験の連絡を受けることになります。

  • テスト終了後1週間以内を目安として合格を通知され、来季契約となる
  • 入団テストに招致され、受験後に合否発表

直接オファーとなれば一番ですが、入団テストの連絡を受けるのもトライアウトに挑戦した選手たちにとっては大切なチャンスです。

トライアウトが終了した今、選手たちは緊張しながら連絡を待つしかできないのです。

なかなか厳しい実力の世界ではありますが、1人でも多くの選手にチャンスが与えられるといいですね。

スポンサーリンク

トライアウト合格者で活躍した選手は?

狭き門のトライアウトで合格を勝ち取った選手は、その後どのような選手生活を送るのでしょうか。

実は、残念ながらトライアウトで合格し、来季契約にこぎつけても、活躍することなく翌年、よくても数年でまた契約外となってしまう選手が多いのです。

しかし、中にはトライアウトで合格した後、活躍している選手がいます!

森岡良介選手

2008年のシーズン後に、中日から戦力外通告を受けた森岡良介選手は、同年トライアウトに挑戦し、ヤクルトスワローズに入団しました。

1軍定着とはいかないものの、2010年にはイースタン・リーグで首位打者に輝き、2012年から3年連続100試合以上に出場、2014年には選手会長も務めました。

2016年に現役を引退しますが、トライアウトで入団後8年間現役生活を続けられたのは、トライアウト合格者の中でも森岡選手くらいではないでしょうか。

石井義人選手

2011年に、西武から戦力外通告を受けた石井義人選手は、同年トライアウトに合格、ジャイアンツに入団しました。

翌シーズンの2012年には代打の切り札として活躍し、クライマックスシリーズでも代打に起用されたチャンスに、サヨナラヒットを放ち、MVPを受賞しました。

ただ、残念ながら、活躍できたのはこの2012年シーズンのみで、その後は2014年に戦力外通告を受けて現役を引退しています。

宮地克彦選手

2003年に西武から戦力外通告を受けた宮地選手は、現役続行を目指して、横浜ベイスターズ・大阪近鉄バファローズ・千葉ロッテマリーンズの入団テストを受けるも不合格となり、同年のトライアウトに挑戦、見事合格し、当時のダイエーに入団しました。

翌シーズンの2004年はシーズン途中からライトのレギュラーに定着し、全93試合に出場しました。

2005年には開幕スタメンとして出場すると、年間を通してレギュラーとして活躍し、プロ生活で初めてオールスターゲームにも選出されました。

しかし2006年は開幕直後に怪我をし、戦線から離れることが多くなり、同年に再び戦力外通告を受けました。

スポンサーリンク

トライアウト合格者に対するネットの反応

トライアウト合格者について、ネットの反応をまとめてみました。

トライアウトで合格することは、とても狭き門であるのに、さらにその後活躍することは本当に難しいことだという声が多いです。

また、本日行われた2019トライアウトについても多くの声が寄せられていました。

トライアウトで拾ってもらっても、その次の年にはまた戦力外ってことが多々あるから、元々の球団の選択は間違ってないんだよねぇ。

球団のポストが用意されてたら、素直に引退しますって言った方がいいのかな。

本当に必要ならトライアウト前に声が掛かるからな。

此処で合格しても育成契約も多いし、翌年に再び戦力外を受ける選手もいる。

かくも厳しく狭い道である…

トライアウト。

数年前のズムスタ見に行ったが、その時参加してたのが当時DeNAの憲晴さんだったな。

トライアウトで合格した貴重な選手。

今季で現役引退して、これからは阪神のスコアラー。

今日参加してる選手たちも誰か報われますように🙏🏼

石井義人はミートの天才だった。

起用法で移籍するのは重要かもしれないとは思えた選手。

宮地さんは西武当時は左がからっきしだったんだよな。

よくバンクで一定復活したもんだと思ったよw

西岡トライアウトで結果出せなかったか、残念。

まだまだぜんぜんやれるのにね!

トライアウトは結果より内容よなぁ
トライアウトで友永、亀澤、杉山どこかの球団に拾われてほしいなぁ
トライアウトで思うことは、贔屓目を抜きにして、タイガースの選手の層は厚いんだなと感じました。

森越選手、歳内投手、元タイガースの岩本投手、そして今日近くで見学できた元タイガース西岡選手はみんなにタイムリーに 声をかけてました。

タイガースだけではなく声をかけて、野球人でした

西巻くんトライアウト参加しないみたいだしどっか話ついてるのかなー
トライアウト、西巻とか橋本到とか普通に戦力やろ
スポンサーリンク

トライアウト合格者のその後は?活躍した選手は!?まとめ

今回は、トライアウト合格者のその後や、合格者で活躍した選手について調べてみました。

本日、2019年のトライアウトが開催され、43名の選手がチャンスを掴むために全力を尽くしました。

トライアウトで合格するのは、ほんの一握りの選手で、しかも入団後に活躍できずに再び戦力外通告を受けてしまう選手も少なくありません。

しかし、中には森岡選手のように、トライアウトで合格後8年間も活躍できた選手もいます。

2019年の結果は、どうなるのでしょうか?

連絡がくる目安といわれているのは1週間、1人でも多くの選手が合格するといいですね。

関連記事

プロ野球のワールドトライアウトの本選が、2019年11月30日に開催されます。 2019年のワールドトライアウトの概要発表会が都内で行われ、2019年10月30日にはトライアウト監督の就任が正式に発表されました。 トライアウト監[…]

関連記事

プロ野球で戦力外通告を受けた選手などによるトライアウトが11月13日に行われました。 最近では観客も増え、今年から入場有料となるなど、年々注目度が増しているトライアウト。 今年はヤクルトの成瀬善久選手や阪神の西岡剛選手といったタ[…]

関連記事

プロ野球阪神タイガースの鳥谷敬選手が、2019年シーズンをもって阪神を退団し、現役続行のために他球団への移籍の道を選びます。 そこで気になるのは、鳥谷選手の移籍先がどこになるのか!?ですが、その移籍先にロッテやDeNAの名前が聞こえて[…]