春のセンバツ2019優勝候補はどこ?注目選手も紹介!?

春の選抜高校野球がついに始まりました!

日程は、3月23日土曜日からの12日間に渡って行われ、決勝戦は4月3日の予定になっています。

イチロー選手の引退発表ということもあり、それに影響されて高校野球にも注目されている方も多いのではないでしょうか?

今回は、春の選抜高校野球2019の優勝候補はどこなのかと注目選手についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

春の選抜2019の優勝候補は?


それでは、春の選抜2019の優勝候補についてご紹介させて頂きます。

まず、春の選抜2019に出場する高校がこちらになっています。

・北海道
札幌大谷(北海道)/初出場
札幌第一(北海道)/2年ぶり3回目
・東北
八戸学院光星(青森)/3年ぶり10回目
盛岡大付(岩手)/2年ぶり5回目
・関東
桐蔭学園(神奈川)/16年ぶり6回目
春日部共栄(埼玉)/22年ぶり3回目
山梨学院(山梨)/5年ぶり3回目
習志野(千葉)/10年ぶり4回目
横浜(神奈川)/5年ぶり16回目
・東京
国士舘(東京)/10年ぶり9回目
・東海
東邦(愛知)/2年連続30回目
津田学園(三重)/17年ぶり3回目
・北信越
星稜(石川)/2年連続13回目
啓新(福井)/初出場
・近畿
龍谷大平安(京都)/3年ぶり41回目
明石商(兵庫)/3年ぶり2回目
履正社(大阪)/2年ぶり8回目
智弁和歌山(和歌山)/2年連続13回目
福知山成美(京都)/5年ぶり3回目
市和歌山(和歌山)/3年ぶり6回目
・中国
広陵(広島)/6年ぶり24回目
米子東(鳥取)/つう23年ぶり9回目
呉(広島)/2年ぶり2回目
・四国
高松商(香川)/3年ぶり27回目
松山聖陵(愛媛)/2年連続2回目
・九州
筑陽学園(福岡)/初出場
明豊(大分)/10年ぶり3回目
大分(大分)/初出場
日章学園(宮崎)/初出場
・21世紀枠
石岡一(茨城)/初出場
富岡西(徳島)/初出場
熊本西(熊本)/初出場

ちなみに21世紀枠とは、各都道府県秋季大会で8強、加盟校が多い地区は16強入りした学校を対象に、マナーの模範、文武両道などを評価する出場枠です。

2001年の第73回大会から採り入れられ、今大会では茨城県、徳島県、熊本県から選ばれていますね!

優勝候補の最注目チームの一つ星稜高校と言われていて、奥川、山瀬バッテリーに加え、内山ら1年生逸材が揃っています。

他にも明治神宮大会で旋風を巻き起こし、初優勝した札幌大谷も注目されていますね。

特にサブマリン太田、エース西原は今大会でも何を起こすのかわかりませんので、要注目ですね!

また、激戦の近畿地区を勝ち抜いた龍谷大平安明石商業履正社もタレント揃いなので、優勝候補筆頭といわれています。

出場32校の主将によるキャプテントークでの優勝候補投票結果では、下記のような結果になりました。

1位、17票星稜
2位、5票どこかわらかない
3位、2票智辯和歌山
4位、1票札幌大谷
5位、1票星稜か自チーム※1
6位、6票自チーム※2
※1、大分
※2、盛岡大付属、星稜、東邦、龍谷大平安、明石商業、広陵

ご覧のように星稜高校が圧倒的に優勝候補投票結果に選ばれていました!

17票と圧倒的な投票結果でしたが、実際にはどのような内容になるかわかりませんので、試合が楽しみですね!

スポンサーリンク

春の選抜2019の注目選手は?

次に、春の選抜2019の注目選手を地域別にしてご紹介させて頂きます!

北海道勢からは、札幌大谷高校の初出場初優勝した明治神宮大会でノーヒットノーランの目前までいったサブマリンの太田流星選手と本格派右腕のエース西原健太選手に注目です。

東北勢では、八戸学院光星の武岡龍世選手です。

走攻守にセンス溢れ、坂本2世との異名もありますので、大注目の選手ですね。

東海勢での注目選手は、星稜高校の新2年生3人です。

遊撃手で4番の内山壮真選手とともに星稜中学で全国制覇を果たした萩原吟哉選手、夏の甲子園マウンドを経験した寺西成騎選手の活躍に目が離せませんね。

同じく東海勢で、東邦のエースで主将の二刀流・石川昂弥も楽しみな選手ですよね。

津田学園の前佑囲斗選手は最速148キロを誇るプロ注目エースです。

関東勢では、桐蔭学園の森敬斗選手は関東大会で逆転サヨナラ満塁弾を放つ活躍もありましたので、今大会でも楽しみですね!

春日部共栄のエース村田賢一選手は、関東大会準優勝という成果をあげたチームの大黒柱と言われています。

同じ関東勢の横浜高校も最速153キロの左腕エース及川雅貴選手と1年生ながら18夏の甲子園で活躍した度会隆輝選手らにも注目ですね。

また、山梨学院にはプロ注目の山梨のデスパイネこと野村健太選手、習志野高校のエース飯塚脩人選手がいますので、活躍に期待したいですね。

近畿勢では、智弁和歌山で数々の劇的逆転打を放ってきた主将黒川史陽選手と副主将で捕手の東妻純平選手、新2年の細川凌平選手に目が離せません。

同じく近畿勢の明石商業エース、中森俊介選手と1年春から不動の先頭打者を任される来田涼斗選手の新2年生2人に注目です!

また、近畿勢の履正社にも注目選手がいます。

履正社は、18夏の北大阪大会で大阪桐蔭相手に9回2死走者なしまで追い込むも逆転負けしてしまいましたが、実力はかなりのものがあります。

そのチームを率いる野口海音選手が新主将としてチームを引っ張っています。

主軸を任される小深田大地選手やエース左腕の清水大成選手など戦力が充実し、4番は井上広大選手は秋の公式戦では3本塁打のスラッガーで大注目のチームです!

四国勢では、高松商業のエース香川卓磨選手と2枚看板の右腕、中塚公晴選手にも期待したいですね!

九州勢では、築陽学園の福岡大真選手は勝負強い打撃が魅力的です。

福岡大真選手の父は94年夏の甲子園で準優勝を果たした樟南高校のエース福岡真一郎氏ですので、その血を引いて大真選手の活躍に期待ですね!

同じく筑陽学園の西舘昂汰選手は187センチ・最速145キロを誇る右腕を持っているので目が離せません。

以上の選手が注目選手となっています。

しかし、注目選手以外にも期待したい選手は多数いますので、他の選手に注目したいですね!

スポンサーリンク

春の選抜2019の優勝候補に対するネットの反応

それでは次に、春の選抜2019の優勝候補について、ネットではどのような反応なのか、ツイッターを元にしてご紹介させて頂きます!

初日から履正社vs星稜!?熱いセンバツの幕開けになりそうですね!
今日から甲子園春の選抜
初日から星稜-履正社と好カード
優勝予想は
◉ 横浜
▲ 明石商の活躍と△ 桐蔭学園
横浜-桐蔭学園の一昨年の大阪対決的な
神奈川県対決の決勝戦になると予想する!
イチロー 選手、ついにというか
やはりというか、引退ですな。
野球界のレジェンドがまた一人
現場を去ってゆく・・・感慨深いです。
そして、その裏でひっそりと始まる
春の選抜甲子園!がんばれ球児!
ガッツィート!
もう少しで春の選抜開会式が始まりますが、高校球児の皆さん指導者の皆さん又高野連の皆さん、審判員の皆さんイチローの言葉では無いですが「後悔などあろうハズがない」と言えるように頑張って下さい「えっ俺なんか面白いこと言ってます(笑)」
球児の皆さんケガのないように思いっきりプレーを
3月23日、第91回選抜高校野球大会が幕を開ける。出場32校中、注目すべき存在の1つが明石商業だ。公立校でありながら県大会4季連続優勝中と、強豪私学が揃う兵庫県で敵なしの強さを誇る。昨秋の近畿大会準決勝では、智辯和歌山に12対0で圧勝。私学に反骨心を燃やし、この春全国制覇を虎視眈々と狙う。
昨日は早々に寝落ち
開幕投手(予定)の大瀬良がNicepitch♪四番の誠也がホームラン♪だったようで…
イチローが国民栄誉賞受賞するそうで…当然でしょうね(*´・ω-)b
春の選抜高校野球も今日から開幕♪
春日部共栄頑張れ~♪
皆さん週末もご安全に~♪(*´ω`*)
春の選抜今日やん笑
今年も応援するのは智弁かなぁ…
でも東北勢には是非いい所行って欲しい
今日から春の選抜高校野球!
履正社頑張れー(o^-^)尸
春も夏も何故か前評判だけは高い横浜高校…出るたびに優勝候補と言われ、気づくとあっさり敗退しているのに強豪のイメージで過大評価されるある意味で可哀想なチーム。今回の選抜も高野連の謎基準でなんとか出場できたレベルなのに優勝候補に祭り上げられて本当に可哀想だけど頑張って欲しい(T_T)
明日から春の選抜大会だー!
今年も四国代表を応援するよー
今回は松山聖陵と高松商業と富岡西 の3校、富岡西は21世紀枠だそうです。
明日早速高松商業の試合だーーー

はい。
ご覧のようなコメントをされている方がいました!

ツイートされている方々が応援されている高校は、やはり同じ地域の高校でした!

同じ地域にある高校は自分の母校でも応援したくなりますよね!

また、初日から星稜対履正社の試合ということから好カード!と注目されている方も多数いました!

どちらの高校も今大会の優勝候補と言われている学校ですので、どのような試合になるのか楽しみですね!

他にも平成最後の春の選抜とツイートされている方もいました。

平成最後の春の選抜ですので、どの高校が優勝をものにするのか楽しみですね!

スポンサーリンク

春のセンバツ2019優勝候補はどこ?注目選手も紹介まとめ

今回は、春の選抜高校野球2019の優勝候補はどこなのかと注目選手についてご紹介させて頂きました!

ネット上では、履正社を応援されている方が多く、優勝候補としては星稜高校が一番有力とされていましたね!

平成最後の大会でどの高校が優勝するのか非常に楽しみです!