中日ドラゴンズ応援歌『サウスポー』の歌詞は?なぜ自粛に?与田監督のせい?

プロ野球の中日ドラゴンズの応援団が、応援歌『サウスポー』をしばらくの間使用しないことが発表されました。

この発表に中日ドラゴンズのファンからはかなりの数の不平不満の声があがっています。

そこで今回は中日ドラゴンズの応援歌『サウスポー』の歌詞となぜ自粛になってしまったのかについて調査しましたのでシェアします。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ応援歌『サウスポー』の歌詞は?

↓こちらの動画のほうがわかりやすいかも知れません

歌詞

曲 オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!
曲(Let’s Go 【選手名】 Let’s Go 【選手名】)
アカペラ みなぎる闘志を奮い立て
お前が打たなきゃ誰が打つ
今 勝利を掴め (オイ オイ 【選手名】)

サウスポーはピンクレディーが1978年3月にリリースしたシングルで売上180万枚を誇る代表曲ですね。

もともと野球をイメージした曲のため、プロ野球だけでなく高校野球でも応援歌として使われているので聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか?

ピンクレディーのサウスポーは投手目線での歌詞ですが、応援歌のサウスポーは打者目線での歌詞になっています。

中日ドラゴンズでは攻撃中にチャンスが到来したときに使われるチャンステーマで、特定の打者のときに使われるわけではありません。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ応援歌『サウスポー』はなぜ自粛に?

応援歌の『サウスポー』の中の「不適切な フレーズ」というのは

お前が打たなきゃ誰が打つ

の部分だということです。

中日ドラゴンズによると、『お前』という表現が人に対して尊敬の念がない言葉で子供たちが使うのは良くないと与田監督から言われたとのこと。

与田監督は応援歌自体をやめてほしいと言ったわけではなく、『お前』の部分をなんとかしてほしいとお願いしただけのようです。

しかし応援団のほうがすぐに対応というのが難しいという理由で【当面の間自粛】という判断を下しました。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ応援歌『サウスポー』自粛に対するネットの反応

中日だけの話で終わるかどうかですよね。

他球団が追随すればカープだけそのままってことはならないでしょうし。

「あ!な!た!が!き!め!て!◯◯!」は綺麗でいいですねー。

賛同者どれくらいいるんや?🤷‍♂️🤷‍♂️
中日の応援団は、もう応援しないで選手にありがたみを分かってもらった方がええと思います〜
日本社会歪すぎ。

このフレーズの「お前」には敬意あるだろ。

考えすぎな気がするけど。

果たして与田監督、並びに中日球団は野球に何を求めているのだろう?

ファンが求めるのは純粋にいい試合と勝利だけだと思う。

監督がこれを言ってるようでは…

全てをオブラートに包む世界にしないといけないようだ。

中日応援団のサウスポー自粛は他球団でもあり得ることだから全然他人事じゃない
言葉狩り…言論統制…表現の自由…中日の応援歌「サウスポー」自粛へ

「お前」という歌詞が問題にって…

中日ドラゴンズの全選手が嫌だ不快だと、言ったなら、まだ判るけれど…

中日ドラゴンズ、つまんねー球団だわ。

応援歌の歌詞にこだわる前に勝ちにこだわれよ

これでまた中日ファンが離れて行く訳よ。

中日球団は自らファンを手放しとるもんな。

そう考えると阪神はほんと恵まれた球団だよね。

弱くたって立ち応援ができなくたってあれだけ客が来るんだから。

なんで阪神ファンなんかになったんやろw

今は不満だらけだわ。

中日の応援歌の件、何が不適切なのかさっぱりわかんないな。

やはり自粛について意味がわからないとか、中日は何がしたいのかなど、批判的な意見しかありませんでした。

わたしが調べた範囲では、賛成の意見は見られませんでした。

中日ドラゴンズ応援歌『サウスポー』の歌詞は?なぜ自粛に?与田監督のせい?

中日ドラゴンズの応援歌『サウスポー』が自粛になったのは、歌詞の「お前」の部分が不適切であるとして、与田監督からお願いがあったからでした。

サウスポー自体をやめてくれと言われたわけではなく、あくまでも「お前」という部分について変えてほしいということだったんですね。

中日ドラゴンズ以外の球団でも「お前」という表現を使用している球団はあるため、その他の球団が今後どのように対応していくのかも気になるところですね。

とにかく球団側はそんなことよりももっと他に気を遣うところがあるのではないかと言うのがファンの方の大多数の意見だと思います。

こちらの記事もオススメ

甲子園で試合以外に盛り上がるといえば、吹奏楽部が演奏してくれる応援歌ではないでしょうか? 甲子園の応援歌は、昔から変わらず使われている定番曲や各高校のオリジナル曲などあり毎年お気に入りの応援歌を楽しみにしている方も多いようです。 […]

こちらの記事もオススメ

野球をやったことがある人や観戦好きなら一度は目にしたことがあるのがプロ野球の試合での危険球ですね。 今日本でもフェイスガードを身につけている選手が増えて、流行にもなっていますが、あんな早い球を投げられ、間近で危険球にあった打者見てしま[…]

こちらの記事もオススメ

野球やサッカーなどのスポーツにはユニフォームに背番号があります。 背番号が変わらない選手もいれば移籍や活躍、あるいは活躍しなかったことで背番号が変わる選手もいますが、背番号には意味が込められているケースが多いです。 今回はプロ野[…]