平野佳寿のメジャーでの成績がすごい?球種は何がある?

今年、メジャー移籍してダイヤモンドバックスに所属している平野佳寿投手ですが、現在どんな成績を残していることをご存知ですか。

大谷選手の活躍が連日報道されていますが、その陰でとんでもない成績を残しているんです。

今日は、平野佳寿投手の現在までの成績と、平野投手の持つ球種についてシェアしたいと思います。

広告
広告

平野佳寿投手のメジャーでの成績は?

平野投手が所属するダイヤモンドバックスはナ・リーグ西地区に属しています。

ナ・リーグ西地区には前田健太投手が所属するドジャースと牧田和久投手が所属するパドレスがありますね。

4月30日(日本時間)現在、ダイヤモンドバックス27戦終えて19勝8敗という驚異的なスタートダッシュに成功し、首位を走っています。

そして、このスタートダッシュが成功した要因は投手陣、特に救援陣にあります。

ダイヤモンドバックスの投手防御率はナ・リーグトップの2.89でダイヤモンドバックスだけが防御率2点台です。

しかし、先発陣はパトリック・コービンを除いて4点台前後です。

つまり、救援陣が後続をきっちりと抑えて勝利を勝ち取っているのです。

現在平野投手の成績ですが、ここまで13試合に登板し、投球回数12回と3分の1・防御率1.46・2勝0敗0S・6ホールドという素晴らしい成績を収めています。(4月30日現在)

メジャーデビューの時は打者2人だけでしたが、それ以降は主に7回や8回に登板し、4月28日のナショナルズ戦は7回に登板して3者連続三振を記録しています。

ちなみに去年の平野投手の3・4月の成績ですが、12試合に登板して投球回数11回と3分の1・防御率3.97・1勝2敗7Sです。

環境の変化やクローザ―から中継ぎへの変化の影響もあるかもしれませんが、去年と今年の成績を比較してもかなり良化していることが分かります。

平野投手の他にも、クローザ―のボックスバーガー投手やブラッドリー投手など、中継ぎ陣が軒並み防御率2点台以下であることが、現在ダイヤモンドバックスが首位を走っている要因になっています。

広告

平野佳寿投手の球種は?

ここまで素晴らしい成績を残している平野投手ですが、平野投手の持ち球はストレート、フォーク、スライダー、カープの4種類あります。

しかし、去年の平野投手の球種配分をみると、ほぼストレートとフォークしか投げていません。

これは、平野投手が2010年に中継ぎ転向した際に、ストレートとフォーク主体のピッチングスタイルに変えたためです。

そして、メジャーで活躍した、または現在活躍している投手、例えば野茂英雄さんや佐々木主浩さん、今年から再び巨人でプレーしている上原浩治投手、田中将大投手、岩隈久志投手などみんなフォークやスプリットといった縦に落ちる球を得意な球種としています。

ですから、フォークを得意球種としている平野投手がメジャーで活躍するのは十分考えられることなのです。

広告

ネットの反応まとめ

平野投手に関するネットの反応を見ていきましょう。

ツイッターやリアルタイム検索では

普通にすごい
平野が意外とメジャーで通用してて凄い
大谷ももちろんすごいけど平野もすごくね!?
メジャー行ってよかったな

といったように、メジャーで結果を出している平野選手に対する賞賛の声が多くあがっていました。

また、

平野帰ってきて…
はよ戻ってこい
この平野っていう投手ほしい

といったように、おそらく前年まで在籍していたオリックスファンとみられるコメントも多く見られました。

一方で、

平野がメジャーで活躍しているのに大谷で霞んで全然報道されないのはおかしい
牧田や平野の情報も知りたい
平野と牧田の情報が報道されないのは統制を疑うレベル

といったように、スポーツニュースが大谷選手の活躍で持ち切りになって、平野投手や牧田投手などの活躍が報道されないことに疑問を抱いているコメントも多かったです。

広告

平野佳寿のメジャーでの成績がすごい?球種は何がある?まとめ

平野投手は去年のWBCでの好投が目立ちましたが、正直現在首位を走っているチームの中継ぎ陣の一角を担って、立派な成績を残しているとは思いもよりませんでした。

大谷選手の活躍、イチロー選手の奮闘に注目が集まりがちですが、今年からメジャーに在籍する平野投手や牧田投手のような日本人中継ぎ投手にも注目していきましょう。