バスケワールドカップアメリカ代表メンバー一覧と注目選手を紹介!

バスケットボールのワールドカップ8月31日から9月15日にかけて中国で開催されます!

今回は、自国開催だった2006年のワールドカップ日本大会以来、日本チームも出場、さらにNBAで活躍する八村塁選手や渡邊雄太選手らがプレーするとあって、注目度も高まっていますね。

そんな日本チーム、1次ラウンドは世界ランク1位のアメリカチームが属するE組となりました。

そこで今回は、日本チームの対戦相手となる、バスケットボールワールドカップのアメリカ代表メンバー一覧と注目選手についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

バスケットボールワールドカップアメリカ代表メンバー一覧?

8月31日から始まるバスケットボールワールドカップ2019中国大会

本大会では、2006年に自国開催枠で出場した以来、日本チームも出場するとあって、がぜん注目度が挙がっていますよね。

中でも、話題になっているのが、1次ラウンドで同じE組となった、不動の王者アメリカ代表チームとの対戦です。

史上初の日本チームVSアメリカチームを、今から楽しみにしている方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではアメリカチームのメンバーをご紹介いたします!

背番号 名前 ポジション 所属
4 デリック・ホワイト Guard サンアントニオ・スパーズ
5 ドノバン・ミッチェル Guard ユタ・ジャズ
6 ジョー・ハリス Shooting Guard ブルックリン・ネッツ
7 マーカス・スマート Shooting Guard ボストン・セルティックス
8 ハリソン・バーンズ Forward サクラメント・キングス
9 ジェイレン・ブラウン Small Forward ボストン・セルティックス
10 ジェイソン・テイタム Guard ボストン・セルティックス
11 メイソン・プラムリー Center デンバー・ナゲッツ
12 マイルズ・ターナー Center インディアナ・ペイサーズ
13 ブルック・ロペス Center ミルウォーキー・バックス
14 クリス・ミドルトン Small Forward ミルウォーキー・バックス
15 ケンバ・ウォーカー Point Guard シャーロット・ホーネッツ

出典:FIBA公式HP  http://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2019/team/USA#tab=roster

アメリカチームは、ワールドカップ前に行われたオーストラリアへの遠征ではカイル・クーズマ選手(ロサンゼルス・レイカーズ)を含めた13名でトレーニングやエキシビジョンゲーム行いましたが、クーズマ選手が、同遠征中にで左足首を痛めて離脱したため、現在の12名となりました。

スポンサーリンク

バスケットボールワールドカップアメリカ代表メンバー注目選手は?

https://twitter.com/bbking_jp/status/1162942431572058112
アメリカチームといえば、NBAのスーパースターが勢揃いの“ドリームチーム”を思い起こす方も多いですよね。

かつては、バスケの神様・マイケル・ジョーダンをはじめ、マジック・ジョンソン、ラリー・バードなどを揃えた、まさにスーパースターチームで、オリンピックや世界選手権、ワールドカップでは世界中のバスケファンを魅了してきました。

ところが、今ワールドカップのアメリカチームは、ちょっと様子が違うようです。

なぜなら、

相次ぐスター選手が出場辞退

したからです。

さらに、レイカーズ・3人目のスター候補と呼び名も高い、カイル・クーズマ選手の離脱が追い打ちをかけたともいえます。

しかし、やはりバスケ大国アメリカ、注目すべき選手もいます!

まず1人目は、ポイントガードのケンバ・ウォーカー選手です。

相次ぐスター選手出場の出場辞退で、地味なメンバーと言われる中、ケンバ選手はオールスター選出経験があり、また、昨シーズでは平均20得点以上の成績を残しています。

2人目は、ガードのドノバン・ミッチェル選手

身体能力に優れているうえ、攻守ともにレベルが高く、NBAでは3シーズン目でありながら、すでに所属のユタ・ジャズを牽引するエースに成長しています。

また、ミッチェル選手もケンバ選手同様、昨シーズ平均20得点以上の成績を残しています。

3人目は、フォワードのジェイソン・テイタム選手です。

テイタム選手の強みは、201㎝の長身から繰り出される多彩なオフェンスで、彼もまた、ルーキーシーズンからチームに欠かせない存在となるほどの実力の持ち主です。

今回は、NBAでのシーズンプレーを優先して代表を辞退した選手が続出したため、一見“地味”と言われる面々ですが、それでも、バーンズ選手を除く11選手は昨季プレーオフ経験選手です。

バスケ大国アメリカだけに、侮れません。

スポンサーリンク

バスケットボールワールドカップアメリカ代表メンバーに対するネットの反応は?

バスケットボールワールドカップアメリカ代表メンバーについて、ネットの反応をまとめてみました。

NBAの本場、バスケットボールアメリカ代表ながら、今回のメンバーは「強くない」との声が多く聞かれます。

クーズマ選手の離脱や、オーストラリアに負けたことが、さらにその声を大きくしているようですね。

バスケアメリカ代表が怪我で離脱?!

マジかよ、、、

バスケアメリカ代表のラインナップ、豪華なんだけど悲しいぐらいショボい
バスケアメリカ対カナダ視聴中。

今回のアメリカ代表にはチームの核がないね。

ミドルトンはスモールKDぐらいの選手と思っていたけど、代表では存在感がない。

アメリカがオーストラリアに負けたんだ

今回のアメリカ代表、バスケニワカの俺が知ってる名前いなかったもんな

バスケ日本代表がアメリカ代表相手にどこまでやれるのか気になる
クーズマ抜けたのか…

より小物感が強くなったバスケアメリカ代表。

ミッチェル、ケンバ、テイタムに期待するしかない。

バスケW杯アメリカ代表、これまでのドリームチームに匹敵するレベルじゃないにしても、各チームの2番手を出すとか、せめてNBAのファイナルで戦える位のチームを作って欲しかった。

ドリームと呼ぶには程遠いチーム編成で残念。

さっそくバスケアメリカ代表負けやしたか…

うわさ通りの弱さではあかんでぇ。

バスケ日本代表、勝ったー!!

マジですげーー!!強い!

アメリカ代表にもワンチャンあるなこれは🤔

バスケアメリカ代表 今日オーストラリア代表に負けて 国際試合78連勝でストップ。

でも練習試合で良かったよ。

ワールドカップ本戦と来年のオリンピックに向けてチーム編成を考えるきっかけになってくれれば。

私が見たいのは 最強メンバーのアメリカ代表。

スポンサーリンク

バスケワールドカップアメリカ代表メンバー一覧と注目選手を紹介!まとめ

今回は、バスケットボールワールドカップ2019中国大会で、日本チームの対戦相手となる、アメリカ代表メンバー一覧と注目選手について調べてみました。

かつての“ドリームチーム”とまではいかないとの前評判ですが、それでも注目すべき選手はいましたね!

しかし、対戦する日本チーム、NBA選手を有する、まさに“日本ドリームチーム”です、世界ランク1位のアメリカチームが相手でも、勝機はゼロではないと!と思えませんか?!

1次ラウンドの日本vsアメリカ戦は、9月5日(木)午後9時からフジテレビで生中継です!

どんなスーパープレーが飛び出すのか?楽しみですね。

バスケットボールワールドカップを含めたスポーツ生中継を観るならDAZN(ダゾーン)!初月無料!

今やスマホやPCで生中継を観れるのが当たり前の時代になりました。

いつでも、どこでもスマホと電波さえあれば見ることが出来ます!

今なら1ヶ月無料!(※いつまでやるかわからないのでお早めに!)。

たとえ気に入らなくて無料期間で退会してもまったく問題ありません。

有料継続した場合は月1750円(税抜)[※ドコモユーザーなら980円(税抜)!]ですが、こんな格安で、各界のスーパースターの活躍はもちろん、スタジアムの声援をリアルタイムで感じることが出来るなんて、本当に素晴らしいですね!

昔はテレビのダイジェストでしか見れなかったけど、いまはリアルタイムで見ることができて、歴史的瞬間に立ち会うことができるなんて最高ですね!

大谷翔平選手をはじめ、サッカー久保建英選手、女子テニス大坂なおみ、MLB・マー君、海外サッカー(チャンピオンズリーグはDAZNでしか見れません!!)、Jリーグ、ボクシングやF1まで!

1ヶ月無料がいつまで続くか分かりませんのでこの機会に是非登録することをお勧めします。

>>今すぐDAZNを1ヶ月無料でお試し!

↓↓ドコモユーザーはこちらがお得↓↓

>>DAZN for docomo

※今なら以下も見ることが出来ます!
・プロ野球 カープとヤクルト以外
・6/9 GGGゲンナジー・ゴロフキンの復帰戦
・~6/2 ジロ・デ・イタリア
・F1やmotoGP
・ MLB 菊池投手・ 田中将大・大谷翔平等
・6/14~7/7 コパ・アメリカ DAZN放送決定!
・8/31~9/11 バスケットワールドカップ
9/7.8 F1レッドブル・エアレース千葉 2019

関連記事

男子バスケットボールのワールドカップは世界の強豪国(32カ国)が出場し、2019年は「FIBAワールドカップ中国大会」が8月31日~9月15日まで開催されます。 今回の男子日本代表はアジア地区予選で世界ランク上位のオーストラリア(当時[…]

関連記事

バスケットボールのワールドカップ予選が既に始まっていますが、日本代表は13年ぶりのワールドカップ出場を決めました! 日本代表のW杯出場は自国開催だった2006年以来で、予選を突破しての出場は1998年大会までさかのぼります。 さ[…]