黄色い羽根の意味は何?安倍首相はなぜ付けているの?

最近、安倍首相が胸につけている黄色い羽根について、「あれはなに?」とネットを中心に話題になっています。

たしかに、赤い羽根や緑の羽根は良く知られていますが、黄色い羽根はこれまであまり見かけたことはありませんよね?

そこで今回は、黄色い羽根の意味は何なのか?安倍首相はなぜ黄色い羽根をつけているのかについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

黄色い羽根の意味は何?


あまり見かけたことのない、「黄色い羽根」

この「黄色い羽根」は、その名を「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」といって、法務省が推進する「社会を明るくする運動」のシンボルとして用意されたもので、今年で第69回を数えます。

すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動

引用:法務省HP  http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html

7月は、この「社会を明るくする運動」の強調月間、また再犯防止啓発月間のため、シンボルである「黄色い羽根」が配布されているのです。

なお、「社会を明るくする運動」では、街頭広報やポスター、新聞やテレビ等の広報活動に加えて、だれでも参加できるさまざまな催しを各地で行って啓発に努めています。

また、更生ペンギンのホゴちゃんとサラちゃんや保護司のクジラ先生、BBS会員のイルカ姉さん、協力雇用主のアシカ親方、更生保護女性会員のオコジョさんといったマスコットキャラクターも用意されていて、老若男女に親しんでもらえるような工夫もされています。

安倍首相はなぜ黄色い羽根を付けてる?


7月になり、「社会を明るくする運動」強調月間となりましたが、安倍首相までも黄色い羽根を付けているのには理由がありそうです。

その意図は、2020年東京オリ・パラ大会に向けて、更生・再犯防止の周知徹底と、募金活動へのアピールと言われています。

2020年の東京オリ・パラ大会に際し、更生・再犯防止に関して以下の数値目標が掲げられています。

  • 2020年までに,犯罪や非行をした者の事情を理解した上で雇用している企業の数を現在の3倍にする。
  • 2020年までに帰るべき場所がないまま刑務所から社会に戻る者の数を3割以上減少させる。

引用:法務省 宣言:犯罪に戻らない・戻さない~立ち直りをみんなで支える明るい社会へ~http://www.moj.go.jp/hisho/seisakuhyouka/hisho04_00026.html

この2つを実現するための、周知徹底や、募金活動をアピールするために、首相みずから黄色い羽根を付けているという訳ですね。

たしかに、「安倍首相がつけている黄色い羽根ってなに?」と、調べる人もいたようなので、アピール効果はあるようですね。

黄色い羽根に対するネットの反応は?

黄色い羽根について、ネットの反応をまとめてみました!

まだまだ周知されているとは言い難い黄色の羽根、知らなかった方や、今回安倍首相がつけていることから調べてみた、との声が多く聞かれました。

安倍さん、黄色い羽根つけてる
黄色い羽根つけてるの「社会を明るくする運動」月間だからなんだね
夕方のニュースで議員の人が襟に黄色い羽根をつけてたので「黄色って何だろう、赤と緑はわかるけど」と子どもに言ったら「ひよこじゃない?」と言われた。
政治家がインタビューで着けてる #黄色い羽根 のことを調べてたら法務省のやってる運動のシンボルだってのがわかったんだけどペンギンが黄色い羽根持っててもうなんのことか全く頭に入ってこないW
九州地方の大雨被害に関する閣僚会議で「命を守る行動を」と発言する安倍首相の胸に着けた「黄色い羽根」の針の先端が突き出ていて気になる。
「社会を明るくする運動」の黄色い羽根もらっちゃった☆

拓郎は「さばくもさばかんも 空に任したんよ」って歌ってたけれど、まったくその通り。

誰かを裁きたがるひとが増えたからこそ、許したり赦したり認めたり支えてやる風潮の必要性が特大。

安部総理が付けていた黄色い羽根調べてみた。

黄色い羽根の意味は何?安倍首相はなぜ付けているの?まとめ

今回は、安倍首相がつけていた黄色い羽根意味や、つけている理由について調べてみました。

黄色い羽根は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深めたりする「社会を明るくする運動」のシンボルだということが分かりましたね。

また、安倍首相自ら黄色い羽根を付けているのには、まだ認知度の低いこの運動のアピールのためだろうと思われました。

確かに、犯罪や非行が無い明るい社会は、皆が望んでいます。

2020年東京オリ・パラ大会があるから、という理由だけでなく、永続的に意識していけるといいですよね。

こちらの記事もオススメ

走行距離に応じて課税する走行税が、2019年度に検討されることになり、ネットで話題になっています。 自動車を「保有」することから、「利用」することへ課税を転換するのに導入が検討されることになった走行税。 昨今の、自動車を取り巻く[…]

こちらの記事もオススメ

2018年12月6日に水道民営化をすすめやすくする改正水道法が可決されました。 これにより、ついに日本の水道が民営化されてしまうかもしれないということで、みなさん気にしているようです! では実際、水道が民営化されるとどうなってし[…]

こちらの記事もオススメ

電車の中で化粧をする女性を見掛けるときがありますが、電車の中で化粧はやめましょうというポスターが駅や電車に貼られています。 電車の中で大声で話したり食事をするのは人に迷惑が掛かるので分かりますが、何で電車で化粧がダメな理由ってなんなの[…]