札幌大谷野球部メンバー一覧2019春の選抜!注目選手や監督も紹介

今年もついに3月23日から選抜高校野球が開幕します。

今回大会は、チーム力の高い高校が全国に散らばっており、優勝争いが読めない大会になりそうで、序盤から熱戦が期待されます。

群雄割拠の今年の大会ですが、プレ大会と言っていい昨秋の神宮大会を制したのは、北海道の札幌大谷高校でした。

今回は、神宮大会からの連覇を目指す札幌大谷のメンバー、戦力を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

札幌大谷のメンバー一覧と出身中学


札幌大谷のメンバーは以下の通りです。

名前 学年 出身中学
西原 健太 2年 札幌大谷中
(北海道)
飯田 柊哉 2年 札幌大谷中
(北海道)
清水 悠我 2年 札幌大谷中
(北海道)
釜萢 大司 2年 札幌大谷中
(北海道)
佐藤 颯馬 1年 函館尾札部中
(北海道)
北本壮一朗 2年 札幌大谷中
(北海道)
中川 征典 2年 札幌平岡緑中
(北海道)
石鳥  亮 2年 札幌大谷中
(北海道)
佐野翔騎郎 1年 札幌日章中
(北海道)
10 小関慎之助 1年 札幌北栄中
(北海道)
11 山口  竜 2年 札幌大谷中
(北海道)
12 中川  諒 1年 北広島大曲中
(北海道)
13 青山 弥稜 2年 札幌大谷中
(北海道)
14 津崎 愛斗 1年 小樽長橋中
(北海道)
15 田口 恭大 2年 札幌大谷中
(北海道)
16 将田 勝基 2年 札幌大谷中
(北海道)
17 太田 流星 2年 札幌大谷中
(北海道)
18 阿部 剣友 1年 北斗大野中
(北海道)

全員北海道出身の選手になっています。

また、高校と併設の札幌大谷中(札幌大谷シニア)出身の選手が非常に多いですね。

このあたりも、チームワークという形で実力になっているのでしょうか。

札幌大谷の注目選手は?


札幌大谷の注目選手、まずは背番号1を背負う西原健太選手を紹介します。

西原選手は184cmの長身から投げ下ろす速球に威力がありますが、速球だけに頼るのではなく、投球術という点で非常に優れており、神宮大会の決勝では、優勝候補の星稜相手に1安打完投で優勝を決めています。

また西原選手は打っても4番で打線を牽引し、他の投手が投げるときはファーストで守備に入っています

札幌大谷の投手は西原選手だけではありません。サイドハンドの太田流星選手が先発し、途中から西原選手が登板するという継投パターンも持っています。

太田選手はサイドハンドから多彩な変化球を制球良く投げ込む投手で、緩い球を使って打たせて取る投球が持ち味

神宮大会準決勝の筑陽学園戦では、8回までノーヒットピッチングを見せました。

また、阿部剣友選手長身の投手で、荒削りながらも急成長中で、今後の飛躍が楽しみな選手です。

打者の方では、北本壮一朗選手と石鳥亮選手に注目です。

北本選手は1番ショート

50m6.1秒の俊足と巧打力で塁上を賑わすリードオフマンですが、長打力や勝負強さも持っており、神宮大会の決勝戦では逆転の2点タイムリーヒットを放ち、優勝に貢献しました。

石鳥選手センターを守り主に5番を打ちますが、西原選手の負担軽減のため4番を打つこともあるかもしれません。

石鳥選手の魅力はフルスイングからの長打力

3月20日の近江高校との練習試合では、去年甲子園を沸かせたプロ注目の左腕・林優樹選手からソロホームランを放っており、調子も良さそうです。

札幌大谷の監督は?

札幌大谷の監督船尾隆広監督です。

1971年生まれの47歳、北海道松前町出身です。

函館有斗高校時代には、故盛田幸妃選手らと共に甲子園出場しており、盛田選手卒業後の1988年春にも出場しています。

函館有斗高校卒業後は新日鉄室蘭、NTT北海道で野球を続け、都市対抗大会でも活躍し、インターコンチネンタルカップ日本代表にも選ばれたほどの実績を残しました。

ただ、怪我に泣いたこともありプロ野球には縁がありませんでした。

札幌大谷には2012年に職員として赴任し、2014年から監督として指揮に当たっています。

神宮大会優勝という実績を残して臨む甲子園、どのような采配が見られるか期待です。

なお、お笑いコンビ・タカアンドトシのトシさんはいとこだそうです。

札幌大谷メンバー一覧2019春の選抜!注目選手や監督も紹介まとめ

今回は神宮大会を制した札幌大谷高校を見てきました。

神宮大会から一冬越えてどのチームもパワーアップしてきますから、神宮大会優勝と言っても、上位進出が約束されているわけではありません。

しかし投手力を中心に、非常にレベルの高いチームである事は間違いなく、期待は高まります。

秋春連覇を目指す札幌大谷の戦いぶりに注目です。