箱根駅伝2019関東学生連合のメンバー一覧!注目選手と監督は誰?

第95回箱根駅伝が2019年1月2日、3日に開催されます。

関東学生連合は、箱根駅伝予選会で出場が叶わなかった大学から選抜された選手で構成されたチームで、オープン参加となります。

予選落ちとなった大学とは言え、個人レベルでは予選会上位に入った選手ばかりで構成されるチームのため、潜在的な力は常に秘めているチームです。

今回は箱根駅伝2019に出場する関東学生連合のメンバー一覧についてシェアしたいと思います。

広告

箱根駅伝2019関東学生連合のメンバーは?


関東学生連合の登録メンバーは以下のようになっています。

氏名 学年 在籍校
米井翔也 4年 亜細亜大学
国川恭朗 3年 麗澤大学
近藤秀一 4年 東京大学
鈴木大海 2年 創価大学
小林彬寛 2年 専修大学
西沢晃佑 4年 駿河台大学
相馬崇史 2年 筑波大学
田中健祐 4年 東京農業大学
鈴木悠太 4年 平成国際大学
石井闘志 1年 流通経済大学
鈴木陸 4 明治学院大学
外山正一郎 4年 上智大学
関口大樹 3年 関東学院大学
鈴木優斗 3年 東京経済大学
永瀬孝 2年 桜美林大学
古林潤也 4年 防衛大学校

4年生が8人と半数を占めています。

上級生が力をつけて本番に臨む構図ですね。

広告

箱根駅伝2019 関東学生連合メンバーのの注目選手は?

関東学生連合で注目されている選手と言えば、東京大学の近藤秀一選手でしょう。

近藤選手は、日本最高学府の東京大学にいながら、5000m14分03秒63、10000m29分16秒49、ハーフ1時間04分33秒という、ハイレベルのベストタイムを持つ選手です。

前回大会でもエントリーされ、1区で出走予定でしたが、直前にインフルエンザにかかり泣く泣く出場断念。

今年こその思いで臨んだ予選会では個人47位と力走し、二年連続での選抜メンバー入りを果たし、今回は満を持して1区に登場します。

もう一人エース格と言っていいのが、亜細亜大学の米井翔也選手です。

米井選手は予選会個人31位と、チームトップの成績で走りました。

持ちタイムも、5000m14分18秒31、10000m29分21秒58、ハーフマラソンは1時間03分23秒と優秀で、特に距離が長い箱根駅伝には適性がありそうです。

箱根駅伝2019 関東学生連合の監督は?

関東学生連合を率いる監督は、予選会で時点だった大学の監督と言う事になっています。

今回の監督は、麗澤大学の山川達也監督です。

山川監督は1984年生まれの32歳、福井県出身です。

中京大学卒業後は愛知県の弥富高校(現・愛知黎明高校)で駅伝部の指導に当たっていましたが、2010年から麗澤大学のコーチ、2017年に監督に就任しました。

山川監督は、関東学生連合監督就任を引き受けるかどうか、自分に務まるのか悩んだそうですが、予選会翌日に選手の父母と食事した際、父母から

「これは選手からのプレゼント、運営管理者に乗れるということは、選手の頑張りの結果だから」

と説得され、監督就任を引き受けました。

次点まで連れてきてもらえた選手の頑張りに応えるため、監督として最善を尽くします。

箱根駅伝2019学生連合メンバーについてのネットの反応

近藤選手が話題になるなど注目度も高い関東学生連合ですが、ネットではどのような声が聞かれているでしょうか。

オカルトチックだけど、私、世の中には巡り合わせがあると信じてる。

東大の近藤選手が過去3年間関東学生連合に選抜されながら出場できなかったのは、箱根の神様が彼をこのすてきな仲間たちと走らせてあげたかったからじゃないかな…

箱根駅伝の関東学生連合といえば、元祖山の神といっても過言ではない

筑波大学 鐘ヶ江選手を忘れてはいけない。

金栗杯とったし。

箱根駅伝関東学生連合チームの動画。

涙が止まらないな、これ。

みんな背負ってるものがあるんだよな。

泣ける。 本当に。

すごい!

めちゃめちゃ盛り上がってるー!

箱根駅伝で、順位を競い合う大学チームと彼らとは少し違った方法で盛り上げてくれる関東学生連合、いい感じで噛み合うと思う!

本番だけじゃなくてこういった活動にも注目集めてみんなで連合チームを持ち上げようや( ・∇・)

個人的には、関東学生連合もオープン参加ではなく以前のように順位に入れて欲しい。
そう、関東学生連合もひとつのチームですね。

「箱根駅伝100年 襷の記憶」でも、学連選抜、学生連合の歴史を、ひとつのチームとして振り返りました。

箱根駅伝で関東学連選抜だけど

東大の選手走るかもよ~

疑問はごもっともですよね…。

優れた選手で、箱根駅伝の強豪校からスカウトがあっても、人生の志あって「敢えて強豪校に行かなかった」学生もいます。

そういう人にも「箱根駅伝出場」のチャンスを与えてくれる、関東学生連合の意義は大きいと私は思っています。

関東学生連合はオープン参加のため、順位や勝敗に関するコメントはあまりなく、独特の存在意義や、母校の誇りと言ったものへの感動などが主に語られています。

広告

箱根駅伝2019学生連合メンバー一覧のまとめ

今回は関東学生連合を見てきました。

東京大学の近藤選手や亜細亜大学の米井選手など、堂々と渡り合える選手が揃っていると思います。

また、山川監督も並々ならぬ決意で臨んでくるはずですので、大会を盛り上げる活躍は期待できます。

毎回独特のドラマがある関東学生連合チーム、今回はどのようなドラマを見せてくれるでしょうか。