早田ひなのトレーナーは誰?可愛い姉がいるって本当?

2月13日から17日までポルトガル・リスボンで行われていた卓球ITTFチャレンジプラス ポルトガルオープンで世界ランク42位の早田(はやた)ひな選手が初優勝を飾りました。

3回戦で元世界ランク1位の劉詩ブン(あめかんむりに文)選手を破る大金星を挙げたことが話題になりましたが、伊藤美誠選手、平野美宇選手と並ぶ女子卓球界の次世代エース候補です。

今回は最近活躍中の早田ひな選手のトレーナーと姉についてシェアしたいと思います。

早田ひなのトレーナーは誰?

まず、早田ひな選手の簡単なプロフィールからどうぞ!

名前:早田ひな(はやたひな)

生年月日:2000年7月7日(18歳)

身長:167㎝

出身地:福岡県北九州市

利き腕:左(普段の生活は右)

戦型:裏ソフトドライブ主戦型

所属:日本生命

早田ひな選手は現在18歳の高校三年生で、伊藤美誠選手や平野美宇選手と同い年に当たります。

早田選手は4歳から姉が通っていた地元の名門石田卓球クラブに付いていったことから卓球を始めました。

この石田卓球クラブには男子卓球の岸川聖也選手や田添健太、響兄弟が所属していました。

早田選手の両親は共に卓球をしていませんでしたが、早田選手が地元の中間市立中間東中学校在学時には全国中学校卓球大会で2連覇を達成するなど、既に卓球の才能に目覚めていました。

2016年の地元の希望が丘高校に進学すると、同年のインターハイの女子シングルスで4年ぶりとなる高校1年生での優勝を飾りました。

しかし、早田選手は167cmと身長が大きい上に卓球での戦い方が裏ソフトドライブ主戦型という、ドライブやスマッシュといったパワーのあるボールで得点を取りに行くスタイルであることからスタミナ切れや故障に悩まされていました。

そんな早田選手の悩みを解決してくれたのがコーチの石田大輔さんです。

石田コーチは石田卓球クラブを経営している石田眞行さんの息子さんです。

つまり早田選手は石田卓球クラブがクラブを上げて育て上げた選手ですね。

石田コーチは早田選手の2つの課題に対して、トレーニングの徹底と食事の改善を掲げました。

石田コーチ自身、「おそらくジュニアの中で一番厳しくしていると思います」と述べているくらいにストイックに早田選手と向き合って指導していますが、これは早田選手と石田家の深いつながりがあってこそですね。

参考:https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201612160004-spnavi?p=1

 

早田ひなにはかわいい姉がいるの?

早田ひなと検索した時、サジェストに”姉”や”かわいい”といったキーワードが出ます。

早田家は両親と姉、そして早田ひな選手と4人家族です。

調べてみると、お姉さんの名前はすみれさんだそうです、

すみれさん自身も石田卓球クラブに所属していたように卓球をやっており、地元の東筑紫短期大学でも卓球を続けていたようです。

すみれさんの写真について確認できるものはありませんでしたが、早田選手のインスタグラムにお姉さんらしき人が載っている写真がありました。

プライバシーの都合上画像は掲載できませんが、興味がある方は早田選手のインスタグラムを見てみるといいかもしれません。

ネットの反応

「劉詩ブンに勝った時の反応が可愛すぎた」

「優勝おめでとう」

「これから楽しみだな」

「世界選手権の代表選考会が楽しみになってきた」

「早田ひな凄い。努力が形になってきた」

「是非東京オリンピックまで頑張ってください」

「可愛いよな」

「希望が丘高校って元々ヤンキー高校じゃなかった?」

「希望が丘って全国の名門だよね」

「早田ひな流石だけど橋本帆乃香も中国選手撃破して決勝上がってきてるんだよね」

 

早田ひな選手が在籍している希望が丘高校は元々「九州電機学園高校」といういわゆるヤンキー高校として地元では名の知られた高校でしたが、名前を変えて近年は卓球、そして相撲に力を入れている学校でもあります。

女子卓球は福原愛さんが引退し、石川佳純選手が現在日本人で世界ランク最上位ですが、近年早田ひな選手を初めに10代の新鋭の選手が台頭しています。

来年は東京オリンピックということもありますが、女子卓球、そして早田選手にも注目ですね!