イチローがコーチとして初のベンチ入り!その衝撃的な理由とは?n

マリナーズのイチロー会長付特別補佐が、5月13日(日本時間)に敵地デトロイト・コメリカ・パークで行われたタイガースとのダブルヘッダーでコーチとしてベンチ入りしたことが野球ファンの間で話題になっています。

先日の記者会見で今季、選手として出場しないことを明言したイチロー選手がなぜ突然コーチとしてベンチ入りすることになったのでしょうか。

また、人生で初めてコーチの立場になったイチロー選手がコーチとしてどんなことをしたのでしょうか?

今回はイチロー選手がコーチとして行った仕事とイチロー選手がコーチとしてベンチ入りした理由についてシェアしたいと思います。

広告

イチローがコーチとしてベンチ入り?

イチローが今季から就任した会長付特別補佐では、選手たちとともに練習できる待遇を与えられていますが、基本的に会長付特別補佐は規定によってベンチ入りは出来ません。

なので、イチロー選手は会長付特別補佐に就任してからはずっとテレビでマリナーズ戦を観戦していました。

後述しますが、ある理由のためにマリナーズのスコット・サービス監督が不在になったため、特別措置として13日のデトロイト・タイガース戦の1日限りで臨時コーチとしてベンチ入りが許されました。

イチロー選手は、コーチとして2試合とも先発メンバー表に名前を書いたり、選手交代を全部記録したりしました。

その際、イチロー選手は「1試合目に負けたから、2試合目は筆記体にしました。(ペンの)色も変えて」と話しているように、イチロー選手ならではの験担ぎも披露しました。

また、2試合目ではタイガースのロン・ガーデンハイア監督がストライクかボールかの判定を巡り、主審に抗議して退場処分を受けました。

仮にマリナーズの監督代行が退場処分に課されたらイチロー選手が監督代行の代行としてチームの指揮を採る可能性もあったのです。

ただ、イチロー選手は「それだけは勘弁してほしい。その緊張感はあった」と苦笑いで話しました

イチローがコーチとしてベンチ入りした理由とは?

前述しましたが、マリナーズのスコット・サービス監督がある事情のため監督業が出来ないため、イチロー選手が特別措置としてコーチとしてベンチ入りしました。

サービス監督が13日、監督業が出来なかったのは長女の卒業式に出席するためでした。

日本だとあまり考えられない話ですが、日本のプロ野球の助っ人外国人もよく奥さんの出産や家族の見舞いに立ち会うために一時帰国するケースが多いですよね。

今季だけでも、2月にはロッテの新外国人のシェッパーズ選手が、4月には阪神のマテオ選手が奥さんの出産に立ち会うために一時帰国しました。

そして近日中に広島のジョンソン投手も同じ理由で一時帰国する予定です。

これについては「海外では当然」と捉えるか、「けしからん」と捉えるかは人それぞれです。

しかし、球団側が理解を示して一時帰国を認めている以上、それは正当な権利です。

後々には、日本人選手も仕事よりも家庭・家族を大事にする風潮ができるかもしれませんね。

ネットの反応まとめ

では、イチロー選手がコーチとしてベンチ入りしたことに対するネットの反応を見ていきましょう。

選手としては出ないけど、違った役割が得られたことはいいですね
どんな形でもイチロー選手を見たい
久々のベンチ入りでイチローも楽しそう
理論派コーチとしてイチローに市場価値を見出したのかな

といったように、久々にコーチとしてですが試合に出たことにいい印象を持ったコメントが多く見られました。

しかし、それ以上に多かったのはサービス監督が長女の卒業式のために監督を休んだことに関してのコメントでした。

日本だとこれをすると悪者扱い
現場責任者でも娘の卒業式で休める社会‼自分もそうなりたい
日本にはない発想
日本もこれでええんかと思うこともある

といったように、日本と比較して羨ましがるコメントが多数ありました。

一方で、

少し寂しい気もする
イチローもモチベーションを保つのは難しいでしょう

といったコメントもありました。

イチローがコーチとして初のベンチ入り!その衝撃的な理由とは?まとめ

イチロー選手が1日限りですが、コーチの職を務め、指導者として新たな一歩を踏み出しましたね。

来季以降も原則的には選手として出場は可能ですが、選手から一歩離れた立場に立ったことに対して少し寂しい気もします。

ただ、イチロー選手の指導者としての側面も一方では見てみたいです。

ゆくゆくはメジャーのコーチや監督、あるいは日本代表に関係する職にイチロー選手が就任する姿も見てみたいですね。