u18日本代表野球メンバー一覧!佐々木朗希の起用法は?

2019年8月30日~2019年9月8日に韓国で開催される「第29回U18ベースボールワールドカップ」に出場する侍ジャパンU18日本代表が発表されました。

夏の風物詩の一つでもある甲子園が終了後、毎年発表されるU18日本代表には誰が選ばれたのでしょうか?

また令和の怪物と言われている佐々木朗希投手の起用法も気になるところです!

今回は侍ジャパンU18日本代表野球メンバー一覧と、侍ジャパンU18日本代表で佐々木朗希の起用法についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

U18日本代表野球メンバー一覧

U18日本代表に選ばれた野球メンバーについて、選手名・学校名・背番号を一覧にしましたのでシェアします!

○U18日本代表野球メンバーの一覧

①投手

▪ 佐々木朗希(大船渡・背番号11)

▪ 浅田将汰(有明・背番号12)

▪ 池田陽佑(智弁和歌山・背番号13)

▪ 前佑囲斗(津田学園・背番号14)

▪ 飯塚脩人(習志野・背番号15)

▪ 西純矢(創志学園・背番号16)

▪ 宮城大弥(興南・背番号17)

▪ 奥川恭伸(星稜・背番号18)

▪ 林優樹(近江・背番号19)

②捕手

▪ 山瀬慎之助(星稜・背番号10)

▪ 水上桂(明石商業・背番号22)

③内野手

▪ 森敬斗(桐蔭学園・背番号1)

▪ 武岡龍世(八戸学院光星・背番号2)

▪ 石川昂弥(東邦・背番号3)

▪ 韮澤雄也(花咲徳栄・背番号5)

▪ 遠藤成(東海大相模・背番号6)

▪ 坂下翔馬(智弁学園・背番号7)

▪ 熊田任洋(東邦・背番号8)

④外野手

▪ 鵜沼魁斗(東海大相模・背番号21)

▪ 横山陽樹(作新学院・背番号24)

⑤主将

▪ 坂下翔馬(智弁学園・背番号7)

⑥副主将

▪ 奥川恭伸(星稜・背番号18)

▪ 森敬斗(桐蔭学園・背番号1)

U18日本代表野球メンバーは上記の通りです。

令和の怪物と言われている大船渡の3年生・佐々木朗希投手は、 甲子園出場はできませんでしたが最速163キロと活躍が期待されています。

また佐々木朗希投手以外にも高校四天王と呼ばれている星稜の奥川恭伸投手達もU18日本代表に選ばれています。

選ばれると思われていた夏の甲子園で優勝した履正社は誰も日本代表野球メンバーに選ばれず、2019年の甲子園に出場できなかった選手が選ばれていました

スポンサーリンク

侍ジャパンU18日本代表で佐々木朗希の起用法は?

侍ジャパンU18日本代表に選ばれた佐々木朗希投手が、試合前の投球練習時から指に違和感を感じていたものの26日に行われた大学選抜戦で先発出場。

そのときに右手中指(指先)に血マメができて、しばらくはノースロー調整をするという情報が上がっていますが佐々木朗希投手の起用法はどうなるのかについてシェアしたいと思います。

まずは佐々木朗希投手のプロフィールをまとめてみました。

○佐々木朗希投手のプロフィール

▪ 生年月日: 2001年11月3日

▪ 出身地: 岩手県 陸前高田市

▪ 身長: 190 cm

▪ 高校:大船渡高校

▪ 投打:右投右打

▪ ポジション:投手

佐々木朗希投手は小学3年生で野球を始めたそうです。

2011年の震災後、陸前高田市立高田小学校から大船渡市立猪川小学校へ転校。

大船渡市立第一中学校では軟式野球部に所属し、中学3年生のときにオール気仙に所属してKB東北大会に出場して準優勝をしています。

高校に進学するときには強豪校からオファーがきたものの、「中学の野球が楽しくて。その仲間と一緒に甲子園に行きたい」 と断り地元にある県立大船渡高校に入学しました。

スポーツをしていると今後のために強豪校に入学する人は多い傾向にありますが、佐々木朗希投手は強豪校よりもずっと一緒に戦ってきた仲間と野球がしたい気持ちが強かったんですね。

なんか青春て感じで、いいですね!

4月6日のU18代表合宿で佐々木朗希投手は163km/hをマークし、7月21日夏の大会予選では160km/hを記録を残しています。

○佐々木朗希投手の起用法

U18日本代表がスーパーラウンドに進出するためには、オープニングラウンドで各グループに分かれて同グループの国と試合して上位3チームに入る必要があります。

日本代表はBグループで、日本以外の国は米国・台湾・スペイン・南アフリカ・パナマが一緒で日本代表は米国に負けたとしてもスーパーラウンドに進出できると言われています。

そのため佐々木朗希投手の活躍を期待する声とともに、日本代表として出場することを心配する声も上がっています。

では佐々木朗希投手の起用法について、ネットではいろいろな予想が上がっていました。

ネットでは、下記のような起用法が予想されています。

○佐々木朗希投手の起用法ネット予想

佐々木朗希投手と疲労が心配されている奥川恭伸投手を米国戦まで温存させる
米国戦で負担がかからないように調整しながら先発し、パナマ戦は抑えで登板
球数に制限がかからないように投入
決勝戦で佐々木朗希投手と奥川恭伸投手を登板
佐々木朗希投手を守護神

上記のように佐々木朗希投手の起用法は、負担がかからないように調節しつつここぞというときに登板させるという声が複数上がっています。

実際に永田監督は「起用法はこれから。向こうに行って状態を見て決めます」と言っています。

また日本高等学校野球連盟の関係者は「いつ不調を訴えてくるかわからない現状では佐々木頼みのローテーションは危険」と言っていますし、島田コーチは状態によっては佐々木朗希投手と奥川恭伸投手を登板させずに試合に挑むことも視野に入れているそうです。

上記のことからU18のベースボールワールドカップに、佐々木朗希投手が登板するかどうかは佐々木朗希投手の状態次第のようです。

スポンサーリンク

U18日本代表野球メンバーに対するネットの反応は?

U18日本代表野球メンバーについて、ネットの反応についてもシェアします。

○U18日本代表について

 

日本から全力応援します💪

皆さん、怪我なく元気に活躍できますように🙏

世界一目指して頑張れ、U18侍ジャパン✊

侍ジャパン壮行試合お疲れ様でした⚾

いい試合🌠

 

U18ワールドカップ期待しちゃいますね~😄

毎年ですが、ピッチャーが良いですね、日本は😏

初優勝しちゃって下さい~応援します👊

 

U18日本代表については、応援している人が多くみえます。

また海外での試合ということもあり、体調やケガを心配する声も上がっていました。

○U18日本代表野球メンバーについて

興南の宮城投手U18の日本代表に選抜されたんだね。投手陣は最強じゃないかこのメンバーだと。楽しみだね。
野球U18ワールドカップは見てみたい。来年はオリンピックに出てる選手もいるかもしれないくらい、凄いメンバーが揃ってる気がする。
豪華メンバーだね。

 

野球U-18代表 選出おめでとう🎉

U18ベースボールワールドカップでの活躍に期待⚾️

またあの笑顔が見られる❤︎

 

U18日本代表野球メンバーについては上記のように、母校の後輩や応援している選手がU18日本代表野球メンバーに選ばれてお祝いの言葉と声援の声が多く上がっています。

また投手陣は最強やメンバーが豪華という声もありました。

甲子園に引き続きU18のワールドカップに注目する人が目立っていました。

○U18日本代表野球メンバーに疑問の声

U18日本代表どうした? 選手メンバーに違和感しかない
U18高校日本代表メンバー、履正社からゼロやん。

 

U18日本代表のメンバーに履正社の選手がいないことに疑問( ・᷄・᷅ )

井上くんとか、桃谷くんとか選ばれていいと思う!!!

 

U18日本代表野球メンバーに大阪の履正社高校から一人も選ばれていない。優秀な選手がいればこそ決勝戦まで勝ち進んだのです。選手の選出方法に疑問を感じます。

U18日本代表野球メンバーについては、大阪の履正社高校から一人も選ばれていないことについて疑問の声が多く上がっていました。

野球メンバーの選出方法はどうなっているのという声と、選出メンバーに違和感があるという声も。

選出方法は不明ですが大阪の履正社高校から一人も選ばれていないことと、甲子園に出場していない選手が選ばれていることに疑問を感じたという人が多かったです。

スポンサーリンク

u18日本代表野球メンバー一覧!佐々木朗希の起用法は?のまとめ

今回は侍ジャパンU18日本代表野球メンバー一覧と、侍ジャパンU18日本代表で佐々木朗希の起用法についてシェアしました。

U18日本代表野球メンバーの一覧を見ていろいろな意見がありますが、甲子園で活躍した選手も多く日本代表入りした選手は選出されなかった選手の分も頑張って欲しいですね!

世界を舞台に活躍を期待していますが、佐々木朗希投手と奥川恭伸投手達とともに出場するU18日本代表野球メンバーがケガもなく笑顔で帰国してくれたら嬉しいです。

関連記事

侍ジャパンU18日本代表が、韓国で開催される第29回U18ワールドカップに向けて出発しました。 代表選手には、甲子園に出場は叶わなかったものの、最速163km/hの直球で世間を賑わせた岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手や、甲子園でその雄[…]

関連記事

侍ジャパンU18日本代表が、韓国で開催される第29回U18ワールドカップに向けて出発しました。 代表選手には、甲子園に出場は叶わなかったものの、最速163km/hの直球で世間を賑わせた岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手や、甲子園でその雄[…]