高校野球で金属バットを使う理由は?飛びすぎで廃止にならないのはなぜ?

第101回全国高校野球選手権大会もいよいよ決勝戦を残すのみとなりました。

高校野球は、多くの人が楽しみにしている一方で、投手の球数制限など、色々と検討されるべき課題もあります。

高校野球で使用されている金属バットもその1つです。

そこで今回は、高校野球で金属バットが使われる理由と高校野球で金属バットは飛びすぎで廃止にならないのか?についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

高校野球で金属バットが使われる理由は?


高校野球、甲子園、といえば、アルプススタンドの応援合戦の中、「カキーン」と響き渡る打球の音

金属バットが奏でるこの音は、まさに青春の1ページを彩る音ともいえます。

なぜ、この「カキーン」との音が高校野球を連想させるのかというと、金属バットの使用が許可されているのは、高校野球までだからです。

プロ野球や、大学野球、社会人野球では、木製バットを使用しているため、この「カキーン」は聞こえてきません。

それどころか、実は高校野球では木製のバットの使用もできるのです。

それなのに、高校野球では金属バットを使用するのが一般的です。

では、なぜ、高校野球で金属バットが使われているのでしょうか。

主に以下の理由が挙げられます。

費用が安い

金属バットは、木製のバットに比べて、耐久性があるため、一般的に長持ちします

そのため、買い替えの頻度が減り、結果的に費用が安く済むメリットがあるのです。

部員も大勢いて、設備にも投資を惜しまない私立の強豪校ならば備品の買い替えにさほど神経質にならなくても済みますが、公立校などではそうはいきませんよね。

維持管理の問題

金属バットは、木製バットに比べて管理が簡単というメリットもあります。

木製バットは、その材質が「木」なだけに、湿度や温度によって傷みやすかったり、割れやすかったりというデメリットがあります。

プロ野球のように備品管理のプロがいるわけではない高校野球の世界では、バットの管理にあまり時間や手間がかけられないのです。

飛距離が出やすい

金属バットは、木製バットに比べて飛距離が出やすいことも、高校野球で使用されている理由として挙げられています。

まだ体力的にも身体的にも成長段階の高校生が、パワーが必要な木製バットで遠くに飛ばすのは難しいとのこと。

また、木製バットで飛距離を出すには、かなりの技術も必要なのです。

木製バットではボールを「芯」で捉えないと長打になりませんが、金属バットでは「芯」に当たらなくても長打になります。

このように、高校野球では、体力・筋力面、技術面と色々な理由で、飛距離が出やすい金属バットを使用しているのです。

スポンサーリンク

高校野球で金属バットは飛びすぎで廃止にならないの?


実はここ数年、甲子園の季節になると、この「金属バット問題」が浮上しています。

なぜなら、「危険だから」です。

現在使用されている金属バットは、木製バットの約1.5~2倍の反発係数を持ついわゆる”飛びすぎる”金属バットで、そのバットで打ち返した打球は、投手が投げた球速より速くなり、また、複雑な回転がかかるのが近年導入されたトラッキングシステムで分かっています。

そんな打球が、ヘルメットや防具を着けない投手や野手、ときには出塁している選手に向かって飛んでいくのです。

今年の夏の甲子園大会でも、まさにこの懸念が現実のものとなってしまいました。

8月10日、岡山学芸館(岡山)と広島商(広島)の試合で、岡山学芸館の先発、丹羽淳平(3年)が1回、広島商の3番水岡嶺(3年)の打球を顔面に受け、病院へ搬送された。

打球は鈍い音を立てて頬に当たり、丹羽は昏倒した。病院の診断は「左顔面骨骨折」だった。

また13日の智弁学園(奈良)と八戸学院光星(青森)の試合では、9回、 智弁学園の一塁を守る吉村誠人(3年)が、打球を右膝に受けて交代した。

引用:東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/298326

また、プロ野球選手となった高校球児がバットの違いによる混乱を失くすためにも、現在の金属バットの使用を疑問視する声もあります。

横浜DeNAベイスターズの筒香選手もその1人です。

筒香選手は、「木製バットに変わってから苦労するのは子供たちだ」といい、せめてアメリカで使用されている「飛ばない金属バット(低反発金属バット)」を取り入れることを提案しています。

それでも、現在使用されている”飛びすぎる”金属バットの使用は制限されていません。

その理由に、

  • 低反発金属バットになると、甲子園のホームランが激減して、甲子園大会の人気も落ちることが懸念される
  • 報道的にも派手で人目もひく、ホームラン報道が減ってしまう心配

が考えられています。

いわゆる「大人の事情」です。

しかし、現役の野球選手や関係者の発言をはじめ、国際大会の動向なども鑑みれば、筒香選手が話す「せめて飛ばない金属バット」の導入を早急に検討すべき、といえそうです。

スポンサーリンク

高校野球で金属バットを使用することに対するネットの反応は?

高校野球で金属バットを使用することについて、ネットの反応をまとめてみました。

多くの人が、その危険性から、高校野球でも木製バットや、低反発の金属バットへの移行を検討する時期にきたのではとの意見でした。

中には、金属バットの音が高校野球らしくて好き、との声も。

変更しても良いのでは?派

高校野球も色々と分岐点に来ている気はする。

元号も変わって、大会も100回を越えた。

バット木製に戻せればベストだが、それは経済的負担はかなり大きくなるので、何とか低反発金属バットへの変更くらいは考えた方がいいかなあと。

年々球速が増す中で想定できたことやと思うけど…。

誰かが被害を受けないと分からないのかな🤔

まあ今の高野連がどう考えてるか知らんが、現時点で(興行ではないけど)興行として成功してる高校野球にメスを入れられるかだな。

木製同等の反発係数の金属バットを使用義務化したらわかりやすくHRは減るだろうし長打も少なくなる。

派手さは無くなるもののそれでファンが離れるとも思わない。

高野連は、来年の春から実施できる位のスピード感で早急に決断してほしい
低反発金属バットの導入は賛成です。

来年度からでも始めるべきかと。

高校野球いつまで金属バット使うんだろ。

折れないから安価なのかもしれないが、高卒でプロ入りした場合木製とのギャップに苦しむし、よく飛ぶから危ないし。

そろそろ金属バット高校野球でやめにしよ。

打球速いの危ないよ。

木製バットに限りなく近い性能の金属バット、って作れないのかな🤔

現状のままがいい!派

高校野球って金属バットだから打った瞬間のカキーンが凄い好きなのわかる?
金属バットのキュインって音がいかにも”高校野球”って感じがして好きだけどねぇ。

ちなみに、木製で芯を外したときの手の痺れは手が割れたと思うくらいw

スポンサーリンク

高校野球で金属バットを使う理由は?飛びすぎで廃止にならないのはなぜ?まとめ

今回は、高校野球で金属バットが使われる理由と高校野球で金属バットは飛びすぎで廃止にならないのか?について調べてみました。

金属バットが繰り出す「カキーン」との金属音は、確かに胸を熱くする音です。

いまだ廃止論はでていない、現在使用中の“飛びすぎる”金属バット。

しかし、その裏に潜む「危険」や、選手の将来を考えると、そろそろこの“飛びすぎる”金属バットも見直す時期を迎えたようですね。

関連記事

女子プロ野球選手の加藤優さんが埼玉アストライアに入団後、2016年4月9日に行われた開幕戦でデビューするとネットで「美しすぎる女子プロ野球選手」と注目を集めていました。 プロ野球選手といえば稼いでいるイメージが強いですが、加藤優さんの[…]

関連記事

第101回全国高校野球選手権大会の決勝が、2019年8月22日に開催される予定です。 甲子園決勝では毎年始球式が行われていて、2019年は広島商業高校のOBで自身も甲子園に出場していた達川光男さんが始球式を務めます。 達川光男さ[…]

関連記事

第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が、本日8月3日に開催され、対戦相手がきまり、あとは6日の開会式を待つだけとなりました! そんな中、日本高校野球連盟が「投手の障害予防に関する有識者会議」を設置したと話題になっています[…]