ジダン監督の評価や年俸は?戦術と実績を紹介

スペインのレアル・マドリードが11日にサンティアゴ・ソラーリ監督を解任し、昨季まで指揮を執っていたジネディーヌ・ジダン氏の監督就任を正式発表しました!

前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を置き土産に辞任してクラブを去ったことで、一躍、名監督として知られました!

わずか10カ月でのスピード復帰を果たしたジダン監督ですが、今後レアル・マドリードがどのようなチームになるのか非常に楽しみですね!

今回はジダン監督の評価や年俸とジダン監督の戦術と実績についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ジダン監督の評価と年俸は?

https://twitter.com/realmadridjapan/status/1105786502011863040
それでは、ジダン監督評価と年俸についてご紹介させて頂きます!

まずは、ジダン監督に対しての評価についてご紹介します。

ジダン監督は、一昨シーズンと昨シーズンは、監督としてCL史上初の連覇を達成し、カルロ・アンチェロッティ監督時代にアシスタントコーチとして制覇した分も含めれば、通算4度もビッグイヤーを獲得した計算になります

選手としても監督としても輝かしいキャリアを歩み続けているジダン監督を絶賛しているのが、現在会長付アドバイザーを務めるアマンシオ・アマロ氏です。

ジダンが果たしている貢献度の高さは、レジェンドと評価されるOBたちに匹敵するものだ。

数字を見れば、それは明らかだ。

ジダンの成功は、彼を監督に抜擢したフロレンティーノの大きな功績でもある。

アマンシオ・アマロ

ジダン監督に関して特筆しなければならないことは、ジダンがトップチーム監督に就任した2015年1月、マドリーには強烈な逆風が吹き荒れていたことです。

アンチェロッティ監督時代2年目の14-15シーズンが無冠に終わったため、クラブは2015年夏にラファエル・ベニテス監督への指揮官交代を決断しました。

しかし、指揮官交代してから4か月を経てもチームは低迷を続けるばかりで、それまで何も批判されていなかったペレス会長の周辺にも批判の声が飛び交うようになりました。

そんなマドリードが混迷の中、ベニテスの後釜に抜擢されたのが、当時はマドリーBを率いていたジダン監督です。

そして、結果的にジダン監督がレアル・マドリードに就任されてから2年で8つのタイトルを獲得し、監督としても周囲から称賛されるようになりました

当時、レアル・マドリードを現役で共にプレーをされていたキャプテン兼ディフェンスリーダーのフェルナンド・イエロはこのように評価しています。

よく大げさなジェスチャーを見せる監督がいる。

あれは周囲に自分の存在をアピールしている部分もあるんだ。

でも、ジダンにはそんな必要性が全くない。

もちろん選手時代の威光だけで、マドリーの監督を務めているわけではない。

ジダンが偉大な監督だという事実が全ての前提としてある。

また、同じくジダン監督が現役時代に共にプレーされていたGKのセサル・サンチェスはこのようにコメントしています。

ジダンが持っている威光は選手時代に培ったものだけではない。

監督を経験する中で威光、すなわち求心力が確実に高まっている。

記者会見で口にする一つひとつの発言、良好な雰囲気作り、好不調時に応じて講じる適切なチームマネジメント、積極的なローテーション制の導入、選手たちのモチベーションの喚起、そうした様々な場面の中で数々の決断を下すことで自らがチームの設計者であることを周囲に認めさせていったんだ。

ジダンは監督としてもマドリーの歴史を作り続けている。

フェルナンド・イエロとセサル・サンチェス2人が共通して、評価しているのは、ジダン監督のマネジメント能力です。

ジダン監督は、選手時代でもそうでしたが、決して社交的ではなく、どちらかといえば内向的な選手なようでそれは監督になった今でも変わらないみたいです。

それは、レアルのトップチームへ監督就任を懸念されていたことでもあります。

しかし、ジダン監督を身近に知っている選手にはその心配はなかったようですね。

それ以上にジダンが話す言葉の一つひとつには強いメッセージ性と重みがあり、その事に関しては、イエロとセサル2人共が評価しています。

そして、何よりジダン監督を称賛する方々が口を揃えるのは、レアル・マドリードとのマッチングの良さに関してです。

世界最強クラブには強烈に自らを誇示するリーダーシップ型よりも、選手たちとの対話やチームの雰囲気作りを重視する調整型ほうがクラブのフィロソフィーにマッチする。

現在レアル・マドリードのクラブ内では、イスコ退団やセルヒオ・ラモスとペレス会長の衝突など様々な混乱があります。

ジダン監督が就任されこの混乱がどのようにまとまるのか、これからが非常に楽しみですね!

次にジダン監督の年俸はいくらになるのかご紹介します。

ジダン監督の年俸に関して英メディア「チームトーク」がこのように報じています。

年俸は1275万ポンド(約18億8000万円)で、契約期間は2022年6月30日まで

18億はすごい額ですよね!

それだけジダン監督か期待されているという事なので、波乱のレアル・マドリードではありますが、良い結果を期待したいですね!

スポンサーリンク

ジダン監督の戦術と実績は


それでは次に、ジダン監督の戦術と実績についてご紹介します!

まずはジダン監督の戦術についてです。

ジダン監督の戦術に関しての凄みは、戦術の多さです。

その事がよくわかる試合は、2016年11月に行われたアトレティコ・マドリー戦でのジダン監督が魅せたシステムチェンジです。

アトレティコ・マドリーを率いるシメオネ監督は試合前、レアル・マドリーが古典的な4−3−3のフォーメーションを採用すると予測していました。

しかし、ジダン監督はその裏をかき、4−4−2のフォーメーションでアトレティコ・マドリードを完璧に封じ込めました。

この時の試合でジダン監督が重要視していたことが2つあります。

一つはアトレティコにいかなる攻撃の糸口も与えないこと(特にファンフランとフィリペ・ルイスがプレーする両サイド)

もう一つはイスコに自由を与え、ピッチ上でプレーを魅せることでした。

サイドからの攻撃に注意していたレアルは、ガレス・ベイルとルカス・バスケスがサイドを制圧し、中盤に配置されたマテオ・コバチッチとルカ・モドリッチがピッチを上下に何キロも走り回りました。

そして、CFとして前線に張り付いていたクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを決め、イスコもピッチ上で輝きを見せました。

後半に入ってもアトレティコ・マドリーに反撃を許さなかったジダン監督は再び柔軟さを発揮し、フォーメーションを変化させます

まずは、フォーメーションを4−1−4−1に変え、怪我で欠場していたトニ・クロースの代わりにコバチッチにカゼミロの役割を担わせました。

その前でプレーするモドリッチとイスコがチームにさらなるバランスを与え、両サイドは引き続きベイルとルカス・バスケスが務める事になります。

中盤にほぼ5人の選手を配置することで、アトレティコの反撃の芽を摘むことに成功しました。

しかし、ジダン監督の戦術はそれだけでは終わらず、イスコに代えてカリム・ベンゼマを投入し、今度はフォーメーションを4−3−3に変更させ、完膚なきまでアトレティコに攻撃をさせることはありませんでした。

一試合の中で3種類のフォーメーションを自在に使い分けたレアル・マドリーは、本当に凄みがありましたね。

ジダン監督はこの試合で監督として多くのオプションを有していることを証明しました

4−4−2、4−3−3、4−2−3−1、4−1−4−1、そして3−5−2と、実質ほぼすべてのシステムを知り尽くしているので、これを1試合で変化させたら相手チームの監督もお手上げですよね。

次に監督としての実績について、ご紹介します。

レアル・マドリードの公式HPによると、ジダン監督は在任中の約2年5カ月で計9個のタイトルを獲得とあります。

CL3回、リーガ・エスパニョーラ1回、さらにFIFAクラブワールドカップを2回、UEFAスーパーカップを2回、スペイン・スーパーカップを1回制しています。

またジダン監督は、指揮官就任から最初の70試合でクラブ史上最高の成績(51勝14分け5敗)を記録しました

スペインサッカー界の記録を更新する73試合連続得点、40試合連続無敗も達成し、指揮を執った公式戦は通算149試合で、勝率は約69.8パーセント(104勝)だったそうです。

選手でもすごい実績がありますが、監督としてもすごい実績ですよね。

ジダン監督が就任したらどのようにチームがまとまるのか楽しみですね!

スポンサーリンク

ジダン監督に対するネットの反応

それでは次に、ジダン監督についてネット上ではどのような反応なのか、ツイッターを元にご紹介させて頂きます!

ジダン復帰なんてスーパービッグニュースなのになんで朝のニュースでやらないの???笑笑

何よりもいいニュースじゃん。笑

ジダン復帰かー、こっからどう持っていくか見物やね。
ジダン復帰で草

アザールは移籍確定ですね

フロレンティーノ・ペレスは昨日、「マドリーは現在、クラブ史上最も輝かしい、1950年代と比較できる時期にいる」ことを強調した。

C・ロナウド退団と今季の失敗でサイクル終焉を断じられる中、ジダン復帰はそれが終わってないと言い張れる唯一無二の手だった。

ロナウドじゃないならジダンのマドリー。

ダメだ

頭ん中ジダンばっかり

ジダン復帰が嬉しすぎて会議中ニヤニヤが止まらんかったし ^ ^

マドリディスタじゃなきゃ分からんだろなぁ〜

これがどれほどの事なのか

ああああああああぁぁぁジダン復帰やーーーー!!!!!!
ジダン復帰は嬉しい!

今のレアルを変えてくれー

いいねーーー

ジダン復帰とな。

アザールの去就は決まったようなものだな。

憧れのクラブ.更に憧れの選手だった人が監督復帰だからね。仕方ない。

ジダンと戯れてる場面も正直見たい(笑) ただ補強禁止が完全に決定した場合、アザールは心優しいから残ってくれるかもという希望も(笑)

ジダン復帰でマドリーの未来が明るくなるという保証はないけど、ジダンならどうにかしてくれるんじゃないかという希望はある。
ジダン復帰は嬉しすぎる!!(●︎´▽︎`●︎)

またジダンの率いるマドリーがまた見られるのは楽しみだな☺︎♬

大変な時期だったけどソラーリ監督も良く頑張ってくれたよね。

短い間だったけど有難う!!

はい。

ご覧のように多くのサッカーファンの方が嬉しいというコメントをされていました。

それにしても早い復帰ですよね!

レアルを去ってから約10ヶ月で電撃復帰ですから個人的にもまた、あの素晴らしいチームを観れるのかと思うと非常に嬉しく思います。

コメントでは、ジタンが復帰する事でアザールごレアルに移籍してくるのではとコメントが多数ありました。

レアルにはクリスティアーノ・ロナウド選手がいなくなった大きな穴がありますので、アザール選手ならそれを埋めてくれるかも知れませんね。

他にもこれまでレアルにあった混乱をジダンならうまく纏めてくれそうというコメントも多数ありました。

現時点でのレアルは、ラモスとペレス会長との衝突やマルセロの退団示唆というニュース、イスコのクラブ違反行為など様々な事があります。

そのため、ジダン監督はこれらの問題をどのように治めてチームとしての纏まりを作るのか楽しみですよね!

スポンサーリンク

ジダン監督の評価や年俸は?戦術と実績を紹介のまとめ

今回は、ジダン監督の評価や年俸とジダン監督の戦術と実績についてご紹介させて頂きました!

ジダン監督は、上記でも挙げたように多種多様な戦術を持っていて、それを可能に出来たのもチーム内での阿吽の呼吸やコンビネーションなどがあったからかと思います。

しかし、現時点でのレアルには様々な問題点があり、不穏な空気がありますので、ジダン監督の持ち味が発揮できるのか不安な部分もあります。

それでも再びレアル・マドリードを立ち上がらせ、チームをまたCL優勝に導いてくれる可能性があるのは、ジダン監督だけかも知れませんので、是非チームをまとめあげて欲しいですね!