甲子園の優勝候補2019予想まとめ!混戦模様!?高評価のチームはどこ!?n

第101回全国高校野球選手権大会の抽選会が終わり、準々決勝までのトーナメントが決定しました!

今年度のドラフト1位候補・大船渡高校の佐々木朗希投手が岩手県大会の決勝戦で登板回避をし、試合も花巻東高に負けてしまったため甲子園出場はなりませんでした。

佐々木朗希投手の起用を巡って色々と話題になっていますが、甲子園に出場する選手たちにもしっかりと注目して行きたいですね。

高校BIG4と言われる4投手のうち甲子園に出場するのは石川県代表の星稜高校のエース・奥川恭伸投手のみとなり、混戦模様と言われる今回の夏の甲子園。

今回は各サイトでの優勝候補予想や高評価をされているチームについてまとめてみました!

スポンサーリンク

甲子園の優勝候補2019予想まとめ!混戦模様!?

甲子園の優勝候補2019について予想しているサイトを調査してまとめてみました!

優勝候補筆頭に挙げられていた中で、一番多かったのは春の関東大会で優勝した神奈川県代表の東海大相模高校でした。

東海大相模高校は2年生の鵜沼魁斗選手、山村崇嘉選手、西川僚祐選手の2年生トリオが注目されています。

3人の通算本塁打数は100本を超えていて、西川僚祐選手は42本放っており、あの清宮幸太郎選手の記録(111本)を抜く可能性もあるのではないかと言われています。

投手陣も神奈川県大会では6名を登板させるなどしており、層の厚さを伺わせますね。

東海大相模に続くのは石川県代表の星稜高校。

エースの奥川恭伸投手は高校ビッグ4で唯一の甲子園出場となりました。

2018年は2回戦でタイブレークの末、愛媛県代表の済美高校に敗れてしまいました。

奥川恭伸投手が球速も最速158キロまで上がってきており、小学生時代からバッテリーを組む山瀬慎之助捕手とともに優勝を狙います。

他にも同じく昨年の甲子園を経験している左の寺沢小唄孝多投手、2年ながら最速144キロの寺西成騎投手など、投手陣も豊富です。

続いては兵庫県代表の明石商業。

公立高校ながら昨年に続いての出場となります。

なんと言っても注目は来田涼斗選手です。

春の選抜の智弁和歌山線での先頭打者ホームランとサヨナラホームランはまだ印象に残っているというひとも多いのではないでしょうか

1年生の夏からトップバッターとしてスタメン出場し、「恐怖のリードオフマン」と言われています。

2020年のドラフト候補として早くも注目されている選手ですね。

投手陣では、同じく2年の中森俊介投手は右の本格派で兵庫県大会の決勝では149キロの速球を記録しています。

名将挟間善徳監督が公立高校での優勝を狙っていきます。

続いては選抜準優勝の千葉県代表の習志野高校です

エースの飯塚脩人投手は最速150キロを超えてきました。

選抜では星稜のエース奥川恭伸投手との投げ合いを制しました。

2番手投手の山内翔太投手は球速こそ120キロ台ですが、変化球とコントロールで相手を翻弄してきます。

攻撃面では7試合で盗塁13、犠打30と機動力と小技でかき回してきます。

そして習志野高校といえば「美爆音」ですね。

2019年は新曲「星空のディスタンス」が披露されるそうです。

他にも大阪府代表の履正社、和歌山県代表の智辯和歌山、滋賀県代表の近江、埼玉県代表の花咲徳栄など、優勝する可能性はどこの高校も十分にあります。

スポンサーリンク

甲子園の優勝候補2019予想初戦の注目カード


優勝候補の東海大相模と近畿大会の覇者・近江が初戦から戦うということで早くも注目を集めています。

抜群の攻撃力を誇る東海大相模と地方大会では失策0という固い守りの近江、どちらに軍配があがるか!?

埼玉県代表の花咲徳栄と兵庫県代表の明石商業の対決も見逃せません。

花咲徳栄は夏の甲子園大会は5年連続7度目の出場となり、一昨年は優勝しています。

この試合もどちらが勝つのかわかりませんね。

スポンサーリンク

甲子園の優勝候補2019に対するネットの反応は?

明日から甲子園も開幕。

大船渡の議論はいったんクローズしてもいい頃。

ディリー新潮の記事が現実だったんだろう。

私学が充実した岩手県だと公立からの甲子園出場は難しい。

もし佐々木投手が花巻東を選んでいたら 今年は優勝候補で甲子園に行けたのに。

唯一の救いは、彼が無傷だってこと。

いよいよ、仕事が身に入らなくなる3週間が。

立命館で10年間過ごしてきた者としては、付属校とはいえ、立宇治を全力で応援するし、夏の甲子園球場で校歌を聞きたい。

なのでまずは1勝して、星稜戦で優勝候補校にどんとぶつかってほしいな。

明日から始まる夏の甲子園の優勝候補は、東海大相模、星稜、明石商業、智弁和歌山の4校が本命。

対抗は、近江、筑陽学園、花咲徳栄、習志野。穴は、前橋育英、仙台育英、作新学院。

大穴は、津田学園、高松商業、山梨学院。

私は、明石商業、津田学園と予想する。

どんな大会になるのかが楽しみである。

前橋育英は、甲子園優勝した2013年も今年も、秋・春・夏と県内3冠に輝いているようだ。

この県内3冠が中々難しい(ちなみに去年は夏しか優勝していない) こういうの聞くと、俄然期待してしまう。

2013年も大会前に優勝候補にあげる人は少なかったと思うし、今年も少なそう。

うん、チャンスですね。

甲子園優勝候補で調べると優勝候補の高校が出てくる。

ニワカの俺でも知ってる名前が揃ってた。

そしてマジな化け物な高校生もいるね。

つくづくリアルタイムで見れないのが残念だ

去年の甲子園は、大大本命の大阪桐蔭が優勝候補で、予想通り優勝🏆したけど、今年は予想が難しいよなあ。

というか、あれだけ注目されてて本当に優勝しちゃうってスゴいよな。

注目されてるとキッチリ対策されてしまって、勝てない事が多い気が。

史上最強チームだったんじゃない?

スポンサーリンク

甲子園の優勝候補2019予想まとめ!混戦模様!?高評価のチームはどこ!?

佐々木朗希投手が甲子園に出場しないことが大きなニュースとなっていましたが、佐々木朗希投手がいなくても甲子園には他にも素晴らしい選手がたくさんいます!

そしてどの高校が優勝するのか?優勝候補が多すぎてわかりませんね。

それだけ実力伯仲しているということでしょう!

ことしの甲子園も暑さがヤバそうなので、いかにコンディションを整えて試合に望めるかが勝敗の鍵を握るのではないでしょうか?

熱中症や怪我などなく選手たちが無事に試合を楽しめるといいですね!

こちらの記事もオススメ

第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が、本日8月3日に開催され、対戦相手がきまり、あとは6日の開会式を待つだけとなりました! そんな中、日本高校野球連盟が「投手の障害予防に関する有識者会議」を設置したと話題になっています[…]

こちらの記事もオススメ

第101回全国高校野球選手権大会が8月6日から開幕しますね! すでに、甲子園への切符を手にした49代表校が顔を揃えていますが、今年は例年にくらべ公立校が多いと話題です。 そこで今回は甲子園出場校のうち公立高校はどこなのか、また、[…]

こちらの記事もオススメ

全国高校野球選手権、夏の甲子園大会がいよいよ始まりますね。 地方大会を勝ち抜いた代表校が続々と決まり、あとは30日に決勝予定の愛媛と徳島の代表校が決まれば全ての代表校が顔を揃えることになります。 ところで、甲子園でベンチ入りの人[…]

こちらの記事もオススメ

夏の甲子園で済美高校のエース山口直哉投手が延長13回を184球完投したことが大変な物議を醸しています。 ヤフーニュースでは5000件超えのコメント投稿があり、前大阪市市長の橋下徹氏も自身のツイッターで反応しています。 今回は甲子[…]