【成人式のお祝いのお返しに】手紙やお礼状の書き方は?

毎年1月の第二月曜日は成人の日で、この日は全国各地で新たに大人の仲間入りをした新成人が集まり成人式を行います

成人式では小中高校の同級生と久しぶりの再会をする方も多く、昔の思い出話に花が咲きますね!

そして身内や知人・職場関係者からは成人式のお祝いをいただき、感謝の気持ちを伝えるためにお祝いのお返しの手配をしなければいけません。

そこで今回は悩むことが多い成人式のお祝いのお返しにつけるのしについてと、成人式のお祝いをいただいた方に送る手紙の書き方についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

成人式のお祝いのお返し のしの書き方は?

成人式お祝いのお返しについてと、お返しの品物につけるのし紙の書き方などまとめてシェアします!

成人式のお祝いにお返しは必要なのか?

基本的には身内からいただいた成人式のお祝いはお返ししなくても特に問題はありませんが、身内の中でもお祝いをいただいた方との関係性(親密度)や身内以外(知人・職場の関係者など)からお祝いをいただいたときはお返しをするのが一般的です。

また地域によって違いがあったり、身内の中でお祝いやお返しなど決まりがあるかもしれないのでまずはご両親に確認してくださいね!

お祝いのお返しをする場合は、いただいた金額の3分の1~半額くらいの品物を選びましょう。

お返しを送る期間は、お祝いをいただいた日(または成人の日)から2~3週間くらいで遅くとも1か月以内に届くように送りましょう。

成人式のお祝いのお返しにつけるのし紙について

お返しの品物にはのし紙をつけるのがマナーですので、のし紙の種類や書き方などまとめましたのでシェアします!

①成人式のお祝いのお返しにつけるのし紙の水引きは?

成人式のお祝いのお返しにつけるのし紙の水引きは、内祝いに使われている紅白蝶結びになります。

②のし紙の表書きの書き方は?

成人式のお祝いのお返しにつけるのし紙の書き方は下記の通りです。

■のし紙の上(紅白蝶結びの上)

お返しにつけるのし紙の表書きには、内祝・御礼・成人内祝が一般的です。

■のし紙の下(紅白蝶結びの下)

お返しにつけるのし紙の下には、成人式を迎えた方の名前をフルネームで書きましょう。

のし紙の表書きをするときって、書き方が違っていたらどうしようとかいろいろ不安になった方多いのではないでしょうか?

成人式のお祝いをいただいて感謝の気持ちを込めて、お返しをするのでのし紙の表書きの書き方も注意しましょう。

成人式のお祝いのお返し お礼状の書き方は?

成人式のお祝いをただいた方に手紙で感謝を伝えるのですが、手紙ってどう書いたらいいのか悩みますよね。

そこでお礼状の書き方について、まとめましたのでシェアします!

お礼状は誰が書く?

お礼状はお祝いをいただいた方に対して、感謝の気持ちを伝える手紙なので成人式を迎えた方がお礼状を書きましょう

お返しをしない場合は?

ご両親や同居している方には直接伝えてもいいですし、恥ずかしくて言えないのであれば手紙に書いて渡すのもいいと思います。

ご両親や同居している方以外でお返しの品物を送らない場合は、親戚・知人などに感謝の気持ちを伝えるために手紙を出すのがマナーです。

またお祝いのお返しを郵送する場合は、品物と一緒にお礼状を送るのを忘れないようにしてくださいね!

お礼状の便箋は?

お祝いのお礼の手紙を書くときはシンプルな便箋と封筒を準備し、シャープペンシルは使わず黒のボールペンで書きましょう。

また改まった方にお礼の手紙を書く場合には、白色の便箋を選び二重封筒に入れて送るようにしてくださいね

成人式のお祝いをいただいた方へ出すお礼の手紙の書き方

お礼状は通常の手紙とは違って、書く内容を考えるの大変ですよね。

そこでお礼状の内容と、例文をシェアします。

①お礼状に書く内容は?

成人式のお祝いのお礼状には、以下の内容を書きましょう。

・お祝いに対してのお礼

・成人後の抱負など

・今後のお付き合いとご指導をお願いする

・健康を気遣う言葉

上記以外にもお祝いを現金でいただいた場合は、お礼とあわせていただいたお祝い金の使い道(何に使ったか)を書く方もいます。

②お礼状の例文

お礼状でよく使われている文をご紹介しますので、手紙を書くときに参考にしてくださいね!

※例文内の( )は好みで文に入れ込む言葉で、【 】はどちらか好きな言葉・文をお使いください。

■親しい方へ

いかがお過ごしですか。(お元気でしょうか。)

この度は、成人のお祝い(をいただき、誠に)ありがとうございました。

無事に成人式を迎えることができました。

【成人を機に・これからは】、大人として自覚を持ち、【恥ずかしくない・責任を持った】行動をとるよう、心がけてまいりたいと思います。

【しかし・とはいえ】、まだまだ未熟者ですので、【今後とも・これからも】厳しくご指導いただけますようお願い申し上げます。

(時節柄、)【寒い日が続きますので○○様も・どうか】お身体に気をつけてお過ごしください。

【簡単ですが・簡単ではございますが】、成人祝いのお礼まで

署名

平成 年 月 日

■改まった方へ

拝啓

新春の候、○○様には(皆様におかれましては)、益々ご健勝(ご清祥)のこととお慶び申し上げます。

【先日・この度】は、私の成人式に【際しまして・際し】、お心のこもったお祝いをいただき、(誠に)ありがとうございました。

成人という大きな節目を(迎えたことを)機に、【大人としての自覚を持ち、責任ある行動をとるよう、決意を新たに精励いたす・社会人として恥ずかしくない大人になれるように、努力致す】所存でございます。

【まだまだ・何分にも】未熟な私でございますが、今後もご指導ご鞭撻【の程、・賜りますよう、よろしく】お願い申し上げます。

【時節柄、どうぞご自愛ください。・極寒の候ではございますが、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。】

【略儀ながら・まずは】書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

平成 年 月 日

成人式のお祝いをいただいて感謝の気持ちは変わりませんが、出す相手との関係性によって文章を考えて手紙を書くようにしましょう。

【成人式のお祝いのお返しに】手紙やお礼状の書き方まとめ

今回は成人式のお祝いお返しにつけるのしについてと、成人式のお祝いをいただいた方に送る手紙の書き方についてシェアしました。

成人式のお祝いのお返しをご両親が代行する方も多く、成人した方がお返しの準備をする場合もお店で頼むと店員さんがのし紙の対応してくれます。

ですが大人の仲間入りをして今後お返しやお礼状を出すことも出てきますので、成人をきっかけにのし紙やお礼状の書き方を覚えておきましょうね。