女子プロ野球退団選手一覧と理由は?

2019年11月1日に女子プロ野球選手36人が、今季で退団することが発表され話題となっています。

女子プロ野球リーグは4球団あって、所属する選手は全チーム合わせて71人とのことなので、今回、半数以上の選手が退団することになります。

今季で退団する選手の中には元日本代表選手もいるそうですが、一体どのような理由で誰が退団するのでしょうか?

今回は女子プロ野球の退団選手一覧と、女子プロ野球の退団理由についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

女子プロ野球の退団選手一覧

今回注目を集めている女子プロ野球選手の退団ですが、今季で退団する選手は誰なのか監督とコーチも含めてシェアします。

①レイア

▪ 川崎ひかるコーチ

▪ 石黒貴美子選手

▪ 岡田桃香選手

▪ 青木悠華選手

②埼玉アストライア

▪ 大山唯監督

▪ 山崎舞コーチ

▪ 田口紗帆選手

▪ 山崎まり選手

▪ 加藤優選手

▪ 一尾星吏夏選手

▪ 磯崎由加里選手

▪ 只埜榛奈選手

▪ 谷山莉奈選手

▪ 泉由有樹選手

▪ 山口千沙季選手

▪ 今井志穂選手

▪ 御山真悠選手

▪ 甲斐田陽菜選手

▪ 太田あゆみ選手

③愛知ディオーネ

▪ 碇美穂子監督

▪ 大澤靖子コーチ

▪ 岩見香枝選手

▪ 前田桜茄選手

▪ 奥村奈未選手

▪ 三浦由美子

▪ 海老悠選手

▪ 久保夏葵選手

▪ ヂェン・チー選手

▪ 堀田ありさ選手

▪ 松谷比菜乃選手

▪ 里綾実選手

▪ 榊原梨奈選手

▪ 佐藤千尋選手

④京都フローラ

▪ 田中朋子コーチ

▪ 厚ヶ瀬美姫選手

▪ 三原遥選手

▪ 森若菜選手

▪ 大串桃香選手

▪ 中村茜選手

▪ 三輪裕子選手

▪ 小西美加選手

▪ シェー・ユー・イン選手

今季で女子プロ野球を退団する選手・監督・コーチは上記の通りで、退団する選手の中には磯崎由加里選手・里綾実選手・小西美加選手など元日本代表選手6人も含まれています。

今季で退団する選手の厚ヶ瀬美姫選手は来季から指導者として活動するという情報が発表されていますが、多くの選手は現役を引退するか、しばらくゆっくり考える時間が欲しいと言っているようです。

スポンサーリンク

女子プロ野球の退団理由は?

女子プロ野球選手を夢見て、狭き門をくぐり抜け、やっとなれたプロ選手であるはずなのに、半数以上の選手が今季で退団することになった理由は何だったのでしょうか?

退団すると決めた理由について調べたところ、一部で報道と加藤優選手のツイッターに報告がありましたのでシェアしたいと思います。

関係者

関係者が答えた報道の内容は下記の通りです。

今季で戦力外になった選手が半数以上居た
▪ 雇用形態が変わった

上記の2つが今回半数以上の選手が女子プロ野球を退団する理由のようです。

女子プロ野球は健康食品会社「わかさ生活」が、3億円を出資して2010年に2球団から始め、現在ある4球団の運営は全て「わかさ生活」が行っています。

この「わかさ生活」は、今年の8月に経営難であることを伝え、球団を運営する新規参入の企業団体の募集を行っているようです。

そんな中、従業員契約を結んでいる女子プロ野球選手は野球シーズンは野球に集中するため「固定給+出来高払い」で、野球がオフシーズン中はわかさ生活の社員として働くか選手自らが別の働き先を見つけるという雇用形態に変更することが伝えられたそうです。

その後話し合いは約1カ月間続けた結果、半数以上の選手が退団することに決めたとのことです。

現時点で来季リーグの体制をどうするのかについては決めていないものの、2019年9月に女子プロ野球の入団テストを実施しすでに8人の選手が内定しているそうです。

残った選手は若手選手が中心で、来季リーグは2球団で行う可能性が高いと言われています。

加藤優選手

美人すぎると話題になった加藤優選手が2019年11月1日に自身のツイッターで、今回の退団する思いを綴っていました。

内容は下記の通りです。

加藤優選手は女子野球界に貢献できることや今だからできることについて考えた結果、

「小さい女の子達や学生の憧れ、目標となるチーム、環境を創っていかなければいけないと考えての退団です」

と今回退団する理由を発表しています。

女子プロ野球を退団する加藤優選手も現役を引退するのかと思いましたが、「女子野球には夢と希望がある」と胸を張って言える環境づくりをしていきたいという言葉がありました。

また加藤優選手は上記のツイートの後に、下記のように引退ではなく現役を続行することを発表していました!

現段階では、今後の活動内容は発表されていませんが、野球は続けていくと加藤優選手が発言されていますのでファンは一安心ですね!

環境づくりと発言されていたので、今後は指導側なのか経営側になるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

女子プロ野球の退団に対するネットの反応

今回半数以上の選手が女子プロ野球の退団することについて、ネットの反応をチェックしていきましょう。

素直な気持ちとして、悲しすぎる。。

お疲れ様!次のステージでも頑張って!

と、笑顔で言いたいですが。

ここまでたくさんの選手が退団や引退となると、ショックすぎて…

単純な引退、というよりは色々事情はあるのかと思いますが…

寂しい…

衝撃の一言。優さん始め大量36名が退団。運営側はどう思っているのか。

俺たちファンは悲しみしかない。

せめて他球団に移籍という形でいてほしいが、今の運営を考えると厳しいと思う。

俺たちの女子プロ野球をこれ以上壊さないでほしい。

女子プロ野球を退団、引退される選手の皆様、本当に、ありがとうございました。

次のステージも応援しています。

女子プロ野球界、女子野球界再編‼️

退団選手は野球が辞めたい訳じゃない。

女子野球界をよりより良くするために退団したんだろう。

時間はかかるかも知れないけどやり直そう。

応援します‼️

女子プロ野球、迷走!?どうなってんのこれ…

いっそ退団した選手でスポンサー見つけて新リーグでも立ち上げてくれないかな

夢と希望をありがとうございました

とても残念なことですが…

またどこかでプレーが見れると嬉しいです

本当にお疲れさまでした。

退団する選手のツイートがかっこよすぎる。

私も女子野球界のために何かできることを

女子プロ野球半数以上の36人が退団というニュース。

今女子野球が大きく変わろうとしているのかもしれない。

多くの選手が将来の女子野球の為にと動いていく中で自分には何ができるだろう。

たくさんのものを与えてくれた野球に恩返しがしたい。

女子野球をもっと発展させたい。

女子プロ野球のリーグが存在してたなんて、今初めて知りました…
なでしこリーグもそうだけど女子スポーツって難しいな
やっぱりなあ。

だって野球の本場、アメリカにも女子プロ野球はないもの。

かつてはあったらしいが、12年ほどで幕を閉じてる。

女子プロ野球選手の退団についてネットの反応は上記の通りで、応援しているファンからは悲しいや寂しいという声が上がっていて半数以上の選手が退団することにショックを受けている方が多くみえます。

また、次のステージでも頑張ってという応援の声も数多く上がっていて、今後もどこかで野球を続けてという声や、退団する選手でスポンサーをという方もみえました。

半数以上の選手が退団することはショックであると同時に、今後の活動も応援したい、またプレーしている姿が見たいと思うのは、女子プロ野球をずっと応援してきたファンだからこその言葉ですね。

中には今回の退団理由の一つでもある経営難に対して、自分に何か出来ることはないのか恩返しできないかな?という声も上がっていました。

女子プロ野球選手の退団について上記のような反応とは違い、女子プロ野球のリーグがあることを知らなかった方がいたり、日本に限らず女子スポーツは難しいという声も上がっていました。

スポンサーリンク

女子プロ野球退団選手一覧と理由は?のまとめ

今回は女子プロ野球の退団選手一覧と、女子プロ野球の退団理由についてシェアしました。

今季で女子プロ野球を退団の中には、磯崎由加里選手・里綾実選手など元日本代表選手6人も含まれています。

また女子プロ野球選手の退団理由は、今季で戦力外になった選手や雇用形態の変更が主な理由で、選手の中には今後の女子プロ野球界のために退団を決めた選手もいました。

厚ヶ瀬美姫選手は来季から指導者として活動し、加藤優選手は詳しい活動内容は不明ですが野球を続けることを発表しています。

今回女子プロ野球を退団する選手が、今後どのような活躍をしていくのか?

女子プロ野球の今後の体制にも注目です。

関連記事

女子プロ野球選手の加藤優さんが埼玉アストライアに入団後、2016年4月9日に行われた開幕戦でデビューするとネットで「美しすぎる女子プロ野球選手」と注目を集めていました。 プロ野球選手といえば稼いでいるイメージが強いですが、加藤優さんの[…]

関連記事

第2回 WBSC プレミア12が11月2日(土)から開幕します。 日本代表の侍ジャパンは、11月5日(火)から7日(木)の日程で行われる予選グループBに属し、台中・桃園でベネズエラ、プエルトリコ、チャイニーズタイペイと対戦しますが、今[…]

関連記事

野球の国際大会である「プレミア12」の日本代表メンバーが、10月1日に発表になりましたね! 東京オリンピックの予選を兼ねている本大会、その勝敗がとても重要なため、日本代表として戦うメンバーもどのような面々が選ばれているのか気になるとこ[…]