春の選抜高校野球代表校まとめ!2019全代表校を紹介!

2019年もまもなく球春到来です。

春の選抜高校野球3月23日から甲子園球場で行われます

大会に向けて対外試合も解禁され、各校の調整も本格化してきました。

今回は春の選抜の代表校について、各校の見どころをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

春の選抜高校野球代表校一覧


今回の出場校は以下の32校です。

各校ごとに紹介していきます。

札幌大谷(北海道)
初出場。
西原健太選手と太田流星選手の二枚看板と、繋ぐ打撃からの得点力で、昨秋の明治神宮大会を制しました。札幌第一(北海道)

2年ぶり3回目。
4番の村田凜選手を中心とした打撃力を武器に、全道大会4試合で36点を叩き出しました。

八戸学院光星(青森)

3年ぶり10回目。
厚い投手陣と、1年時からベンチ入りしている3番ショートの武岡龍世選手を中心とした攻撃で、全国屈指の実力を誇ります。

盛岡大付(岩手)

2年ぶり5回目。
制球が良い安部秀俊選手など、タイプの違う層の厚い投手陣と、東北大会4試合28点の強打を誇ります。

桐蔭学園(神奈川)

16年ぶり6回目。
好守の要となる森敬斗選手を中心とした、守りを重視したチームですが、しぶとい打撃にも注目です。

春日部共栄(埼玉)

22年ぶり3回目。
4番でエースの村田賢一選手に注目です。
その前後を打つ打者の活躍が鍵になりそうです。

山梨学院(山梨)

5年ぶり3回目。
4番の野村健太選手を中心とした上位打線は驚異。
タイプの違う多数の投手で、どんな試合にも対応します。

習志野(千葉)
10年ぶり4回目。
最速145km/hの飯塚修人選手を中心に、継投で勝ち抜きます。
俊足巧打の根元翔吾選手が野手を引っ張ります。

横浜(神奈川)
5年ぶり16回目。
何と言っても153km/hを誇る左腕、及川雅貴選手に注目です。
昨秋の関東地区大会では敗退しましたが、実力はあります。

国士舘(東京)
10年ぶり9回目。
多彩な変化球で的を絞らせない白須仁久選手の投球が見物です。
打線もどこからでも点が取れます。

東邦(愛知)
2年連続30回目。
二刀流の選手として、144km/hの速球と高校通算35本塁打を併せ持つ石川昂弥選手が注目されますが、チーム打率・474が示すとおり、驚異の打線を誇ります。

津田学園(三重)
17年ぶり3回目。
プロ注目の前佑囲斗選手の投球と、切れ目のない打線が持ち味です。

星稜(石川)
2年連続13回目。
驚異の防御率0.60を誇る奥川恭伸選手の投球が注目。
打線がどれだけ機能するかで、優勝も見えてきます。

啓新(福井)
初出場。
継投で勝ち進んできたチーム、リリーフの浦松巧選手の投球が鍵を握ります。

龍谷大平安(京都)
3年ぶり41回目。
突出した選手はいないものの、全体的な打線の破壊力は脅威です。
京都3位から近畿を制した成長力にも期待です。

明石商(兵庫)
3年ぶり2回目。
昨夏の甲子園出場メンバーが8人残った今回のチーム、最速145km/hを誇る中森俊介選手を中心に、チーム力は高いです。

履正社(大阪)
2年ぶり8回目。
プロ注目の左腕、清水大成選手や、井上広大選手など、今年もタレント揃いで、優勝を狙います。

智辯和歌山(和歌山)
2年連続13回目。
攻撃力は全国でも屈指。
西川晋太郎選手、黒川史陽選手、東妻純平選手と、強打者が揃います。
黒川選手の脚と守備にも注目です。

福知山成美(京都)
5年ぶり3回目。
エースの小橋翔大選手は打たせて取るピッチングが持ち味。
2番を打つことが多い人知憲蔵選手の、1年生離れしたパワーも見物です。

市和歌山(和歌山)
3年ぶり6回目。
去年からレギュラーを張っていた緒方隆之介選手が攻守でチームを引っ張ります。

広陵(広島)
6年ぶり24回目。
選抜3度の優勝を誇る広陵。
左右の両エース、河野佳選手と石原勇輝選手を中心に、完成度の高いチームになっています。

米子東(鳥取)
23年ぶり9回目。
部員16人で中国大会準優勝。
4番の福島悠高選手を筆頭に打てる選手が集まりました。

市呉(広島)
2年ぶり2回目。
トップバッター塩田開都選手は打率・475越え。
チャンスを確実に活かす攻撃で勝利を掴みます。

高松商(香川)
3年ぶり27回目。
サウスポーの香川卓摩選手は、小柄ながら打力も評価されています。
中塚公晴選手とのダブルエースと、切れ目のない打線で上位を狙います。

松山聖陵(愛媛)
2年連続2回目。
根本大蓮選手、1年の平安山陽選手など、厚みのある投手陣が特徴ですが、打線もパワーがあります。

筑陽学園(福岡)
初出場。
最速144km/hを誇る西舘昴汰選手など、投打に好選手が目白押しの上位候補です。

明豊(大分)
10年ぶり3回目。
若杉晟汰選手と大畑蓮選手のダブルエースが強力で、守りからゲームを作っていきます。

大分(大分)
初出場。
エースの長尾凌我選手はコントロールが持ち味。
守備と機動力で試合を作っていきます。

日章学園(宮崎)
初出場。
4番で主将の平野大和選手を初めとした上位打線は強力で、得点力には自信を持っています。

石岡一(茨城)
初出場。
ドラフト候補にもなっている岩本大地選手のピッチングに注目が集まります。

富岡西(徳島)
初出場。
エースで4番の浮橋幸太選手が投打の中心。
前後を打つ打者が鍵を握ります。

熊本西(熊本)
初出場。
エースで主将の霜上幸太郎選手が大黒柱です。
悲しい事故を乗り越え、甲子園1勝を目指します。

ネットの反応

開幕を目前に控え、楽しみが増してきた選抜高校野球ですが、ネットの反応はどうでしょうか。

センバツでここまでワクワクするのは何年ぶりだろうw
プロ野球が開幕し、センバツ高校野球が始まり、春のGⅠ戦線がスタートし、スポーツの春が到来する。

楽しみ。

センバツって夏よりレベル高いからかなり厳しい
そんなこんなで今年ももうセンバツの季節よ!!!!

明後日抽選会だって、頑張れー高校球児ー うちの県は出てないけど、東北勢応援するね

ふれっふれっ

明石商の中森くん、来田くんの投打の要となる二人は一年の春から試合に出場し存在感あるプレーを見せてくれています。

夏の甲子園を経験して ひとまわり成長した姿をセンバツで見せてくれることでしょう。

五季連続甲子園出場をやってくれそうな予感です。

それほど明石商は県内で強いと思っています。

はよセンバツ見に行きたいーー

開幕はよーーー

センバツは智弁和歌山が優勝すると思います。
今年もセンバツ観に行きたいなー。
開幕を待ち焦がれる声、大会展望をする声が多く聞かれました。

春の選抜高校野球代表校まとめ!2019全代表校を紹介!のまとめ

ネットの声にもありましたが、春の選抜大会を皮切りに、いろいろなスポーツイベント始まって、春の到来を感じさせます。

その分、春の選抜大会はみんな待ち焦がれる存在になり得るのでしょう。

今年の大会は全体的に実力差が少なく、優勝候補としてたくさんの学校が挙げられる群雄割拠の大会になっているので、毎試合見逃せない試合になると思います。

また、最後の大会から一冬越えているので、その間にどれだけ成長しているかも見どころです。

全力プレイで見応えのある熱戦を期待したいと思います。