大迫傑の凄さとは?フォームやシューズを徹底調査!

マラソンの日本記録保持者である大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が、2019年3月3日に開催される東京マラソン2019に出場します。

大迫選手はすでにMGC(Marathon Grand Championship)出場資格を持っているので、MGCそして東京オリンピックに向けてのステップレースになっていくと思われますが、日本記録保持者、そして、プロランナーとしてどのような走りを見せてくれるか注目されます。

今回は、大迫傑選手の凄さと、シューズやフォームと言った、大迫選手の走りについてシェアしたいと思います。

大迫傑の凄さは?


 

学生時代から「凄い」選手だった大迫選手、ここではその凄さを示すエピソードをいくつか紹介したいと思います。

大迫選手は佐久長聖高校(長野)から早稲田大学に進み、1年時の箱根駅伝では1区でぶっちぎりの区間賞を獲得し、早稲田大学の総合優勝に貢献しています。

1年で並み居る強豪をちぎっての区間賞は、さすがとしか言いようがありません。

早稲田大学卒業後は実業団の日清食品グループに入社

ここでも1年目のニューイヤー駅伝で1区区間賞を獲得し、さすがの凄さを見せています。

しかしその後日清食品グループを退社し、活動の場をアメリカに求め、プロランナーとしての道を進んでいくことになります。

当時はまだプロランナーの認知度もほとんどなかった時代、自分で道を切り開いた力は、さすがの凄さと言っていいでしょう。

アメリカのナイキ・オレゴン・プロジェクトで活動し、初マラソンとなったボストンマラソンで、世界の並み居る強豪を抑えて3位に入ります。

相手関係を考えると、この順位は本当に「凄い」です。

その後、2018年のシカゴマラソンで3位に入り、日本人初の2時間5分台を記録します

これだけ凄い選手ですから、今回の東京マラソン、そして東京オリンピックへの期待も膨らみますね。

大迫傑のフォームは?

日本記録保持者ですから当然の面もあるのですが、大迫選手のフォームは多くの人から高い評価を得ています。

服部弾馬選手(トーエネック)や、西山和弥選手(東洋大学)など、大迫選手のフォームをお手本にしている選手も多くいます。

大迫選手のフォームで特徴的なのは前傾姿勢とフォアフット着地、そして腰の高さが上げられます。

これらの特徴は、近年世界を席巻しているアフリカ勢のフォームに近いところがあり、大迫選手の躍進を支える一つの要素になっていると言っていいでしょう。

また、大迫選手は比較的ストライドが大きいことで知られていて、選手の特性によって向き不向きは変わるのですが、日本人選手の中では珍しい方と言えます。

大迫傑のシューズは?

大迫選手が日本新記録を出したときに履いていたシューズが「ナイキ エアズーム ヴェイパーフライ4%フライニット」です。

このシューズはとにかく軽いことが第一の特徴として挙げられ、その重量は、25cmサイズでわずか165gというから驚きです。

もちろん軽いだけではなく、ソールのクッション性、推進力も兼ね備えた、ナイキの技術の粋を集めたスーパーシューズです。

ヴェイパーフライ4%フライニットは、大迫選手だけでなく、世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ選手も、同じベースのシューズを採用するなど、世界中で広く使用されています。

 

大迫傑に対するネットの反応

東京マラソンでも快走が期待される大迫選手ですが、ネットではどのような言及があるでしょうか。

大迫選手ガンバレ

一昨年の福岡国際マラソン応援してきました!

最高の活躍を期待しています!

日曜日の東京マラソン 大迫選手の活躍を22キロ給水地点ボランティアをしながら応援します!!
今週の東京マラソンの大迫の走り楽しみだなー

MGCまであと半年だけど本気で走るのかな

当選祈願。

東京マラソンでの大迫さんの走りをイメージするだけで泣きそう。

大迫の走り、ちょー楽しみ!
日曜日に行われる東京マラソンのプレビュー記事。

東京五輪前年の東京マラソンということもあって、大迫選手はかなり注目されてるようですね。

今週末は東京マラソン。

果たして大迫半端ない走りになるか!?

東京マラソン観戦にめちゃくちゃ行きたいのに、三浦国際マラソンを入れてしまうミス!!

大迫傑選手!!見たかった!!

やはり大迫選手の注目度は高く、どんな走りをするかみんな楽しみにしている様子が伝わってきました。

大迫傑の凄さとは?フォームやシューズを徹底調査!まとめ

今回は大迫傑選手について、その凄さやフォーム、シューズについてみてきました。

これだけの実績を残す選手ですから、フォームやシューズも洗練されていますね。

その分結果を求められる立場ですし、プレッシャーもあると思いますが、みんな注目していますし、是非いい走りを期待したいところです。

また、近くの方は、一度生でトップランナーの走りを観てみてはいかがでしょう。

ものすごいスピードで走っていますので、驚かれると思います。

見所たっぷりの東京マラソン、スタートは3月3日、9時10分です。