筑陽学園高等学校野球部メンバー一覧2019!注目選手や監督も紹介

今年も3月23日から選抜高校野球が開幕します。

32校による熱戦に期待が高まります。

今回は、昨秋の九州大会を制し、神宮大会でもベスト4入りした筑陽学園(福岡)のメンバー、監督を紹介します

初の神宮の舞台で躍動し、春こそはと意気上がる筑陽学園とは、どのようなチームなのでしょうか。

>>春の選抜2019出場校一覧はコチラから!

スポンサーリンク

筑陽学園野球部メンバー一覧2019春の選抜


筑陽学園のメンバーは以下のようになっています。

名前 学年 出身
西  雄大 2年 田主丸中(福岡)
進藤 勇也 2年 内浜中(福岡)
弥富 紘介 2年 金武中(福岡)
江原 佑哉 2年 福岡城南中(福岡)
福島 悠介 2年 筑陽学園中(福岡)
中村 敢晴 1年 大在中(大分)
野田 優人 2年 元岡中(福岡)
石川 湧喜 2年 田原中(福岡)
福岡 大真 2年 基里中(佐賀)
10 西舘 昂汰 2年 筑紫野中(福岡)
11 菅井 一輝 2年 太宰府東中(福岡)
12 松波 律樹 1年 粕屋中(福岡)
13 中上翔一朗 2年 多々良中央中(福岡)
14 小川 将信 1年 三国中(福岡)
15 比嘉  翼 2年 あげな中(沖縄)
16 中山 颯太 1年 高生中(福岡)
17 西村 和葵 1年 当仁中(福岡)
18 尼ヶ崎裕大 2年 花畑中(福岡)

大半が福岡出身の選手で、佐賀1名、大分1名、沖縄1名と、全員九州出身の選手で占められています。

スポンサーリンク

筑陽学園の注目選手は?

筑陽学園の注目選手は、投手は三枚看板の西雄大選手、菅井一輝選手、西舘昂汰選手打者では福岡大真選手と中村敢晴選手です。

投手の三枚看板はいずれもレベルが高く、タイプが異なるため、継投で来られると相手チームにとっては非常に嫌な展開になりそうです。

西選手は、直球のスピードは130km/h前後とそれほど速くはありませんが、スライダー、チェンジアップといった切れのある変化球中心に打たせて取るタイプの投手で、術中にはまると怖いタイプです。

菅井選手はダイナミックな腕の振りから繰り出される速球と、こちらも切れのある変化球を投げ込む左腕です。

そして、昨秋の九州大会で頭角を現したのが西舘選手。

最速145km/hの速球を武器に九州大会では全4試合に登板し、興南(沖縄)戦では延長13回を完封しました。

速球だけでなく多彩な変化球も操り、制球難を克服したことで一躍エース候補となった西舘選手のピッチングに注目です。

打者の注目選手にあげた福岡大真選手ですが、父親は1994年に樟南高校(鹿児島)のエースとして甲子園準優勝に導いた福岡真一郎さんです。

現在チームのトレーニングコーチとして活動する父の指導を受けパワーアップし、昨秋の神宮大会の桐蔭学園(神奈川)戦では、ホームランを含む3安打と活躍しました。

また、ショートの中村敢晴選手の父は、1992年に夏の甲子園を制した西日本短大付(福岡)の主将だった中村寿博さん。

去年の夏も1年生ながらレギュラーとして南福岡大会に出場し、タイムリーヒットを打つなど、その実力も実証済みです。

二人の「二世選手」に注目です。

スポンサーリンク

筑陽学園の監督は?


筑陽学園の監督は、江口祐司監督です。

江口監督は福岡県立久留米高校から日本体育大学に進み、その後西日本短大付のコーチを務めています

このコーチ時代に、先述の中村寿博選手や、森尾和貴選手などを擁して全国制覇を達成しています。

その後、城北(熊本)の監督に就任し、1995年には春夏連続で甲子園に出場しています。

城北高校での甲子園出場直後から筑陽学園の監督に就任、広島カープの長野久義選手を輩出するなどしています。

また、チームとしては、2003年夏の甲子園に出場、ダルビッシュ有選手擁する東北高校に敗れています。

筑陽学園高等学校野球部メンバー一覧2019!注目選手や監督も紹介まとめ

今回は筑陽学園を紹介してきました。

九州大会優勝、神宮大会ベスト4で、負けた試合も僅差でしたので、今回優勝を狙える世力は十分にあると言っていいでしょう。

また、福岡選手、中村選手といった、懐かしい選手の子供が、これだけ活躍するようになったというのは感慨深いものがありますよね。

いろいろと見どころの多い筑陽学園に注目です。

>>春の選抜2019出場校一覧はコチラから!