リチウムイオン電池の充電回数は何回まで?長持ちさせる方法は!?

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんは、現在ノートパソコンやスマートフォンなど多くの電化製品で使われているリチウムイオン電池の発明者の一人です。

リチウムイオン電池は小型の乾電池ですが、大容量で長寿命といった性能から多くの電化製品などに使われていて私たちの生活にはなくてはならない存在です。

大容量で長寿命と言われるリチウムイオン電池は、充電回数は何回まで可能で充電を長持ちさせる方法があるのでしょうか?

今回はリチウムイオン電池の充電回数は何回までなのか、リチウムイオン電池の充電を長持ちさせる方法についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

リチウムイオン電池の充電回数は何回まで?

 

この投稿をInstagramで見る

 

マッキナフォトさん(@macchina84)がシェアした投稿

まずリチウムイオン電池の充電回数は何回までかというと、大体400回から500回までと言われています。

現在多くの方が使っているiPhoneにもリチウムイオン電池が搭載されていて、アップルが公開したデータでは500回フル充電を行うとバッテリー容量が80%程度を維持できるようになっているそうです。

フル充電500回とありますが、この回数は「充電0%から100%のフル充電の回数」のことを示します。

つまり0%から充電せずに充電が50%の状態から充電を100%にした場合、1回とカウントされず50%からの充電を2回したら1回のフル充電にカウントされるようです。

簡単に言うと充電して放電したバッテリーの容量合計が100%になった時点で1回とカウントします。

ただし使用環境や使用状況によっては、使用回数よりも早く寿命を向かえてしまう可能性もあるため目安としてリチウムイオン電池の使用回数は400回から500回と認識しましょう!

スポンサーリンク

リチウムイオン電池の充電を長持ちさせる方法は?

ではリチウムイオン電池の充電を長持ちさせる方法についても、まとめてシェアしたいと思います。

リチウムイオン電池の充電を長持ちさせるためには、なるべく劣化をさせない必要があります。

リチウムイオン電池を劣化させないためには、下記のことを注意しましょう。

①高温の環境を避けて充電

リチウムイオン電池は充電時に多少は熱をもつものの、リチウムイオン電池は熱に弱いため劣化しやすい傾向にあります。

そのため高温の環境で充電したり充電しながら操作したりすると、機器本体も熱を持ち始めるため精密機器の本体とリチウムイオン電池に大きなダメージを与えるので高温の場所を避け充電中は操作しないようにしましょう。

②充電回数を減らす

リチウムイオン電池は充電回数が多くなると劣化していくので、長持ちさせたいならなるべく充電回数を少なくするようにします。

とは言ってもノートパソコンなど仕事で使用する場合は、充電回数を減らすことは難しいです。

そんなときはコンセントを電源として使用できるタイプであれば、なるべくコンセントを電源にして使うなど不必要な充電は避けて充電回数を減らすのがおすすめです。

③充電が0%になる前に充電

iPhoneに使われているリチウムイオン電池を0%になる前に充電をするというテストを行った際に、リチウムイオン電池の寿命が縮まるというデータが得られなかったと発表されています。

そのため充電を使い切る前に、充電しても電池に悪影響を及ぼさないと言われています。

スマートフォンなどコンセントを電源にできない製品については、充電0%からフル充電をするのではなく50%くらいから充電するようにして劣化をなるべく少なくしましょう。

④長時間の充電

夜寝る前に充電をする方も多いと思いますが、フル充電は高温の状態が続くためリチウムイオン電池がその熱によって劣化が進みますので避けてください。

⑤充電しながらの操作

充電中はリチウムイオン電池は熱を発生するため、その状態で操作をしていると更に高温になってしまい劣化に拍車を掛けてしまうので充電中はそっとしておきます。

⑥純正の充電器

今は純正より安い充電器が販売されています。

純正以外の充電器は電気的に不安定な充電器もあってその状況で充電をすると必要以上に熱を発生する可能性もあるため、できる限り純正の充電器を使用しリチウムイオン電池の負担を減らしてあげてください。

また上記以外にも過放電(充電0%)は充電できなくなる可能性があり、過充電(フル充電)はリチウムイオン電池が劣化してしまうため長期間使わないときは50%の状態で涼しい場所にて保管しましょう。

スポンサーリンク

リチウムイオン電池の充電に対するネットの反応

リチウムイオン電池の充電について、ネットの反応をシェアしたいと思います!

スマホ充電してても「ああ…リチウムイオン二次電池だ…」ってついつい思っちゃう。
ノーベル賞は一般人が科学について考えるきっかけにもなるから面白いね。
リチウムイオン電池って日本人が発明したのか…知らんかった…

という訳で台風に備えてモバイルバッテリー充電しとこ。

 

おはようございます☀
充電できる小型で軽量のリチウムイオン電池🔋✨
吉野彰さん
ノーベル化学賞受賞おめでとうございます\(^^)/

 

マキタのリチウムイオンバッテリーくんとか寝が張るけど急速充電できてよかですよ
台風が迫っているので、家にあるモバイルバッテリーを充電しておく必要が有りそうですね

こういう時、リチウムイオンバッテリーの有り難さが実感できますね

 

理想は20%以上 80%未満で使うとリチウムイオン電池は長持ちします。
充電しながらの作業は だーめ♡

 

みんな持ってるスマホや携帯電話のバッテリー リチウムイオン電池は、放電と充電を繰り返すと電極が徐々に分解されるそうで、電池の性能が落ちる。
実は、充電を100%に充電するより80%くらい方がこの分解を遅らせて電池をかえって長持ちさせるらしい。

リチウムイオン電池は充電しながら使わないことと過放電過充電を避けることに気をつけてれば長持ちするぞ
iPhoneの電池って使い切ってから充電した方が良いの?リチウムイオン電池やったっけ?よく分からんけど昨日電池切れてから充電したんやん?ほんなら今日は長持ちしてる気がする
iQOSで15本ほど吸ってみたけど、コレ使えば使うほど買って正解だったと思えてくる。ただ、スティック側のリチウムイオン電池、1本吸う毎に充電するから寿命短そうな気がする

リチウムイオン電池についてネットの反応は上記の通りです。

特にノーベル賞を受賞した吉野彰さんに祝福する声が多く、中にはリチウムイオン電池が日本人が発明したことを知って驚きの声も上がっていました。

また災害などの緊急時にリチウムイオン電池があると便利なことから、リチウムイオン電池を発明してくれてありがとうという感謝の声も見受けられます。

充電0%からフル充電した方が長持ちするような気がするという声も上がっていました。

その反対の意見として20%から80%を維持することでリチウムイオン電池は長持ちするという声と、充電しながらの操作はダメなどの声もあり皆さんリチウムイオン電池の充電を長持ちさせる方法をチェックしているようです。

また今流行りのアイコスはこまめに充電されることから、充電ができなくなるのが早いという意見も上がっていました。

今回の吉野彰さんがノーベル賞を受賞したことで、リチウムイオン電池に注目が集まっていました!

スポンサーリンク

リチウムイオン電池の充電回数は何回まで?長持ちさせる方法は!?のまとめ

今回はリチウムイオン電池の充電回数は何回までなのか、リチウムイオン電池の充電を長持ちさせる方法についてシェアしました。

リチウムイオン電池の充電回数は大体400回から500回までと言われていますが、使用環境や使用状況によって変わってきます。

リチウムイオン電池の充電を長持ちさせるために、高温の環境を避けたり不必要な充電を避けて充電回数を減らしたり充電が0%になる前にこまめに充電をするなどなるべく劣化をさせないように注意しましょう。

関連記事

リチウムイオン電池の開発で吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞して、日本中お祝いムードで盛り上がっていますね! リチウムイオン電池は、パソコンやスマホには欠かせない存在ですが、身近な存在だけに気になるのが、その寿命です。 また、その[…]

関連記事

即位礼正殿の儀が10月22日(火)行われますね! それに伴い、ご即位を祝福する「祝賀御列の儀」、こと、“祝賀パレード”も行われます。 天皇皇后両陛下のお姿を、一目でいいから見たい!と、今から待ち望んでいる方も多いようです。 […]

関連記事

SNSのインスタグラムと言えば「いいね」の数をどれだけもらえるかを楽しむユーザーが多いですが、この楽しみの一つでもある「いいね」の数を非表示にする情報が流れてネットを中心に話題となっています。 インスタで「いいね」を非表示にする理由は[…]