JRAで禁止薬物はなぜ使われた?グリーンカルとは?厩舎や調教師は誰?

JRAの競走馬から、禁止薬物が検出され、出走取消となり大きな話題になっています。

しかもその数、156頭

なぜ、こんなに多くの競走馬から禁止薬物が検出される事態となったのでしょうか。

そこで今回はJRAで禁止薬物がなぜ使われたのか?グリーンカルとは何なのか?使用した厩舎や調教師についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

JRAで禁止薬物がなぜ使われた?グリーンカルとは?


問題になっているのは、「グリーンカル」という、競走馬のエサである飼葉(かいば)に混ぜるサプリメントです。

流通している「グリーンカル」のうち、海外から輸入された「グリーンカル」から禁止薬物の「テオブロミン」が検出され、今回の大騒動になってしまったのです。

この「グリーンカル」ですが、実はこれまでも普通に利用されていました。

競走馬は、疲労回復や骨の強化のために、サプリメントを摂取するのは非常に一般的だそうです。

そして、この「グリーンカル」も、骨の強化を目的に飼葉に混ぜて使うごく普通のサプリメントなのです。

その証拠(?)に、美浦や栗東のトレーニングセンター内でも販売され、競馬のあらゆる面をサポートしているJRAファシリーズ(株)でも1袋10㎏の単位で販売されています

それなのに、今回なぜ、156頭もの競走馬が出走取消になる事態になったのでしょうか。

その理由は

海外から輸入した「グリーンカル」が、競走馬理化学研究所の検査結果判明前に販売されていた

のです。

この薬物検査の結果が出る前に、市場に出荷したのは、横浜市に本社のある飼料メーカー・日本農産工業

日本農産工業は去年の12月から検査結果を待たずに出荷していたということです。

通常、競走馬に与える飼料やサプリメントなどは、競走馬理化学研究所の検査をクリアしたものが市場に出回るため、安全であることが前提となっています。

そのため、厩舎サイドは、検査結果前のサプリメントが売られているとは、思いもしなかったのでしょう。

その結果、これほどまで大きな“被害”が出てしまったのだと思われます。

スポンサーリンク

JRAで禁止薬物が見つかった厩舎や調教師は?


今回の禁止薬物問題で、競馬レースにも大きな影響が出ています。

それは、156頭もの出走取消です

その所属厩舎は、美浦の6厩舎、栗東の21厩舎ということまでは分かっていますが、具体的な厩舎名はまだ詳しい情報がありませんでした

しかし、今回は、飼料メーカーが検査結果を待たずに出荷したことが原因なので、むしろ厩舎や調教師は被害者といってよいですよね。

なお、出走取消についてはJRAより6月15日の6時30分に発表がありました。

具体的には6月15日および16日に行われる東京、阪神、函館競馬およびユニコーンステークス(GIII)、函館スプリントステークス(GIII)の出走取消です。

詳細は、JRA公式サイトから確認できます。

JRA公式サイト 出走取消馬

まさに“寝耳に水”の災難に、調師の方々もショックを隠し切れない様子とのこと。

ダノンスマッシュを管理する安田隆行調教師
「昨夜の10時半に連絡を受けました。グリーンカルは昨年函館で使って効果があったので、今年も使っていたんですが…」

タマモブリリアンの南井克巳調教師
「昨夜に連絡をもらってからまったく寝ていません」

引用:サンスポZBAT!競馬 https://race.sanspo.com/keiba/news/20190615/etc19061512060006-n1.html

と、調教師の方々もインタビューに答えているほど、関係者にも動揺が広まっています。

この問題について、JRAから、緊急情報として今週末のレースの出走取消が、また、今月22日23日のレースに出走予定の競走馬については、15日と16日に血液検査をして薬物が検出されなければ出走できると発表されています。

スポンサーリンク

JRAで禁止薬物が見つかったことに対するネットの反応は?

JRAで禁止薬物が見つかったことについて、ネットの反応をまとめてみました!

前代未聞のニュース、しかも156頭と多くの馬が出走取消になってしまったことに、皆さんとても驚いています。

そして、グリーンカルはJRAトレーニングセンター内で販売されていた飼料で、しかも禁止薬物は陰性との表示があっただけに、関係者に同情する声も多く聞かれました!

禁止薬物の件、めっちゃ大事になってる。

156頭除外はたまげたなぁ

グリーンカル見てきたけど「競馬法で規程する禁止薬物は一切使用しておりません」ってハッキリ書いてあったね

これ賠償どうなるんだろ

来週以降も影響でるだろうし、地方にも波及するかも

未勝利とかたまんないよね

JRA

禁止薬物検出による大量の競争除外馬が出ても開催するんですね

ま、簡単に中止にはできないか・・・

函館SSとか、なんやねんって感じの出馬表になりそうですが

それにしても、なんでこのタイミングでの発表なんやろ

これは週末の中央競馬を楽しみにしているファンにとって衝撃の出来事です😱

禁止薬物を含むサプリメントを摂取した多くの馬が出向取り消しになりました‼

今後このような事態にならないよう願うばかりです。

馬もそうだし今週のレースのために仕上げてきた厩舎スタッフや関係者の方の努力が水泡に帰すのがやばい

飼料に禁止薬物が含まれてたとか餌やる側も知らなくて餌やりしたわけだし

輸入された「グリーンカル」という飼料(サプリ)に禁止薬物が確認されたそうです。
禁止薬物で大量の発走除外馬が出てる。 事故か?

ドーピングか?

これだけ大量だと、事故なのかな?

いずれにしても、前代未聞だろ。

トレンドに禁止薬物ってあるからなんかと思ったら競走馬の話ですか。
これ禁止薬物含んでたの連続G1終わってからあえて発表したとかないよね。。。

ここまで対応が迅速なこと考えると……

馬は悪くない!

施設内で売ってる飼料に禁止薬物が入っていたら、 そりゃ厩舎関係者はたまったもんじゃないよ。

だって、禁止薬物が入っていないという前提で使っているんだもん。

しかもグリーンカルなんていう、昔からあるポピュラーな飼料に…

スポンサーリンク

JRAで禁止薬物はなぜ使われた?グリーンカルとは?厩舎や調教師は誰?まとめ

今回は、JRAで禁止されている薬物がなぜ使われたのか?グリーンカルとはどいったものなのか?使用した厩舎などについて調べてみました。

156頭もの出走取消にまで問題が発展してしまった理由は、海外から輸入した競走馬用サプリメント「グリーンカル」が、薬物検査の結果をまたずに出荷され、その中に禁止薬物「テオブロミン」が含まれるものがあったことが原因でした。

「グリーンカル」はこれまで普通に使っていたサプリメントで、JRAのトレーニングセンターでも販売されていただけに、厩舎サイドにとっては、まさに青天の霹靂でした。

馬のためにも、競馬ファンのためにも、いち早く事態の収拾を願いたいものです。

こちらの記事もオススメ

スポーツをするときなどに感情が爆発してガッツポーズすることはありませんか? しかし、スポーツによってはガッツポーズすることが禁止・あるいは慎まれる行為としてみなされることがあります。 そして、その一例に現在熱戦が繰り広げられてい[…]

こちらの記事もオススメ

Jリーグの横浜Fマリノスに所属している久保建英選手が先日、ヴィッセル神戸との試合でJ1初ゴールを決めました! メディアでは元FCバルセロナにいたイニエスタ選手の目の前で久保選手がゴールを決めたことで大きな話題になっています。 そ[…]