かぶる傘は東京オリンピックで流行るのか?ダサいけど通販である?

2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、24日に小池百合子東京都知事が公開した日よけ用の「かぶる傘」の試作品が、大きな話題になっています。

話題になっている理由は、そのデザイン。

日本テレビの朝の情報番組「スッキリ」のMC・加藤浩次さんが「やべぇよ」と公言してしまうほどのデザインは、ネットでも多くの人が疑問視しています。

そこでこの記事では、この度試作品が発表された、日よけ用の「かぶる傘」が流行るのか?ダサいのか?また、この手の商品は通販で買えるのか?についてシェアしたいと思います。

かぶる傘が東京オリンピックで流行る?


まだ5月だというのに、ここ数日も例年に類をみない暑さを記録しました。

以前から言われていましたが、2020年東京五輪・パラリンピックでの暑さも、いよいよ心配になってきました。

そこで東京都が東京五輪・パラリンピックの暑さ対策の1つとして24日に試作品を発表したのが、今回大きな話題になっている日よけ用「かぶる傘」です。

意気揚々と紹介した小池百合子都知事の笑顔と裏腹に、発表するや否や、そのデザインに困惑する声、「ダサい」との声まで聞こえてきました

男性で日傘を差すのは恥ずかしいという、何か気が引けるという方は、もう思い切ってここまでいったらいかがでしょうか。

お勧めしたいと思います。

との小池都知事の言葉でしたが、「これかぶるくらいなら、日傘さそう!」と思わせる作戦か?!とまで揶揄される始末です。

しかし、確かにここ近年の暑さは年々厳しくなっていて、環境省でも日傘の利用を推奨しています。

東京五輪・パラリンピックのスタッフが両手を使える状態で、日差しをよけることができるこの「かぶる傘」は、機能的には必要なものだと言えます。

とはいえ、このデザイン。

その評価は“酷評多数”です。

いくら東京五輪・パラリンピックブランドとは言えども、世間の反応は非常に冷たい現状をみると、「流行る」ことはなさそうです。

スポンサーリンク

かぶる傘はダサい?通販で買える?


タレントの加藤浩次さんにも酷評されてしまった、東京五輪のかぶる傘ですが、実は、この手のかぶる傘は、通販でも販売しています

「アンブレラ ハット」、もしくは「パラソル ハット」、「釣り傘」などと検索すると、大手通販サイトで数種類の商品がヒットします。

これらは「農作業用」や「アウトドア」、「釣り用品」のジャンルで販売されています。

価格も1000円弱~3000円程度と比較的安価な「ちょっと買ってみようかな」と気軽に検討できるものから、2~3万円もする高級品(?)までありました。

また、アウトドアスポーツ用品でお馴染みの「mont-bell(モンベル)」でも、「レイン アンブレロ」という、かぶるタイプの傘が商品としてあり、これもモンベル公式オンラインショップなどで購入できます。

価格:¥4,000 +税
品番:#1128612(ブランド モンベル)

ネットにも、このモンベルの製品の方が「カッコいいし、たためて便利!」との声が多くありました

やはり、今回東京都が発表した、東京五輪用のかぶる傘(試作品)は、そのデザインが「ダサい」といわれてしまう要因となっています。

ちなみに。

今回発表された、東京五輪・パラリンピックの日よけ用「かぶる傘」は、現在のところ一般販売の予定はないようです。

東京五輪・パラリンピック用の「かぶる傘」は通販では買えませんので、検索してもヒットしませんよ!

一般販売されているのは次のような商品になりますね!

かぶる傘に対するネットの反応は?

かぶる傘について、ネットの反応を集めてみました!

とにかくデザインがダサい、あれを本当にかぶるの?!と多くの人が酷評です。

その機能性は良さそうだけれど、でもデザインが・・・と、数少ない容認派ですら、デザインには疑問の声をあげています。

被る傘 別に麦わらとかつばが広い帽子でも変わらないと思うんだけど
流行には疎いんでよくわからないんだけどさ、 熱中症対策に被る傘って、帽子じゃダメなの?
めちゃくちゃ叩かれてる被る傘だけど、わたしこれけっこう好きなんだけど、やっぱセンスやべーのかな……

今までも自分のセンスに全く自信持ってなかったけどこれはいよいよやべーな…

被る傘ってさ視野悪いし人混み前提の場所だから傘部分の接触回避できそうにないから事故とトラブルの原因になりそう
オリンピックの被る傘、もうデザインの変更ないらしいけど…

この悲鳴に近いざわつきは都知事には届いてないんだろうか…

ほんとにやめてほしい

オリンピックの被る傘 話だけは聞いてて デザインやばいって聞いたから からかさ小僧みたいなのを想像して さっき検索したら全然違かったし何を守れてるのか全くわからないデザインだった
このタイプの被る傘、すでに釣りや園芸用に売られているようですね。

わざわざ開発する必要もなかった、ということで、都民の血税は不必要な開発費に使われました。

小池都知事、早く辞めてくれないかな。。。

いや~ダメでしょあの被る傘wwww
小池さんのあの頭に被る傘みたいなの、釣りで似たようなのおって重宝するのよね。

ただしあまりのダサさに恥ずかしくて使い辛い。

市民権得るのは中々難しそうだ。

小池さんの被る傘は割と名案だとおもうけどなー。。

あんまり暑さ変わらないんじゃ意味無いけど、普通の日傘さしてるのホント邪魔だしね。

自分も使ってるから文句言えないけど、これなら肩幅くらいだし両手あくし、見た目の問題くらいよね。

スポンサーリンク

かぶる傘は東京オリンピックで流行るのか?ダサいけど通販である?まとめ

今回は、24日に東京都が東京五輪・パラリンピックでの暑さ対策の1つとして試作品を発表した「かぶる傘」が流行るのか?ダサいのか?通販で買えるのか?について調べてみました。

発表後のネットなどの反応を見ると、そのデザインに困惑の声、ダサいとの酷評の声が多く、正直評判は良くありません

また、既に類似品はすでに通販などで販売されていて、むしろ、そちらの方がデザインが良いとの声まで聞かれます。

タレントの加藤浩次さんが言っていたように、この「かぶる傘」のせいでボランティアが減ってしまう?!なんてことのないように、東京都には今一度、そのデザインを再考いただきたいものです。