錦織圭は青森山田高校の特待生だった?制度と他の有名選手は?

テニスの錦織圭選手(世界ランキング9位)が全豪オープン2回戦で同ランキング73位のイボ・カロビッチ選手(クロアチア)をフルセットの激戦で下し3回戦に進みましたね。

そんな錦織選手ですが、出身は島根県松江市ですが高校はスポーツの名門校である青森山田高校に進学していました。

青森山田高校といえば、つい最近全国高校サッカー選手権で千葉の流通経済大付属柏高校を下し優勝しました。

今回は錦織圭選手が青森山田高校の特待生だったという噂特待生制度、著名なOBについてシェアしたいと思います。

 

広告

錦織圭は青森山田高校の特待生だった?

錦織圭選手は5歳からテニスを始め、小学6年の時に全国選抜ジュニアテニス選手権大会、全国小学生テニス選手権大会、全日本ジュニアテニス選手権大会全てで優勝(後ろ2つは全試合ストレート勝ちの完全優勝)し、史上5人目となる全国大会三冠を達成しました。

この時、錦織選手の才能を見た松岡修造さんが錦織選手を「修造チャレンジ」に2度招待し、錦織選手が参加したのは有名ですね。

中学時代、錦織選手は島根県開星中学に進学しましたが、13歳の時に盛田正明テニスファンドの特待生となり、翌年の8月に渡米し、IMGアカデミーにテニス留学しました。

ソニー創業者の1人である故盛田昭夫氏の弟にあたる盛田正明氏ですが、現在日本テニス協会の名誉会長を務めるなどテニスと関係が深く、2003年にはテニスの有望若手選手育成のための基金(盛田正明テニスファンド)を創設しました。

錦織選手が貰ったとされる奨学金は約1000万円といわれており、錦織選手への期待が伺われます。

このIMGアカデミーの卒業生にはマルチナ・ヒンギス、マリア・シャラポア、アンドレ・アガシなど錚々たる卒業生がいますが、錦織選手はここでも頭角を現しました。

錦織選手は中学からアメリカでテニス留学をし、テニス漬けの日々を送っていました。

そのため、錦織選手は開星中学、そして青森山田高校の通信制に通い高校を卒業しました。

青森山田高校は広域通信制過程を設けており、キャンパスは青森と札幌の2か所ありますが、入学できる都道府県として

北海道、青森県、東京都、千葉県、山梨県、静岡県、大分県の7か所あります。

錦織選手はこのうち札幌校で通信教育を受けていました。

また、青森山田高校広域通信制のスクーリング(登校し、強化担当の指導を受ける)のは月に2回程度なので、テニス漬けだった錦織選手にとってはうってつけの制度だったと思われます。

一方で、錦織選手が青森山田高校の特待生だったという噂ですが、残念ながら確証となるものがありませんでした。

ただ、青森山田高校は卓球や野球、サッカー、バドミントンなどのスポーツで知名度を上げてきた学校で、特に高校野球では県外出身者ばかりだったことが話題になったことがあるほどです。

実際、青森山田高校は今年全国高校サッカー選手権大会で優勝を果たしましたが、今大会に選手登録された30人のうち、青森県出身者は1年生の藤原優大のみでした。

但し、青森山田高校は近年少子化などの影響で学校法人の経営が悪化し、2014年度から特待生としての入学者をピーク時の1/3となる約50名にまで減らしました。

このことを考えると、現在青森山田高校は野球や卓球よりもサッカーを重要視しているようですね。

2015年度で卓球部の強化が休止されたことをみても、その傾向のようです。

青森山田高校の学校法人、青森山田学園は2013年3月までに青森大学大学院、青森短期大学を閉校しており、特待生制度に依存し過ぎて破綻の危機を迎えていました。

現在、青森山田高校の特待生制度は授業料が約半額、施設維持費が1/4免除となっており、全額免除が出来ない辺りに経営の苦しさが伺われます。

青森山田高校の特待生で有名選手は?

青森山田高校の特待生で有名選手といえば、現在スペインのヘタフェCFでプレーしているサッカーの柴崎岳選手です。

柴崎選手自身は青森県出身ですが、上北郡という下北半島に近い地域で生まれました。

柴崎選手が小学生離れしたプレーを当時の青森山田高校の監督が見て、熱心に勧誘し、青森山田高校に入学させました。

また、青森山田高校といえば卓球部が有名です。

水谷隼選手、丹羽孝希選手、松平健太選手、そして現役引退された福原愛さんなど錚々たる面子です。

青森山田高校広域通信制の卒業生としては、ボクシングの竹原慎二さんと畑山隆則さんが有名です。

両者とも引退後に広域通信課程を卒業されています。

ネットの反応

「青森山田が継続して強い理由がとても気になる。やっぱ指導者なのか環境なのか特待生制度で集めてるのか」

「青森山田とかも以前は県外出身者ばっかだったけど、批判があってからかなり地元勢になった印象」

「野球、サッカー以外の主な卒業生に錦織圭、福原愛、水谷隼…今や日本のスポーツ界を語る上で欠かせない高校ですね」

「通信制高校出身の有名人の頂点はテニスの錦織圭選手よね」

「錦織くん最終学歴青森山田高校だったのか」

「そういや本田真凛も青森山田高校に転校したよね」

「青森山田には広域通信制課程があるから、海外を拠点に活動するアスリートにとっては良いかも」

「本田真凛も錦織圭と同じパターンなのか」

「青森は意外とスポーツが凄い県なんです」

「スポーツに力を入れている学校だから色々と融通が利くのかもしれない」

 

去年の4月に本田真凛さんが青森山田高校の広域通信制に転校しましたが、錦織選手と同じパターンですね。

海外を拠点に活動するアスリートから見れば、青森山田高校の広域通信制過程はとても魅力的なシステムです。

錦織選手は現在全豪オープンの3回戦に進出しましたが、青森山田高校出身のアスリートがどんどん世界へと羽ばたいています。

今後の活躍に注目です!