大学無償化はいつから?母子家庭じゃないと所得制限がクリアできない!?

低所得者世帯を対象に大学など高等教育を無償化する通称「大学無償化法」が、5月10日に与党と国民民主党などの賛成多数で可決され、成立しましたね!

学費の問題で、進学を諦めていたような学生には、一条の光のように思えたこの法案ですが、その所得制限の厳しさに、利用できるのは母子家庭だけなのでは!?と、不満や疑問の声が多く聞かれます。

そこでこの記事では、今回成立した大学無償化法はいつから利用できるのか、母子家庭でないと本当に所得制限がクリアできないのかについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

大学無償化はいつから?


今回成立した通称「大学無償化法」はいつから実施されるのでしょうか?

開始は2020年4月から

早速、来年から始まるんですね!

さて、この制度を利用するには、申請が必要です。

文部科学省が発表している当面のスケジュールは

➀2019年 夏頃 予約採用の手続開始
➁夏以降 対象大学等の公表
③2020年 4月以降 学生への支援開始

となっています。

また、本制度の特設サイトを5月下旬に公開予定で、制度や対象者の要件、手続き方法などを掲載するとのことです。

公開予定:2019年5月下旬
サイトURL:http://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm【掲載予定内容】

  • 高等教育の修学支援新制度ってどんな制度?
  • どんな学生が対象になる? (支援の対象者)
  • どのくらい支援してもらえる? (支援の金額)
  • 手続きの方法を教えて
  • 手続きのスケジュールを教えて
  • 進学後に必要なことを教えて
  • Q&A
  • もっと詳しく知りたいときは (リンク集)

この制度の利用を考えている方は、是非5月下旬に公開されるサイトで、その詳細を確認してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

大学無償化は母子家庭じゃないと所得制限がクリアできない?

ところでこの「大学無償化法」は、大学に行きたい人なら誰でも利用できるわけではありません

この法案は、

皆さんの「学びたい」気持ちをさらに応援し、経済的理由で進学をあきらめることがないよう、現行の給付型奨学金の額を大幅に増やします。

あわせて授業料 や入学金も支援します。

また、対象者も、住民税非課税世帯に加え、それに準ずる世帯まで拡大します。

高等学校などの成績だけで判断せず、皆さんの「学びたい」意欲を何より 重視します。

と、柴山文部科学大臣が公開したメッセージにもあるように、経済的理由で進学を諦める環境にある人を支援する制度です。

具体的には、すでにネットで話題になっている「所得制限」です。

この制度の対象となるのは、基本的に住民税が非課税の世帯となります。

引用: 文部科学省ホームページ「高等教育無償化について」http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/02/14/1409413_6_2.pdf

住民税が非課税となる世帯年収は、家族構成によって異なりますが、文部科学省によると、例えば「両親と学生本人、中学生の4人世帯」の場合、約270万円までが非課税となり、この年収の世帯までが、授業料と入学金の全額が免除されます。

その後、世帯年収に応じて段階的に3分の2、3分の1と支援額が決定されます。

「両親と学生本人、中学生の4人世帯」の場合

  • 住民税非課税世帯(世帯年収約270万以下)は、授業料と入学金の全額免除
  • 世帯年収が約270万円~約300万円の世帯は、住民税非課税世帯支援額の3分の2
  • 世帯年収が約300万円~約380万円の世帯は、住民税非課税世帯支援額の3分の1

ところで、この「所得制限」は、実際どのような世帯が該当するのでしょうか。

厚生労働省が公表している「平成28年度国民生活基礎調査概要」によると、世帯年収の平均は545.4万円、中央値は427万円でした。

一方、母子家庭世帯の平均収入は約270万円となっていました。

世帯構成が違うので、直接的には比較できませんが、それでも今回の制度で全額免除の境界となる年収額と同等のため、今回の制度は母子家庭世帯では、活用するに値する制度と言えます。

しかし、両親がいる世帯では、世帯年収の平均は約545万円、中央値でも427万円と、本制度を活用できる世帯年収から大きく外れています

このカラクリが、本制度がネットで「母子家庭世帯しか使えないのでは?!」と言われてしまっている理由です。

最後に、1つ参考資料をご紹介します。

大学入学時に納付する初年度費用の一覧です。

大学入学初年度に納入する金額(万円)
国立大 817,800
公立大 932,519
私立大文系 1,150,863
私立大理系 1,518,333
私立大医歯系 4,792,928

参考:Benesseマナビジョンより抜粋 https://manabi.benesse.ne.jp/parent/okane/02/page2.html

大学って、お金かかりますね。

それでも、厚生労働省がモデル家庭とした「両親と学生本人、中学生の4人世帯」の場合世帯年収が380万以上だと、支援額はありません

今回の法案、公平性という点でやや疑問が残るのは、筆者だけでしょうか。

スポンサーリンク

大学無償化の所得制限に対するネットの反応は?

大学無償化の所得制限について、ネットの反応を集めてみました。

ほとんどの人が、厳しすぎる所得制限について、疑問の声をあげています。

また、学力に応じた制度でないのか、特待生制度の充実の方が実効的では、と低所得ならだれでも利用できることにも、難色を示す声が多いですね。

「大学無償化法が成立」ってえけど、中身は酷いね。

返済不要の給付型奨学金はいいとして、対象が「夫婦と子ども2人(1人が大学生)の家庭の場合、年収270万円未満が目安」ときたよ。

カツカツで生活保護スレスレの家庭じゃないか。

これに一体何人が当てはまると…

低所得世帯を対象に大学や短期大学などの学費を無償化する法律が成立しました。

通称「大学無償化法」として報道されています。

しかし厳しい所得制限が課され中間層への支援がない内容だとして「無償化に値しない」と批判の声が上がっています。

大学無償化の所得制限見る限り学費のために偽装離婚する事案でてきそうだなって思った
あんなに低い所得制限付けて、何が大学無償化法なんだろうな。
大学無償化、あれ非課税世帯対象ってこと?

みみっちいなぁ どこにどんな逸材がいるかわからないし、、、

無償化の目的はなんなんだ?

等しく(高等)教育を受ける門戸を開くんじゃないのか?

社会が人材に投資する意味じゃないのか?

所得制限するな!

うち対象外‼️

一人で必死に働く母子家庭。

手当て貰えるからって、わざわざ働かない家庭もいっぱい見てきてるだけに…

母子保健も切られ、扶養手当てなんてとぉに切られ…

まだ頑張れてか?

大学無償化対象大学はどこ?

所得制限や母子家庭と離婚などの家庭状況はどうなるの?

年収270万て独身はともかく家族4人とか生活そのものがきつそう…

所得制限ありの大学無償化より優秀な子に横並びを強いて足踏みさせず飛び級させたり、給付型奨学金を充実させた方がいい。

大学は学びたい人が行くべき高等教育機関では?

大学無償化法ってよく見たら所得制限めっちゃ低い(日本学生支援機構の奨学金貸与の条件の所得以下)し、高校卒業後2年経過したら貰えないし他にも条件あるっぽくて実質給付受けれる人ってごく僅かじゃね?

しかも財源消費税?

馬鹿なの?

医療福祉でも金ないっつってんのにそんな金無くない?

低所得世帯の大学無償化は結構ですが学力での足切りとかしないのかな?

特待制度じゃダメなのかなー?

よくわかんないや

大学無償化より特待生制度を充実させたほうがよっぽど意義があると思う。
スポンサーリンク

大学無償化はいつから?母子家庭じゃないと所得制限がクリアできない!?まとめ

今回は、5月10日に成立した通称「大学無償化法」について、いつから開始になるのか、またその所得制限について調べてみました。

来年4月1日から開始される「大学無償化法」ですが、全額免除となるのは、母子家庭世帯の中でも限られた世帯になりそうでしたね。

ネットの声でも、手厳しい声が多いこの制度。

成立してしまったからには、少しでも有益に、そして皆が納得するような利用をしてもらいたいものです。