妊婦加算が再開されるのはなぜ?なんのための制度なの!?

妊婦加算は妊婦が病院を受診したときに、医療費(初診75点・再診38点)を加算される制度です。

2018年に妊婦加算が導入されましたが、妊婦の自己負担額が増えるため批判の声が多く妊婦加算は2019年1月に凍結されています。

現在凍結されている妊婦加算の再会に向けて、現在有識者会議で議論を行い制度の見直し来年度から再開する予定です。

今回は妊婦加算が再開されるのはなぜかについてと、妊婦加算はなんのための制度なのかについてシェアしたいと思います。

妊婦加算が再開されるのはなぜ?


 

妊婦加算が来年度から再開されると報道されていますが、いろいろと批判の声が多かった妊婦加算をなぜ再開させるのかについてシェアします。

○妊婦加算の批判の声

まず現在凍結された妊婦加算の制度はコンタクトレンズを作るときも含めて全ての診療科で妊婦加算が上乗せされているため、妊婦の自己負担額が増えることについて批判の声が集まりました。

また妊婦加算の制度が導入されたことを知らない方が多く、なぜ妊婦加算が上乗せされるのか分からないという声も上がっています。

そのためについて妊婦加算が導入される理由と、どんなときに妊婦加算が加算されるを具体化して医療機関と国民が分かりやすく説明してから再開して欲しいですね。

私的には妊娠中の医療費って思っているよりかかりますし、出産後もいろいろ出費がかさむので乳児医療と同じように妊婦の診療を無料にしてくれたら少子化対策に繋がるのにと思ってしまいます。

○妊婦加算はなぜ再開するのか?

妊婦加算は妊婦の診療を断らずに対応してくれる医師を増やすために導入された制度なので、凍結した妊婦加算の問題点を改善するとともに自己負担を軽くする(助成制度など)方向で再開を検討しています。

妊婦加算の再開について、厚生労働省の有識者会議では以下の議論が行われました。

有識者会議では母体と胎児への配慮が必要な妊婦の診療については、通常の診療よりも慎重な対応が必要であることから妊婦の診療に対して評価する仕組みの意義を認めました。

ですが現在の妊婦加算をそのまま再開するのではなく、「単に妊婦を診療したのみで診療報酬が加算されるのは適当ではない」と有識者会議は制度の見直しをするように求めたようです。

スポンサーリンク

妊婦加算はなんのための制度なの?

そもそも妊婦加算とは、なんのために導入された制度なのかについてシェアします!

○妊婦加算で診療する病院を増やす

経験があるという方も多いかもしれませんが、産婦人科以外の病院に妊婦が受診に行くと母体と胎児への影響がないように治療や薬の処方をする必要があり万が一のことを考えて断る病院が多いのが現状です。

そのため妊婦加算を導入して、妊婦の診察を断る病院を減らすために導入された制度のようです。

○妊婦の丁寧な診察

通常の診療よりも慎重に対応する必要がある妊婦の診療に対して、診察を断る病院ばかりではないです。

妊婦にはどのように診療をするべきか調べたり産婦人科の医師と連絡して処置や薬の処方をする病院もありますが、その場合は調べたり電話で産婦人科の医師に確認するため通常の診察より時間が掛かります。

つまり慎重に妊婦の診療を行うために、妊婦加算を上乗せして病院に支払うということです。

病気やケガによっては産婦人科よりも、専門の病院に行きたいときもあります。

でも妊婦は何かがあってはいけないからと断られては安心して妊娠生活を過ごせないので、妊婦加算科を導入することで対応してくれる病院が増えるのはいいことかもしれません。

ただし上記でもお伝えした通りなんでもかんでも妊婦加算を上乗せするのではなく、どのようなときに妊婦加算が上乗せされるのか具体化と自己負担額を現状より下げて国民が納得する制度に見直してからの再開を希望します。

スポンサーリンク

妊婦加算の再開に対するネットの反応は?

妊婦加算の再開について、ネットの反応をシェアしたいと思います。

○妊婦加算の再開は賛成

 

妊婦加算来年度から再開するんだって。

賛成派だけど、今以上に妊婦さんへの配慮の仕方を考えないとダメだよ。

せめて順番早めたり、もっと診察を丁寧にしてくれたり。感染症も怖いから待合室も別にしたりさ。

 

凍結から再開か。
私は賛成。

当然だけど、ちゃんと配慮してほしいしね。

 

医療報酬としての妊婦加算自体は賛成

妊娠、出産はあっという間に死んじゃうこともあるし、別枠での配慮はいると思う

ただし、妊娠出産は本人だけじゃなく社会にとって必要なことなので負担は社会でするべき

 

妊婦加算再開は賛成。

ただし、自己負担ではなく公費で!

乳幼児も高齢者も公費で、妊婦さんだけ公費出しませんなんて

そんなこと言わないよね?

ほうほう、妊婦加算再開の方針なんや!私は賛成派やからいいと思う!

何点になるんやろ??

妊婦加算の再開に賛成の意見は上記に通りで、妊婦に対して配慮が必要だから賛成という方が多いです。

ただし妊婦加算を妊婦が負担するのは反対という方も多く、少子化が問題されているのだから公費など社会が負担するべきだという意見がありました。

○妊婦加算の再開は反対

妊婦加算再開とかどーでもいいから高齢ドライバーについてどうにかしなさいよ
妊婦加算再開するくらいだったら、高齢者加算とか作ればいいのに。病態に配慮必要な点では一緒でしょ。母数が多いからちょっとずつ負担してもらえば収支大きくプラスになるだろうし。
妊婦加算再開って辞めた方がいいと思うけど。。
ただでさえ妊婦検診やら出産は保険適用外。費用も凄くかかる。補助は出るけど1回3000円、採血ある日なんて大幅にはみ出る。
こりゃ何人も気軽に産めないな…と思ったのが正直な感想😅更に医療費で妊婦加算とか…少子化対策とは??と疑問。
は?なんで?
逆に妊婦は無料でいいんじゃないの?
余計に子供産まなくなるよ
そろそろ2人目をと考えてたら妊婦加算再開だってー😢酷いよー!
産まない方がいいよ、って国から言われてるみたい😵
お願い再開しないでー😭

妊婦加算の再開を反対する方の意見としては、妊娠中は医療費がかさむのに妊婦加算が上乗せされるのは反対という方や妊婦加算があるなら同じように配慮する必要がある高齢者には高齢者加算もという方も。

また2人目を考えていたけど妊婦加算が再開するなら辞めようかなという方もいて、少子化対策についても考え妊婦の負担額を減らしてから再開する必要があります。

スポンサーリンク

妊婦加算が再開されるのはなぜ?なんのための制度なの!?まとめ

今回は妊婦加算が再開されるのはなぜかについてと、妊婦加算はなんのための制度なのかについてシェアしました。

少子化が問題視されている今、消費税も引き上げられて更に妊婦加算が再開されると自己負担が増えるので出産をためらう方も増えてきます。

もし妊婦加算の再開に向けて制度の見直しを進めるのであれば、少しでも妊婦の自己負担額を減らすようにしてほしいものです。