佐々木朗希の評価は?ドラフト1位が決定してる!?

野球のU-18ワールドカップに向けた高校日本代表1次候補の研修合宿が3日に渡り行われました!

その中で大船渡高校の佐々木朗希投手が6日の実戦練習で中日スカウトのスピードガンで163キロの投球を計測して、話題になっています。

この数字は大谷翔平選手が高校時代に出した160キロを上回り、高校球界最速となりました

今回は、佐々木朗希投手の評価とドラフト1位になるのかについてシェアしたいと思います。

佐々木朗希投手の評価は?


それでは、佐々木朗希投手の評価についてご紹介させていただきます!

上記に記載させて頂いたように佐々木投手は、野球のU-18ワールドカップに向けた高校日本代表1次候補の研修合宿で高校生ながら163キロの投球を見せました

そして、その研修合宿には日米12球団44人のスカウトマンが押し寄せていて、各球団のスカウトマンの方々は佐々木投手に関して次のようにコメントされています。

<巨人長谷川スカウト部長>

松坂だってマー君だって(打球が)前に飛んでいた。
行くチームによっては、来年1軍のエースだよ。
普通にケガなくやって、開幕を迎えてほしい。
そんな感じの投手です。

<ヤクルト橿渕スカウトグループデスク>

見るたびに驚かされる。
衝撃度は過去でNO・1。
直球が速いだけじゃなくて暴れない。
計り知れない能力。

<DeNA吉田スカウト部長>

フォームにもアクセントがある。
プロでも十分に通用する。

<中日松永編成部長>

誰が見ても素晴らしいのは間違いない。
常時150キロを簡単に投げられる。
投げ方がいいからブレがない。
故障もしにくそう。

<阪神畑山統括スカウト>

すごいの一言。
高校世代では抜けている気がする。
近年では(藤浪)晋太郎、大谷以来のスケールかな。

<ソフトバンク永井編成育成本部長>

衝撃的。
こんな投手、過去にいない。
すぐに1軍に連れて行って投げさせてみたいくらい。

<西武潮崎編成グループディレクター>

いま1軍に入っても飛び抜けているのでは。
(松坂)大輔も1年目から良かったけれど、能力やポテンシャルでは大輔のさらに上をいっている。
スタミナとかは大輔の方があると思う。

<日本ハム大渕スカウト部長>

高校生としては規格外。
普通の高校生はエンジンとセンスの一方しか持っていない。
彼には両方ある。

<楽天福田チーム統括本部スカウト>

筋力がまだついてなく骨格の良さだけで投げているのに、言うことない。
今まで見た投手の中で最高です。

<ロイヤルズ大屋国際スカウト>

信じられない。
こんな投手は見たことがない。
何の力みもなく99マイル(約159・3キロ)が出た。
体はまだ大人になる。
まだ65%くらいでしょう。

ご覧のように各球団のスカウトマンは佐々木投手をべた褒めしていますね!

中日の松永編成部長もコメントされていましたが、良い投手でもすぐ故障してしまったら使いようがありません。

しかし、佐々木投手の場合投げ方にブレがない分故障がしにくそうというのはプロになる上で必要なスキルです。

佐々木投手がどこの球団に入るかわかりませんが、高校3年生の中でもプロ一軍デビューの日は一番近いのかも知れませんね!

佐々木朗希投手はドラフト1位になる?

次に、佐々木朗希投手はドラフト1位になるのかについてご紹介させていただきます!

まず、佐々木朗希投手の簡単な経歴からご紹介します。

名前 佐々木 朗希
(ささき ろうき)
出身地 岩手県陸前高田市
生年月日 2001年11月3日
身長 190cm
体重 86kg
投打 右投右打
ポジション 投手
経歴 陸前高田市立高田小学校→大船渡市立猪川小学校→オール気仙(大船渡市立第一中学校)→大船渡高校

佐々木投手は、陸前高田市立高田小学校の3年生時に野球を始めましたが、2011年に震災があり、大船渡市立猪川小学校へ転校しています。

大船渡市立第一中学校ではオール気仙に所属し、KB東北大会で準優勝を果たしました。

中学時代から注目され、名門校の大阪桐蔭や花巻東などからオファーを受けたのですが、断ったそうです。

その理由として「中学校の野球が楽しく、その仲間と一緒に甲子園に行きたい」とコメントしています。

その結果、地元にある大船渡高校へ進学することになりました。

大船渡高校に進学後は、1年生夏から公式戦に出場し、147キロの速球を投げています。

2年生の春には153キロを記録、夏に154キロと目覚ましい成長を見せ、秋の大会では高校2年生で157キロを記録し、大きな話題となりました。

しかし、残念ながら岩手大会で敗戦となり、春の選抜出場はなりませんでした。

そして、高校3年生で高校球界最速の163キロをマークし、まだまだ伸び続ける可能性がある存在に成長しました。

さて、そんな佐々木投手ですが、ドラフトで一位になるのかご紹介したいと思います。

佐々木投手を一位で獲得とコメントされている球団のコメントをまとめてみました。

<巨人スカウト>

28年のスカウト生活で田中将大投手や大谷翔平投手も見てきたが、彼らの高校時代よりも上。
1位“候補”でなく、1位じゃなきゃ獲得できない。
Aランクとかじゃない。
一人だけ飛び抜けている。

<中日スカウト>

球質、伸びしろを含めて大学、社会人を含めてもドラフト候補でナンバーワン

<ロッテスカウト>

フォームも球筋も、体のサイズもいい。
普通に投げた感じでしっかりアウトコースにも自然と決まる。
ギアを上げるのがうまい。
現時点での課題がなかなか見えない。
ドラフト1位候補なのは間違いない。

はい。

ご覧のように巨人、中日、ロッテとドラフト1位候補なのは間違いないとコメントされていますね!

巨人のスカウトマンに至っては1位“候補”でなく、1位じゃなきゃ獲得できない。とまでコメントしていました!

高校生ながら163キロと怪物クラスの速球を投げたので、スカウトマンも注目しますよね!

田中将大や大谷翔平よりも上という評価をしてる方や今すぐ一軍で通用するという、非常に高い評価なので、ドラフト1位は間違いないのではないでしょうか。

佐々木朗希投手に対するネットの反応

それでは次に、佐々木朗希投手についてネット上ではどのような反応なのか、ツイッターを元にご紹介させていただきます!

佐々木くんが163キロ出してどうのこうのってやつ、そんな速い球投げれたり、野球が上手なことも羨ましいけど、名前の方が羨ましい。

佐々木朗希て。名前の8割のんさまて。ずる。

佐々木朗希投手のフォームなんかバンデンハークに似てる?
佐々木朗希君は早く公式戦(岩手県営かな)で出してほしい
163㌔投げた佐々木朗希くん、中学時代にセンタからヒットを一塁送球してアウトにしたらしい…

ラウレアーノ並みじゃん

佐々木朗希くん、高校3年生なりたてで163km/hか。

また名門の野球強豪校じゃないのがロマン。

茂野吾郎かよ。これはもう「令和の怪童」

U-18日本代表の合宿
大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手は星稜の奥川恭伸投手から合宿の初日に

「みんな朗希って呼んでるよなんて呼べばいい?」

聞かれたため「ロータン」と答えるとこれを奥川投手が報道陣の前で発表すると佐々木投手は慌ててこれを否定したそうです

今日はキャッチボールで、佐々木朗希投手と奥川恭伸投手がコンビを組んでいました。

かなり豪華。

投げ合うボールがとにかく力強くて、見ているこちらも力が入ってしまいました。

大船渡の佐々木朗希すげぇな。

コントロールといい球威といい。抜群

147キロだった球を157キロまで10キロ上げて。

尚且つ昨日163キロと大谷翔平超え笑フォームもカッコいい

佐々木朗希…まずは身体を作ってからやね。

沖縄水産からドラゴンズやった上原晃みたく、ルーキーイヤーから酷使でパンクなんていややしな〜

きのうチラッと見たニュースなんですが高3で163kmとかとんでもない話よね?!!!!wwwwww

日本人投手で170もいよいよ夢じゃないよね(°▽°)!!!!

はい。

ご覧のようなコメントをされている方がいました!

印象としては、やはり163キロの速球を投げたということをツイートされている方が多くいた印象でした。

高校生で170キロも夢じゃない!という方やコントロールと球威が半端じゃない、令和の怪童という方多数いました。

スカウトマンの方もまだ65%くらいでしょうとコメントしていたので、本当に170キロの速球を出してしまう日が来てしまうかも知れませんね!

他にも身体を大事にして欲しいという方もいて、佐々木投手のファンも大勢いるようでした。

スポーツ選手は、身体が第一ですので練習を大切にするのと同時に休みも大事にして欲しいですね!

佐々木朗希の評価は?ドラフト1位が決定してる!?まとめ

今回は、佐々木朗希投手評価とドラフト1位になるのかについてご紹介させていただきました!

佐々木投手に対しての評価も十分過ぎるほど、好評でドラフト1位間違いなしとされていました!

しかし、これからが大切ですので、モチベーションを保ちつつ、どんどん成長して欲しいですね!