箱根駅伝2019東洋大学のメンバー一覧と強さの秘密は?注目選手や監督も紹介!

第95回箱根駅伝が2019年1月2日、3日に開催されます。

東洋大学は、17年連続77回目の出場で、ここ10年ではすべて3位以内、うち4回優勝と圧倒的な安定感を誇る強豪です。

最近は3年連続して青山学院大学の後塵を拝する2位と悔しい思いをしていますが、前回は往路優勝してその牙城の一角を崩しました。

去年の経験者9人が残る今回はそれ以上が期待されるところです。

今回は箱根駅伝2019の東洋大学メンバー一覧と注目選手、監督についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019東洋大学のメンバー一覧は?


箱根駅伝2019、東洋大学の登録メンバーは以下のようになっています。

氏名 学年 出身高校
小笹椋 4年 埼玉栄高校
中村拳梧 4年 八戸学院光星高校
山本修二 4年 遊学館高校
相澤晃 3年 学法石川高校
今西駿介 3年 小林高校
小室翼 3年 仙台育英高校
土壁和希 3年 つるぎ高校
浅井崚雅 2年 一関学院高校
大澤駿 2年 山形中央高校
大森龍之介 2年 佐野日大高校
田中龍誠 2年 遊学館高校
田上建 2年 九州学院高校
西山和弥 2年 東農大二高校
野口英希 2年 松山高校
吉川洋次 2年 那須拓陽高校
鈴木宗孝 1年 氷取沢高校

2年生が8人と半数を占めているのが特徴ですね。

次回以降にも期待が持てる布陣です。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019 東洋大学の注目選手は?

東洋大学のエースと言えるのは3年の相澤晃選手です

前回大会では2年生ながらエース区間の2区を区間3位で駆け抜けています。

また、10000mの持ちタイムは28分17秒81と、トップクラスの走力です。

今シーズンは出雲駅伝で1区2位、全日本大学駅伝ではアンカー8区で区間賞と、状態も申し分ない様子。

今年も2区起用が予想され、区間賞候補の一人と言っていいと思います。

もう一人、東洋大学の鍵を握る選手として西山和弥選手を挙げたいと思います。

前回大会では1年生で1区を務め見事区間賞に輝き、東洋大学の往路優勝に大きく貢献しました。

今回も当然主力として期待されるところですが、今シーズンの駅伝では、出雲駅伝2区6位、全日本大学駅伝は2区14位と、その実力に見合った走りができていません。

順調なら実績があるだけに安心して1区を任せられるのですが、状態面が心配です。

強敵青山学院大学を倒すためには、西山選手が快走して主導権を握ることが必須と言えるので、西山選手のコンディションは大きな鍵を握ります。

箱根駅伝2019 東洋大学の監督は?

東洋大学を率いるのは、酒井俊幸監督です。

酒井監督は1976年生まれの42歳、福島県出身です。

学法石川高校、東洋大学を経て、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社、全日本実業団駅伝3連覇に貢献しました。

コニカミノルタ退社後、母校の教員を務めていましたが、東洋大学の川嶋伸次監督の辞任を受けて、監督に就任しました。

酒井監督の実績は、まずは教員時代に当時無名だった柏原竜二選手の才能を見出したことでしょう。

しかし柏原選手の卒業後もその手腕を発揮して、設楽悠太選手や大津顕杜選手、服部勇馬選手などを輩出し、東洋大学を押しも押されもせぬ強豪に育て上げました。

そして「ドSなイケメン監督」としても有名です。

中継車から選手に飛ばす檄がそう言われる原因だそうです!


スポンサーリンク

箱根019東洋大学メンバーについてのネットの反応

今回は総合優勝が期待される東洋大学ですが、ネットの声はどうでしょうか。

箱根駅伝楽しみですねぇ( ்▿்)

青学はもちろん頑張ってもらいたいですが、個人的に東洋も応援しています(*´∀`)♩

箱根駅伝区間予想〜東洋大学〜

西山-相澤-吉川-小笹-山本 今西-田上-田中-鈴木-中村 山本

山登りのサプライズあると思います。

往路優勝するために5区は大事ですし、最終学年のエースに託すことはありえると思います。

【箱根駅伝区間予想】 東洋大学

田上→相澤→西山→鈴木→山本修 今西→吉川→浅井→中村拳→小笹

大エースはここで5区予想!

何年か前も騒がれたが・・・

西山は軽く行けそうな3区に!

スターターは・・・

思い付かず全日本から続投!

箱根にはきっちり合わせるだろう!

箱根駅伝実力的に青学が勝つみたいになってるけど、東海と東洋も普通にワンチャンあるからな
箱根駅伝も栄枯盛衰だね。

在学中は母校東洋なんて出ることに意義がだったから

東洋は渡辺奏太出れないのがなぁ

出れて、東洋みんな万全なら 青学と互角以上だったけど…

箱根駅伝まで、あと1週間…!

頑張れ、東洋!

現地まで応援行くからね!

区間予想では5区に山本選手を推す予想が多かったです。

あとはやはり優勝が狙えるということで、優勝を願うファンの声ですね。

箱根駅伝2019東洋大学メンバー一覧のまとめ

今回は東洋大学を見てきました。

2009年の初優勝以来、常に上位に来ている東洋大学ですが、最近は2位、3位が続いているだけに、悔しい思いもしてきていると思います。

前回大会では往路優勝し、そのメンバーが9人残る今回は、青山学院大学が強いとはいえ大いに期待できる戦力です。

まずは全員が万全の状態で出走できるかが鍵です。

最後まで目が離せない熱い勝負を期待します。