新元号 令和 の意味と決定理由は?早くも批判続出!?

ついに新元号が決定しましたね!

発表された新元号は「令和」

街では号外が発行され、色々な反応が聞かれます。

喜びの声、驚嘆の声、中には批判的な声も?!

そこでこの記事では、本日発表された新元号「令和」の意味と決定理由、ネットに寄せられている声をシェアしたいと思います!

スポンサーリンク

新元号 令和 の意味は?


発表された新元号は

令 和  (れいわ)

典拠は日本最古の歌集「万葉集」にある、梅の花の歌32首の序文

初春の月にして
気淑く風
梅は鏡前の粉を披き
蘭は珮後の香を薫らす

から引用したとの話でした。

これまでの元号は、中国の古典を引用していましたが、新元号「令和」は歴史上初めて国書を典拠として決定されました。

そして、この「令和」には

人々が美しく心を寄せ合う中で
文化が生まれ育つ

という意味が込められているとのこと。

また、

厳しい冬の後には梅の花のような美しい花を、日本国民の1人1人が咲かせられるように

との願いも込められているとの安倍首相の談話でした。

新元号が 令和 になった理由は?

なぜ新元号が「令和」に決まったのでしょうか。

その理由を安倍首相が、以下のように述べていました

悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。

こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。

厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。

そうした日本でありたい、との願いを込め、「令和」に決定いたしました。

また、談話後に行われた質疑応答で、令和に決めた最大の決定理由はなにかという質問には

わが国が誇る悠久の歴史、文化、伝統の上に、次の時代を担う世代のために未来にむかってどういう日本を築き上げていくのか、そしてその新しい時代への願いを示すうえで、最もふさわしい元号はなにか、という点が一番の決め手でした。

と回答していました。

さらに、「令和」を担う若者たちについて聞かれると、

今回の元号は万葉集にある梅の花の歌32首序文からの引用です。

この中では、厳しい寒さの後、春の訪れを告げるように、見事に咲き誇る梅の花の情景が美しく描かれております。

平成の時代のヒット曲に「世界に一つだけの花」という曲がありましたが、次の時代を担う若者たちが、明日への希望とともに、それぞれの花を咲かせることができる、若者たちにとって希望に満ち溢れた日本を国民の皆様とともに作りあげていきたい。

とも述べていました。

NHKのニュースでは、安倍首相の想いを

明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたい

とまとめていましたね。

安倍首相が引用したように、国民一人一人が「世界に一つだけの花」を咲かせることができる時代になるといいですよね。

ネットでは早くも批判続出!?

新元号「令和」について、発表直後からネットでは多くの声が寄せられています!!

そんなネットの声を集めてみました。

世間の反応は、まさに十人十色。

「素敵」、「いい元号だと思う」と好印象の声もあれば、「ピンとこない」、「いまいち」と微妙な声も聞かれます。

新元号「令和」

聞いた瞬間とても素敵な元号だなと 感じました☺️✨

元号が変わるまであと1ヶ月、 残された平成の時間も 大切に大切に過ごしていきたいな🍀

おお…新元号が決まった…「令和」…!

全くピンと来ない!

平成の時もそうだったっけかな…

令和って可愛い~~~

名前に付けたい系~~~

新元号、センス×
令和 「令」の字にはいい、立派なという意味がある

「和」には仲良くという意味の他に、調和の取れているという意味がある

いい元号だと思う

令和の表記はRなのかLなのか。

Rだとみんなが言ってるように….笑

Lなのかな~?

ラ行のが来ればいいねと話してたので令和新元号ちょっと嬉しい
元号は令和!

万葉集より 「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」

綺麗で良い元号だね

生まれたばかりの娘がこの和歌に詠まれたような日々を過ごせる時代になりますように

新元号は「令和」か!

慣れるまでしっくり来ないような元号だな…w

新元号 、令和ってなんかいまいち…

新元号 令和 の意味と決定理由は?早くも批判続出!?まとめ

新元号が「令和」に決まりましたね。

「令和」を構成する漢字「令」には“良い”、“立派”という意味が、「和」には“おだやか”、“あたたかい”、“争いがない”といった意味があり、平和で良い時代を迎えられそうな思いがします。

また、歴史上初めて国書「万葉集」に典拠を求めた点も、歴史ある日本文化を次世代に継承する意味でとても良いように思えます。

まだ“馴染み”がないため、中には違和感を抱く方もいると思いますが、それも「平成」の時のように、時間と共に慣れ、愛着もわいてきそうです。

新元号「令和」、穏やかで平和な良い時代になるといいですね。