東邦高校野球部メンバー一覧2019春の選抜!注目選手や監督も紹介

今年も3月23日から選抜高校野球が開幕します。

32校による熱戦に期待が高まります。

今回は、昨秋の公式戦打率は.386で出場校中トップと、全国屈指の打撃力を誇る東邦高校(愛知)のメンバー、監督を紹介します。

スポンサーリンク

東邦高校野球部メンバー一覧2019と出身中学


東邦高校のベンチ入りメンバーは以下の通りです。

名前 学年 出身中学
石川 昂弥 2年 亀崎中(愛知)
成沢 巧馬 2年 日進中(愛知)
松井 涼太 2年 豊川東部中(愛知)
杉浦 勇介 2年 高浜東中(愛知)
長屋 陸渡 2年 六ツ美中(愛知)
熊田 任洋 2年 長森中(岐阜)
吉納  翼 1年 松原中(愛知)
河合 佑真 2年 三谷中(愛知)
坂上 大誠 2年 千種台中(愛知)
10 植田 結喜 2年 雄踏中(静岡)
11 奥田優太郎 2年 日進西中(愛知)
12 伊東 樹理 2年 陽南中(岐阜)
13 村北 翔哉 2年 みよし北中(愛知)
14 仲間 裕也 1年 金武中(沖縄)
15 山田 航大 1年 一志中(三重)
16 岡田 一晟 2年 豊国中(愛知)
17 水鳥 零士 1年 竜海中(愛知)
18 土屋 大貴 1年 釜戸中(岐阜)

2年生13人、1年生5人の構成、大半が愛知県出身の選手で構成されています。

東邦の注目選手は?


東邦高校の注目選手ですが、まず紹介するのは投打の柱で主将の石川昂弥選手です。

最速143㎞/hの速球を武器にエースとして活躍する一方、森田泰弘監督が「サードで使いたい」と言うように、野手としての能力も評価されている二刀流の選手です。

野手としては通算本塁打39本とパワーを誇る一方で、広角に打つ技術も兼ね備え、盗塁もできるという、高いレベルでバランスの取れた選手です。

ショートの熊田任洋選手は、50m5秒9の俊足が武器で、遠投100mの強肩を生かした守備も秀逸、守備範囲も広く1年夏からベンチ入りしていました。

打撃でも左右に打ち分ける技術があり、ホームランも通算15本と長打も持っている万能選手です。

森田監督は熊田選手について、東邦高校からプロ野球横浜ベイスターズに入団した関根大気選手を超える逸材であると言及しています。

東邦高校の強みは強力打線ですが、その強力打線が奪った点を守るのが、先述の石川選手と、植田結喜選手奥田優太郎選手の投手陣。

植田選手左腕から最速143㎞/hの速球を投げ込み、スライダーとのコンビネーションで三振が奪える投手です。

場合によっては石川選手がサードに回り、植田選手が先発するケースもありそうです。

奥田選手サイドから140km/hを越える速球を投げ込むほか、変化球も多彩で、こちらも先発する能力があります

また、センターの河合佑真選手俊足強肩で、東邦高校の外野陣を引き締めています。

東邦の監督は?

東邦高校の監督森田泰弘監督です。

森田監督は愛知県生まれの59歳、愛知県生まれで東邦高校のOBでもあります。

自身は1977年の夏に主将として甲子園に出場、決勝で東洋大姫路に敗れたものの、4番サードとして準優勝に貢献しました

東邦高校卒業後は、駒澤大学、本田技研鈴鹿でプレイを続けました。

本田技研鈴鹿時代に、当時東邦高校の監督であった阪口慶三氏から母校のコーチ就任の誘いを受け、1984年にコーチ就任

20年コーチを務めた後、阪口氏の後を受けて2004年に監督に就任しました

監督に就任後も甲子園の常連として何度も出場を果たし、中日の藤嶋健人選手など、プロ野球選手も輩出しています

指導法は、選手の判断力を重視しているとのことで、自主性を大事にしているようです。

また、選手からの人望も厚く、卒業生との交流も深いそうです。

東邦高校野球部メンバー一覧2019春の選抜!注目選手や監督も紹介まとめ

今回は東邦高校を紹介しました。

平成最初のセンバツ(1989年)で優勝したのは、山田喜久夫選手を擁した東邦高校でした。

平成最初と平成最後のセンバツで優勝することを目標に、気合が高まっている東邦高校です。

どこからでも点を取れる強力打線が武器で、投手陣がどれだけ抑えられるかが焦点になると思います。

初戦の相手は富岡西(徳島)、どのような戦いをするか注目です。