平尾誠二の息子は医者で娘は?叱り方4つとは何?

ラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕し、日本代表チームの躍進に日本中がまさにOneTeamとなりましたね。

日本代表チームは、本日10月20日の南アフリカ戦で惜しくも敗退してしまいましたが、史上初のベスト8入りは、かつて日本の“ミスター・ラグビー”と呼ばれた平尾誠二さんも、きっと賞賛してくれることでしょう。

そんな、平尾誠二さんのお子さんたちは、お医者様になっているとのウワサがありますが、本当でしょうか。

そこで今回は“ミスター・ラグビー”こと、平尾誠二さんの息子は医者なのか?娘さんは何をしているのか?4つの叱り方とは?についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

平尾誠二の息子は医者?娘は?


本日10月20日、奇しくもミスター・ラグビーこと平尾誠二さん命日であるこの日に、ラグビー日本代表チームは、ワールドカップの決勝トーナメント戦に挑みました。

史上初のベスト8入り、惜しくも強豪南アフリカを前に屈してしまいましたが、それでも日本代表チームには、大きな感動をいっぱいもらえましたよね。

そんな日本のラグビーを語るのに、欠くことができない人物、それが平尾誠二さんです。

平尾誠二さんは、高校では、京都・伏見工業高校を花園初優勝へ導き、その後進学した同志社大学では、史上初の大学選手権3連覇に貢献。

卒業後に所属した神戸製鋼では、日本選手権7連覇を成し遂げました。

現役引退後も、神戸製鋼総監督や日本代表監督を歴任し、まさに日本ラグビーの神的存在です。

そんな平尾誠二さんでしたが、2016年10月20日に53歳という若さでこの世を去りました。

日本ラグビー界でリーダーシップを発揮していた平尾誠二さんには、2人のお子さんがいらっしゃいます。

息子さんと、娘さん、お1人ずつです。

息子さんは、昂大(こうた)さんとおっしゃって、現在25歳です。

医者?とのウワサがありますが、違います!

外回りをする営業マンだそうです。

実は昂大さん、9月20日のロシア戦を、父・平尾誠二さんの親友であるノーベル賞医師の山中伸弥教授と一緒に観戦していたそうです。

山中教授と一緒にいたことから、「お医者様なのでは?」とウワサが立ったのかもしれませんね。

娘さんは、早紀さんとおっしゃって、昂大(こうた)さんの5歳上だそうですので、現在30歳ですね。

現在は結婚し、姓は“大塚”さんに変わっています。

早紀さんは、平尾誠二さんが亡くなった翌年の2017年に長男を出産し、今は子育てに専念しているそうです。

スポンサーリンク

平尾誠二の叱り方4つとは?

https://twitter.com/jojoakira/status/1185908274710757376
ミスター・ラグビー、平尾誠二さん4つの叱り方というのをとある人に話したというのをご存じですが。

そのとある人、とは、親友のノーベル賞医師・山中伸弥教授なのです。

山中教授が部下の育て方に悩んでいることを、平尾誠二さんに相談したところ、以下の4つの叱り方をアドバイスされたというのです。

1.プレーを叱るけど、人格は責めない。
2.あとで必ずフォローする。
3.他人と比較しない。
4.長時間叱らない。

山中教授は当時、京都大学のiPS細胞研究所の所長という立場で、多くの研究者を抱えていましたが、部下である研究者たちが失敗したときにどう指導・声かけをすればよいか頭を抱えていたそうです。

その苦悩を親友の平尾誠二さんに吐露したところ、平尾誠二さんがこの4つの叱り方をアドバイスしてくれたそうです。

神戸製鋼や日本代表でキャプテンを務めあげたキャプテンシーや、監督も務め上げた優れたリーダーシップや実績に基づくこの平尾誠二さんの言葉に、山中教授は“悩みが吹き飛ばされた“と表現しています。

確かに、ラグビーだけでなく、他のスポーツはもとより、社会全般にも当てはまる名言ですよね。

なにより、短い言葉で分かりやすく、そして真をつくこの表現は、心に突き刺さるものがありますね。

スポンサーリンク

平尾誠二に対するネットの反応

平尾誠二さんについて、ネットの反応をまとめてみました。

ラグビー日本代表チームは惜敗しましたが、日本のラグビーがここまで強くなり、発展したのは平尾誠二さんのおかげ!との声や、今の日本代表チームを平尾誠二さんも褒めてくれているはず!との声であふれています。

今日は平尾誠二さんの命日なんですね。

勝って報告できなかったけど、これまでの日本の活躍には喜んでいると思う。

以前、故平尾誠二さんと山中伸弥教授の友情秘話をテレビで観た時、『君を治すことができなくてごめん。』と涙する山中教授の姿に号泣してしまった訳なんですが、今日は平尾誠二さんの命日という事もあって思い出し号泣。

日本チームのおかげでラグビーに興味を持てたし、本当、久々熱くなれました!

平尾誠二さん、かっこよかったもんなぁ。
平尾誠二さん、見てたかな。

JAPANは強くなりましたよ。

毎週喜びに満ち、今までみたことのない景色を目の当たりにしました。

平尾誠二さんの命日という、なんの導きかと思うような日に新たなチャレンジ。

チャレンジは終わり、次に持越しとなりましたが、清々しいまでの選手の頑張りに言葉はありません。

平尾誠二さんの命日に試合出来た日本代表👍

勝ちたかったやろうけど、平尾さんの思いはまだまだ続くで🙋♂️

4年後のアウェイで勝てるかどうかやぞ👍

泣いたー。

でも、悲しいだけじゃないような。

悔しいだけじゃないような、グッとくる涙。

ありがとう、日本代表🇯🇵 平尾誠二さん。

どんな思いで見てましたか? 強くなったでしょ? 負けてないでしょ?

あなたの愛したラグビーは、あなたのおかげで日本で開催されたワールド杯は、大盛況です。

今日は明大の北島忠治監督 新日鉄釜石の松尾雄治さん、神戸製鋼の平尾誠二さん、そして松任谷由美さんに改めてお礼を言いたい気分です。

この人達も日本のラクビーのボールを繋いで来た人達だと思います。

おそらく、今日が命日の平尾誠二氏もこれで終わりだとは露ほども思ってないし、これからが肝心だと思っているはず
心にぽっかり穴があいたように悔しいというか寂しいです。

平尾誠二に勝利を捧げたかったな…

スポンサーリンク

平尾誠二の息子は医者で娘は?叱り方4つとは何?まとめ

今回は“ミスター・ラグビー”こと、平尾誠二さんの息子は医者なのか?娘さんは何をしているのか?や、4つの叱り方について調べてみました。

山中教授へのアドバイスだった人を叱るときの4つのポイントは、ラグビーなどスポーツだけでなく、普段の生活や社会活動にも通じる考え方でしたね。

奇しくも平尾誠二さんの命日の今日10月20日に、平尾誠二さんが築き上げた日本ラグビーが、新たなスタートラインに立ちました。

今回、初めてラグビーに熱くなった方も多いと思いますが、これを機に、平尾誠二さんが築き上げた日本ラグビーさらに知り、応援していけるといいですよね。

関連記事

ラグビーのワールドカップ2019日本大会が開幕中で、各地で熱戦が広げられています。 わが日本代表も、予選プールで全勝、あとはスコットランド戦を残すのみとなりました。 そのラグビー日本代表がの応援ソング「ビクトリーロード」という曲[…]

関連記事

ラグビーワールドカップ2019日本大会が、いよいよ本日開幕しますね! 記念すべき開幕戦は、わが日本代表チームvsロシア代表チーム。 史上最強と言われる今回の日本代表チームですが、その面々を見ると外国人がとても多いです。 な[…]

関連記事

ラグビーワールドカップ2019日本大会が、いよいよ9月20日に開幕しますね! 開幕戦に臨む日本代表チームのスタメンも発表され、贔屓の選手や注目の選手のプレーを楽しみにしている方も多いと思いますが、ドレッドヘアが印象的な堀江翔太選手も注[…]