終身雇用は崩壊した?理由は?海外ではどうなの!?

日本では昔から終身雇用制度という日本独自の制度があります。

終身雇用制度は同じ会社で定年まで働き続けることができるというものですが、ここ数年この制度が崩壊すると言われています

その崩壊した理由ってなんでしょうか?

そこで今回は終身雇用が崩壊した理由と、終身雇用は海外ではどうなのかについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

終身雇用が崩壊した理由は?


まず終身雇用についてと、終身雇用が崩壊した理由についてシェアします。

終身雇用

終身雇用は簡単に言うと同じ会社で定年まで働き続けることができる(定年退職まで雇用を保証)という日本独自の制度で、基本的に正社員に適用されますが「会社は社員の終身雇用を保障する」と法律で定められているわけではありません

つまり終身雇用は労働者の権利ではなく、昔から続く日本の習慣です。

日本独自の終身雇用制度は崩壊?

日本独自の終身雇用制度について、経団連の中西会長は以下のようなコメントをして注目を集めています。

「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れない」と言われていますが、何故守れないのでしょうか?

終身雇用制度の崩壊した理由

終身雇用制度が崩壊した理由として考えられるのはいくつかありますが、一番の理由は日本経済の停滞ではないかといわれています。

日本経済の停滞によって、終身雇用と年功序列の維持が難しくなってきている企業が年々増え続けています。

終身雇用は企業の業績が成長することが前提です。

そのため業績が悪化した場合は雇用を続けるのが難しくなって、定年60歳と定めている企業でも定年退職前の早期退職を持ち掛けるケースが増加中です。

また経団連の中西会長が発言されていましたが、「一生一つの会社で働き続けるという考え方が変わってきている」というのも終身雇用の崩壊に繋がる理由の一つのようです。

ですが日本の転職率は他の国と比べるとまだまだ低く、長期にわたって同じ会社で勤務する方は多い状況なので終身雇用が崩壊したとは断言できないのかな?っと思います。

終身雇用は海外ではどうなの?


海外では日本独自の終身雇用という制度はないようです。

例えば、アメリカ。

終身雇用の概念がないアメリカでは、どの企業も一年間通して採用を行っているため、スキルやキャリアの向上(収入アップ)をするため季節に関係なく転職する人が多くみえます

調べてみるとアメリカでは18才から46才までに、仕事を11社以上経験するそうなんですが長期的に同じ企業で働く日本では考えられない数ですよね。

そして更に日本とアメリカの違いがもう一つありました。

それは求人サイト

日本では企業からスカウトがくる求人サイトなど無料で利用できますが、アメリカでは転職サービスが有料なのが一般的

サービスの内容は職務経歴書の作成の手助けや面接対策(個別)をしてもらったり、キャリアカウンセリングなどもしてくれるそうです。

ここまでサービスが充実していれば有料なのも頷けます。

特にアメリカは履歴書よりも職務経歴書が重要視されていて、資格を持った専門ライターに職務経歴書の作成をお願いする方もいるようです。

日本とアメリカでは、雇用に対する考え方が根本的に違います

終身雇用に対するネットの反応

終身雇用についてネットでは、どんな反応があるのかシェアします!

〇終身雇用の崩壊で今後は?

大企業に勤めてるからと言って安心出来た時代は終わり。

生きていく知識とスキルを身につけて自分の身は自分で守る時代やで^_^

終身雇用の崩壊

すごい今更?って感じがするけど…

勤めて安定なんてもう過去の話(×_×)

自分で稼ぐ力を身に付けないと

個人的には #終身雇用 は守れなくても、極めて採用されやすい状況には、してほしいと思う。
その仕事に合っているかどうかは、面接の時点で決めなくても、アルバイトだろうがやってみて見定めればいいと思うし、特に転職回数やブランクで不採用を検討するのは、やめてほしい。
私が親から言われて信じてきたように「いい会社に入れば安泰」というロジックはもう成り立たないてこと。

だからこそ、何歳になったって、会社の看板に頼らず収入を得られるよう、自分自身の価値を高め続けることが大事だと思う。

終身雇用無理とか言うなら、年功序列の給料も今すぐ一新すべきだよなぁ

終身雇用の崩壊して今後はどうするべきかについて調べてみたところ、上記のような意見がありました。

企業に勤めているから安心ではなく、今後はスキルアップや副業や独立などを視野に入れて自分自身で稼ぐなどの声が上がっていました。

また終身雇用崩壊したなら転職回数が多くても不採用にしないでとか、年功序列で給料が上がる仕組みも考え直す必要があるという声もありました。

〇終身雇用について期待してないなど

#終身雇用 があったのは,実は一部の大手企業のみですね。

中小企業にはそもそもない。

ってかそもそも、まだ終身雇用制度なんかあてにしてたの?

制度なんかアテにしちゃ駄目。

元々期待してないから。
知 っ て た
今、トレンドになっていますが、「未だに終身雇用がある民間企業」がある事にびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!

大企業は、そうだったのかな…

北海道に大企業の本社…たぶん、そんなにない、いや、ない?から、知らなかった…

終身雇用についてネットでは、そもそも終身雇用ってまだあったの?という声や期待していないという声が多く上がっています。

最近は雇用形態も多数化されていて、もともと終身雇用をあてにしていないという方が多くみえました。

終身雇用は崩壊した?理由は?海外ではどうなの!?まとめ

今回は終身雇用が崩壊した理由と、終身雇用は海外ではどうなのかについてシェアしました。

現代の日本では終身雇用なんて古いという声も上がっていますし、企業の業績によっては終身雇用がなりたたない状況です。

今回ご紹介した経団連の中西会長が雇用システムを変えていくと発言されていたので、今後の雇用のありかたに注目です。