星稜高校野球部メンバー一覧と出身中学2019!注目選手と監督も紹介

春の選抜高校野球が始まり、優勝候補の星稜高校は同じく優勝候補と噂されていた履正社に3-0と勝利されました!

優勝候補同士の対決ということもあり、白熱した試合で非常に盛り上がりましたね!

勝利した星稜高校は、このまま順当勝ち進むことができるのか楽しみですね!

今回は、星稜高校野球部メンバー一覧と出身中学と星稜高校野球部の監督についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

星稜高校野球部メンバー一覧と出身中学は?


それでは、星稜高校野球部メンバー一覧と出身中学についてご紹介させて頂きます!

下記のものが星稜高校野球部の2019選抜大会登録メンバーの出身中学一覧になっています。

背番号
ポジション
名前 学年 出身中学
1番
投手
奥川 恭伸 3年 石川
かほ宇ノ気中
2番
捕手
山瀬 慎之助 3年 石川
かほ宇ノ気中
3番
内野手
福本 陽生 3年 世田谷
緑丘中
4番
内野手
山本 伊織 3年 川崎
高津中
5番
内野手
知田 爽汰 2年 星稜中出身
6番
内野手
内山 壮真 2年 星稜中出身
7番
外野手
有松 和輝 3年 星稜中出身
8番
外野手
東海林 航介 3年 星稜中出身
9番
外野手
岡田 大響 3年 星稜中出身
10番
控え
寺沢 孝多 3年 星稜中出身
11番
控え
萩原 吟哉 2年 星稜中出身
12番
控え
新保 温己 3年 星稜中出身
13番
控え
大高 正寛 3年 星稜中出身
14番
控え
寺西 成騎 2年 能美
根上中出身
15番
控え
今井 秀輔 2年 金沢
紫錦台中出身
16番
控え
竹村 紘人 3年 金沢
野田中出身
17番
控え
吉本 有佑 3年 星稜中出身
18番
控え
高木 宏望 3年 星稜中出身

16名の選手が石川県内中学の出身選手でしたね!

石川県以外では、東京都が1名、神奈川県が1名と県外中学の出身者は少なめです。

星稜高校は例年、石川県内の中学出身の選手たちでチーム編成をしているようです。

同じ環境下で野球をやっていた選手で編成した方が、チームも纏まり、チーム内の雰囲気も良くなるのかも知れませんね。

星稜高校野球部の注目選手は?


次に、星稜高校野球部の注目選手についてご紹介させて頂きます!

星稜高校野球の注目選手は2人います!

まず1人目は、石川県かほく市宇ノ気中出身の奥川恭伸投手です!

奥川投手は、身長182㎝体重81Kgと恵まれた体格の右投げ右打ちの投手です!

最速150キロの速球とスライダー・チェンジアップ・フォークを武器に投球します。

奥川投手はかほく市宇ノ気中に在学中から活躍していて、第38回全国中学校軟式野球大会では全国制覇を経験しています。

そして、星稜高校では1年春からベンチ入りを果たし、2018春の選抜大会で全国デビューしました。

チームのベスト8入りにも貢献し、2018夏の選手権でも大いに活躍されました!

また、2年生でただ一人U-18日本代表にも選出されています!

その活躍と実力から2019年チームではエースにも選ばれました!

さらに、2018秋季北信越大会と明治神宮大会では7試合を防御率0.00と結果を残しました。

奥川投手は、成長を続ける世代No.1投手で今後の活躍が大変期待される選手なので、要注目です!

2人目は、石川県星稜中出身の2年生内山壮真選手です!

内山選手は、バランスの取れた体格で才能溢れるマルチプレイヤーです!

星稜中学時代からすばらしい実績を誇り、2年と3年時に捕手として2度の日本一に貢献しました!

3年時には、U-15日本代表としてアジア選手権の優勝にも大きく貢献しました。

星稜高では入学直後の1年春よりベンチ入りし、3番遊撃手として2018夏の甲子園でも活躍しました。

走攻守にハイレベルで今後の活躍が大変期待される選手です。

以上の選手が要注目選手なのですが、優勝候補の星稜高校だけあり、選手層も厚いので、他の選手にも注目ですね!

星稜高校野球部の監督は?


それでは次に、星稜高校野球部の監督についてご紹介させて頂きます!

星稜高校野球部の監督は林和成監督です。

林監督の簡単なプロフィールがこちらです。

生年月日/1975年7月23日
出身地/石川県
学歴/星稜高校-日本大学

林監督の高校時代は、遊撃手として一年先輩だった松井秀喜氏と三遊間を組んで活躍していました

日本大の4年時に母校星稜高校からコーチの打診を受け、家業を継ぐかどうかで松井秀喜氏に相談したそうです。

考え抜いた末に母校のコーチとなり、部長を経て、2011年に監督に就任しました。

名門校の監督として重圧もあるでしょうが、強い信念を持ち、常に選手の状態を把握して試合に起用してくることで選手からの信頼も厚いそうです。

そのため、これから先も手腕が大変注目される監督なので、今後の大会が非常に楽しみですね!

星稜高校野球部に対するネットの反応

それでは次に、星稜高校野球部についてネットではどのような反応なのか、ツイッターを元にご紹介させて頂きます!

星稜高校の奥川君ってピッチャー、スライダーキレッキレやし、フォークも落差エグいし久々にこんなピッチャー見たなー。

僕のゴリ推しです。

星稜高校の奥川くん、ストレートもスライダーも抜群にキレがいい。。

さらに変化量の違うフォークを2種類投げている… 恐ろしい

まだちょっとコントロールが怪しいけど、甲子園22奪三振の松井裕樹よりも怪物だと思う!
次の試合見たいな

あぁ…、まだ星稜高校vs履正社の残像が残っています…

(写真は9回裏、履正社の攻撃1アウト1,3塁で4番の井上広大の場面)

特に、奥川恭伸投手が先頭打者の場面で151キロを出した時は甲子園球場がどよめきました。

奥山君本当に良い投手だね。

この初速と終速が落ちないストレートに決め球のスライダーが低めに決まると手が付けられない。

さすが優勝候補だ。

初戦から生観戦出来ました(^。^)

生まれと出身、埼玉県・千葉県が1日目・2日目に登場!

春日部共栄は残念な結果になりましたが…習志野高校にはこのまま頑張ってもらいたい!

プロ注目の石川県代表星稜高校エース、奥川くんの初回から自己MAX151kmは会場全体が盛り上がりました!!

石岡一高よく頑張ったわ。

やっぱり私立は土壇場に強いね。

また石岡一高甲子園でみたい。

公立高の星やな!

星と言えば、石川県の星稜高校。

電車で星稜の選手見るけどみんな姿勢がいいよな(^^)

いや~ またすごい投手がでてきましたね。

星稜高校 奥川投手 平成最後の春の高校野球

優勝候補 履正社からなんと17奪三振 すげ~~

平成の怪物 松坂をこえられるか? ガンバレ!!!

星稜高校初日の試合多いなぁ

土曜だから観られてよかった〜

奥川くんの球えぐい!あれは高校生は打てん!

センバツ、星稜高校の奥川投手は凄いなぁ。

152キロという球速、17奪三振で完封。決して力まず、やや立ち気味の投球フォームは「江川卓」を彷彿させる。

日米15球団のスカウトが注目するのは当然だよ。是非、日本の球団で活躍して欲しい。

はい。

ご覧のようなツイートをされている方がいました。

ツイッター上では、ほとんど優勝候補の履正社相手に奥川投手が152キロの球速で17奪三振と完封されたことをツイートされていました

高校生なのが信じられないほどの急速ですよね。

また、ツイートされている方の出身高が勝ち上がったことをコメントされている方もいました。

そして、そのほとんどの方がその出身高と星稜高校の試合を観たいとツイートされていて、かなり星稜高校の人気が高い印象を受けました。

星稜高校の初戦、同じ優勝候補の履正社を完封勝利されたので、それから星稜高校の人気度がかなり上がったのかも知れませんね。

星稜高校野球部メンバー一覧と出身中学2019!注目選手と監督も紹介まとめ

今回は、星稜高校野球部メンバー一覧と出身中学と星稜高校野球部の監督についてご紹介させて頂きました!

星稜高校の林監督の母校も星稜高校で、松井秀喜氏と共にプレーされていたのは驚きでしたね!

優勝候補の星稜高校は、文字通り優勝を手に入れることができるのか、他の高校が星稜高校の勢いを止めるのか今後の試合が楽しみですね!