佐々木朗希の年俸予想! ロッテの歴代新人はどうだった!?

2019年ドラフト会議が10月17日に行われ、岩手県・大船渡高校の佐々木朗希投手が、4球団競合となり、抽選の結果、ロッテの1巡目指名を受けることに決定しました。

佐々木朗希投手は、甲子園出場こそしていませんが、令和の怪物として今季のドラフトの最注目選手なだけに、今後、契約となったときの条件も気になりますね。

そこで今回は、佐々木朗希投手の年俸と今後の伸びや、これまでのロッテ新人選手はどうだったのかについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

佐々木朗希の年俸予想!


2019年度のドラフト会議で、ロッテから1巡目指名を受けることになった、岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手

日本の高校史上最速163km/hのストレートを投げ、“令和の怪物”ともいわれる佐々木朗希投手ですが、いざプロ契約となったときの契約金や年俸はいくらになるか気になりますね。

注目高校生投手で、桁外れの評価を得ていた選手に、現在ロサンゼルス・エンゼルスに在籍している大谷翔平選手がいましたね。

この大谷選手の契約金や年俸は

【契約金】1億円、出来高で5000万円
【年俸】1500万円

でした。

また、昨年度、ロッテのドラフト1位指名で入団した、大阪桐蔭高校出身の藤原恭大選手も、年俸は1500万円でした。

佐々木朗希投手も、高校生としては、最高評価を受けている選手ですので、この大谷投手や藤原恭大選手と同じ、

1500万円の年俸となるのでは?

と考えられます。

ところで、佐々木投手はプロ入りしたら、すぐに開幕から1軍などで活躍できるのでしょうか?

あくまでも予想となりますが、佐々木投手は、まずはじっくりプロで通用する体作りに専念するのでは、と考えられます。

なぜなら、佐々木投手は「線が細い」ので、一人前になるまで「時間が掛かる」と考えられているとの評判です。

そのため、ドラフト会議前には日本ハムを除く11球団が面談したにも関わらず、指名が4球団にとどまったのではとも言われています。

来季すぐに佐々木投手の活躍する姿を見たい気持ちもありますが、日本の宝となれる逸材だけに、まずは怪我のないよう、しっかりじっくり心身ともに鍛えてもらいたいものです。

スポンサーリンク

ロッテの歴代新人はどうだった?


岩手県・大船渡高校の佐々木朗希投手を4球団競合の抽選の末、指名権を獲得した千葉ロッテマリーンズ

井口監督のクジ運の良さは、昨年の大阪桐蔭高校の藤原恭大選手を、楽天、阪神との3球団競合の抽選からの引き続きでしたね。

ところで、ロッテに入団した藤原選手や、他の歴代新人選手はロッテに入団後、どのようになっているのでしょうか。

2018年のドラフト1位でロッテに入団した大阪桐蔭高校出身の藤原恭大選手は、開幕一軍入りを果たし、開幕戦の楽天戦では史上6人目となる高卒新人の開幕先発出場での安打を記録しました。

2019年は一軍では6試合に出場、4月6日の出場後は主にイースタンリーグに出場していました。

佐々木投手や藤原選手と同じ高卒・ドラフト1位指名された、2015年ドラフト1位の平沢大河投手は、1、2年目こそ1軍定着とはいきませんでしたが、3年目となる2017年からは、1軍試合出場も安定し、球団からの評価も高くなり、今季年俸は、前年の100%UPの2,620万円(推定)となりました。

ロッテがドラフト会議で指名する選手は、大学生や社会人が多いため、まだ成長過程である高卒の佐々木投手がロッテに指名されたことを不安視する声が多く聞かれます。

元スポーツライターで、作家の乙武氏が

「ロッテとなって“大丈夫かな”という部分は正直あったのではないか」

と発言し、ちょっとした炎上騒ぎにもなっていますよね。

しかし、一方では、ロッテは若手を育成する環境が整っているとの声もあります。

「コンディショニングや育成方法を含めて、ロッテの投手育成は優れていると言えます。

特に吉井理人一軍投手コーチが筑波大大学院でコーチング理論を学んでいることが大きい。

体力面に不安があると言われている佐々木を、イチから鍛えていくことになるでしょうし、余程のアクシデントがない限りは、故障のリスクも低いと思います」

引用:livedoorNEWS https://news.livedoor.com/article/detail/17252605/

ロッテにはエース格の石川歩投手や涌井秀章投手をはじめ右投手の選手層が厚いので、佐々木投手をじっくり育てる環境も整っているとも評価しています。

高卒とまだ若いので、佐々木投手には慌てずにゆっくり実力をつけていってほしいですね。

スポンサーリンク

ロッテのドラフト1位佐々木朗希に対するネットの反応

ロッテのドラフト1位指名となった佐々木朗希選手について、ネットの反応をまとめてみました。

ロッテファンが佐々木朗希選手の加入を大歓迎している一方で、ロッテの指名を受けた時に佐々木選手が笑顔を見せなかったことを懸念する声も聞かれます。

しかし、ロッテを不安視した元スポーツライターで作家の乙武氏の「ロッテでは不安なのでは?」との意見には反論する声が多数見られました。

佐々木朗希投手の件、とても嬉しかったし、彼が我が千葉ロッテマリーンズのユニフォーム着てくれるのが楽しみだしわくわくするんだけど、一方でウチはハムさんみたいなスーパー育成能力無いからなあ、、、

と数年後に向けて背筋に冷たいものを感じるのもまた事実、、、

こればっかりは神のみぞ知る。。

佐々木朗希「優勝に導けるような投手になりたい」メジャーに行くよりずっと難しい高すぎる目標にロッテハァンも感涙不可避
ロッテの投手はレベルが低いと思われがちだけど石川とか涌井という選手がいるわけだから佐々木の未来がなくなった風に言うのは違うと思う
カメラ慣れしてないから硬い表情になるでしょ。

変なバイアスは良くない。

でも、心のどこかでは東北の球団で地元を盛り上げたかったってのはあるんだろうな。

そういえばロッテに指名された佐々木朗希の背番号も気になるところだね、

11は佐々木千隼が付けているしね🤔

佐々木朗希はロッテのユニフォーム似合うと思う

大船渡もロッテのホームユニみたいな感じだったし

乙武さんへ。

千葉ロッテでは不安ですか?

育成能力がありませんか?

高卒ピッチャーが育ってきて今年は一軍で頑張りました。

そんな選手に対しても冒涜のコメントでしたよ。

佐々木朗希をダシに色々な人から千葉ロッテをディスられてて悲しい
残念ながら、佐々木朗希投手はマリーンズのものです。
「ロッテは育成できない」とか言われてるみたいだけど、ドラフトの目玉だった佐々木朗希投手をロッテに獲られたやっかみなのか?
スポンサーリンク

佐々木朗希の年俸予想! ロッテの の歴代新人はどうだった!?まとめ

今回は、佐々木朗希投手の年俸と今後の伸びや、これまでのロッテ新人選手はどうだったのかについて調べてみました。

佐々木投手の年俸は、まだ推測の域を超えませんが、かつての注目の的であったエンゼルスの大谷投手と同等の、1500万円ではないかと考えられました。

また、ロッテに入団後の佐々木投手がどのように成長していくのかは、これまでのロッテの新人選手の例をみても、開幕1軍!とはいかなくても、じっくり身体を作ることから始めていけそうでしたね。

佐々木投手は、未来の日本を代表する投手となれる逸材です。

期待して、その成長を見守りたいですね。

関連記事

全国高校野球選手権の岩手大会決勝戦の大船渡高校対花巻東高校で、大船渡高校のエース佐々木朗希投手が登板しなかったことが話題になっています。 甲子園の出場がかかった大事な試合でエースで4番の佐々木朗希投手が出場しないというのは驚きましたね[…]

関連記事

大船渡高校の佐々木朗希投手がドラフトでどこの球団から指名されるのか、早くも話題になっています。 佐々木朗希投手といえば高校生ながら最速163キロを記録して令和の怪物と呼ばれているすごい逸材ですよね。 甲子園への出場経験こそありま[…]

関連記事

プロ野球阪神タイガースの鳥谷敬選手が、2019年シーズンをもって阪神を退団し、現役続行のために他球団への移籍の道を選びます。 そこで気になるのは、鳥谷選手の移籍先がどこになるのか!?ですが、その移籍先にロッテやDeNAの名前が聞こえて[…]