黒川史陽は智弁和歌山の主将で兄弟や父親も凄いって本当!?

第101回全国高校野球選手権大会が開幕し、現在3回戦に突入、準々決勝にコマを進めた学校も出始めていますね。

甲子園の楽しみといえば、各対戦はモチロンですが、将来が楽しみな注目選手の活躍もあります。

和歌山県代表、智辯和歌山高校の主将・黒川史陽選手もその1人、しかも黒川選手の兄弟も父親も凄いと話題になっています。

そこで今回は、智弁和歌山の主将黒川史陽選手はどんな選手なのか?兄弟や父親も凄いのか?についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

黒川史陽は智弁和歌山の主将でどんな選手?

まずは、黒川選手の経歴をご紹介します。

【名前】黒川 史陽(くろかわ ふみや)
【出身地】奈良県北葛城郡河合町
【生年月日】2001年4月17日
【身長】180cm
【体重】80kg
【投打】右投左打
【ポジション】三塁・二塁

黒川選手は、地元の河合小学校に入学した1年生の時に、軟式野球を始めました。

中学校は、地元の河合第一中学校に進学し、泉州阪堺ボーイズに第2期生として所属、そこで硬式野球を始めました。

中学3年生の時には、同チームで全国大会に出場、また、NOMOジャパンに選出され、主将としてアメリカ遠征も経験しています。

高校は、和歌山県の野球強豪校・智辯和歌山高校に進学、1年生春からベンチ入りしています。

そして、5季連続で甲子園出場に大きく貢献、今夏は主将としてチームをまとめるなど、実力も人望も持ち合わせる逸材です。

そんな黒川選手は2019年のドラフトで注目されていますが、その理由には以下のようなものがあります。

  • 恵まれた体格と、抜群の打撃センスをもつスラッガー
  • 広角に打ち分けることができるバットコントロール
  • 高校通算34本塁打を放つ長打力
  • 芸術的とまで言われる低めの対応力
  • 抜群の選球眼
  • 50m6秒2、遠投100mの走力と強肩

たしかに、これだけ攻・走・守と揃っていたら、ドラフトで注目されるのも納得です。

しかも、まだ高校生。

伸びしろも考えたら、とてつもない可能性をもつ逸材であることは明白ですね

スポンサーリンク

黒川史陽は兄弟も凄い?


黒川史陽選手3人兄弟の次男だそうですが、他のご兄弟も凄いとウワサになっています。

黒川選手のお兄さんも弟さんも、黒川選手同様に野球をしているそうなのですが、実はお二人も甲子園球児!

お兄さんの大雅さんは、日南学園(宮崎)に進学し、16年には春夏とも甲子園に出場しています。

また、弟さんの怜遠さんは、この春、星稜高校(石川)に入学し、やはり野球部に所属しています。

今夏の甲子園では、ベンチ入りはしていませんが、17日の3回戦では、黒川史陽選手が主将を務める智辯和歌山と星稜が対戦するため、メディアではお父様はどちらの応援をするのか!?なんて話題にもなっています。

いずれも、3兄弟揃って、野球の強豪校に進学し、甲子園出場を果たすチームの一員となったことは、黒川家のDNAの凄さを感じずにはいられませんね。

黒川史陽の父親も凄い?

黒川史陽選手父親・黒川洋行さんも、実は凄いんです。

黒川選手の父・洋行さんは、現在、奈良県・王寺でバッティングセンター「ドームスタジアム」を運営する傍ら、同バッティングセンターで野球教室を開催したり、自習室を併設してそこで学習塾も開いているなど、子供たちのために尽力されています。

そんな父・洋行さんですが、実はご自身も甲子園出場経験があるのです。

しかも、ただ出場しただけではありません。

洋行さんは、平成5年春の選抜高校野球大会で、大阪府・上宮高校が全国優勝したときの主将だったのです!

親子で甲子園出場、父親は全国制覇、兄弟も皆、甲子園出場校で野球をしている黒川家。

父親も、兄弟も、凄いですね!

スポンサーリンク

黒川史陽に対するネットの反応は?

黒川史陽選手について、ネットの反応をまとめてみました。

中学時代から全国クラスで活躍していた黒川選手だけに、注目している声やそのプレーを見たいという声がとても多いです!

今年は例年以上に智辯和歌山に優勝してほしい気持ちが強い

東妻、黒川、西川がとうとう最後………

もちろん他の選手のことも応援してる

野球一家の黒川さん。 智辯和歌山頑張って欲しい。

お父さん、どちらに座るのかな。

真ん中かなー。

んー八戸学院光星も勝ち進んでるんだよね…

智弁和歌山の黒川くんがすき(。・・。)
17、18日行けるかな、行きたいな。。

智辯和歌山観たいー😭

黒川くん見たいー😭😭

智弁和歌山の黒川君の弟さんが星稜なんだよね…

ベンチ入りしてないらしいけど…兄弟対決…

智辯和歌山のキャプテン、黒川史陽

この雄叫びはまさに百獣の王🦁

父親は甲子園のセンバツで優勝。

息子3人も甲子園プレーヤーで、次戦の智弁和歌山-星稜戦で次男と三男が対決するっていう黒川一家すごいな💦

智弁和歌山の西川と黒川が、史上4、5人目となる甲子園5季連続安打を達成!

1年夏から3年夏まで、5度ある甲子園出場のチャンスだが、全て出るのも至難の業の中、全大会でヒットを放つとはまさに偉業!

残りの3人はPL学園の桑田と清原、明徳義塾の梅田

智辯和歌山の黒川の親父って、上宮の主将やってた黒川か。

懐かしいわ。

阪神の筒井コーチや黒田の一つ下の世代で、プロ行くタレントはおらんかったけど、初戦で横浜に勝って、勢いで選抜優勝したな。

智辯和歌山・黒川主将のお父さんが経営されているバッティングセンターには数年前に何度か行かせていただいたことがありますがプロ野球選手が訪れた時の写真なども飾ってあって、なかなかいい雰囲気のバッティングセンターだった記憶がありますね⚾
スポンサーリンク

黒川史陽は智弁和歌山の主将で兄弟や父親も凄いって本当!?まとめ

今回は、智弁和歌山の主将・黒川史陽選手はどんな選手なのか?兄弟や父親も凄いのか?について調べてみました。

今年のドラフトでも注目の的となっている黒川史陽選手は、現在の実力はモチロン、とてつもないポテンシャルの持ち主でしたね。

また、ご兄弟、そしてお父様も甲子園を経験している、黒川家はまさに野球エリート一家でした。

そんな黒川選手が出場する智辯和歌山VS星稜の3回戦は、明日17日10時30分開始予定です。

関連記事

第101回全国高校野球選手権大会の決勝が、2019年8月22日に開催される予定です。 甲子園決勝では毎年始球式が行われていて、2019年は広島商業高校のOBで自身も甲子園に出場していた達川光男さんが始球式を務めます。 達川光男さ[…]

関連記事

第101回全国高校野球選手権大会の開会式が2019年8月6日に行われ、第91回選抜高校野球大会を勝ち抜いた全国の高校球児が夢の舞台で真剣勝負をしています。 甲子園は毎年楽しみにしている方が多く、どの高校が優勝するのか注目している方も多[…]

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://big-rodeo-boy.com/archives/7389 target=_blank