箱根駅伝2019駒沢大学のメンバー一覧と注目選手を紹介!監督は大八木弘明!

第95回箱根駅伝が2019年1月2日、3日に開催されます。

駒澤大学は、53年連続53回目の出場で、4連覇を含む総合優勝6回を誇る強豪校です

前回大会では12位に沈んでしまい、今回大会は予選会からのスタートとなりましたが、予選会を圧倒的な強さで1位通過し、本大会でもダークホースとしてにわかに注目を集める存在になりました。

今回は箱根駅伝2019の駒澤大学メンバー一覧と注目選手、そして大八木弘明監督についてシェアしたいと思います。

広告

箱根駅伝2019駒澤大学のメンバー一覧


駒澤大学の登録メンバーは以下のようになっています。

氏名 学年 出身高校
伊勢翔吾 4年 市立船橋高校
片西景 4年 昭和第一学園高校
下史典 4年 伊賀白鳳高校
白頭徹也 4年 豊川工業高校
堀合大輔 4年 青森山田高校
大坪桂一郎 3年 鳥栖工業高校
中村大成 3年 東北高校
中村大聖 3年 埼玉栄高校
原嶋渓 3年 刈谷高校
山下一貴 3年 瓊浦高校
伊東颯汰 2年 大分東明高校
小島海斗 2年 市立船橋高校
小原拓未 2年 一関学院高校
加藤淳 2年 西脇工業高校
神戸駿介 2年 松が谷高校
花崎悠紀 1年 富山商業高校

4年生5人、3年生5人、2年生5人、1年生1人という構成で、1年生以外は均等に分布しています。

広告

箱根駅伝2019駒澤大学の注目選手は?

駒澤大学の注目選手、まずは片西景選手を挙げたいと思います。

箱根駅伝予選会では総合5位、そして全日本大学駅伝では2区区間5位で、日本人では順天堂大学の塩尻和也選手に続く2位に入り、駒澤大学のぶっちぎりのトップ通過に大きく貢献しました。

また5000mの13分台のスピードもあり、競り合いに強い事から1区起用が予想されています。11月の関東学連10000m記録挑戦会では28分37秒41の自己ベストを出すなど調子も上々のようなので、区間賞も狙っていけると思います。

もう一人の注目選手は山下一貴選手です。

箱根駅伝予選会では総合13位に入った山下選手、全日本大学駅伝では、エースが揃うアンカー8区で堂々の走りを見せ、区間2位と好走しました。

山下選手も関東学連10000m記録挑戦会に出走し、片西選手を上回る28分31秒89で走りきったように、こちらも調子が良さそうです。

片西選手と山下選手で1,2区を構成する事が予想されますが、この布陣なら青山学院大学にも引けを取らないと思います。

山に不確定要素がある駒澤大学としてはここで主導権を握っておきたいところです。

箱根駅伝2019駒澤大学の監督は?

駒澤大学を率いるのは、大八木弘明監督です

大八木監督は福島県の会津工業高校出身で、高校卒業後は小森印刷(現・小森コーポレーション)で競技を続け、駅伝などで活躍します。

その後、どうしても箱根駅伝を走りたいと、小森印刷を退社し、公務員をしながら受験準備して、駒澤大学に入学、生活は厳しかったそうですが、念願叶い箱根駅伝に出走、5区と2区で区間賞を獲得しています。

大学卒業後はヤクルトに入社して、引退後はそのままヤクルトのコーチとして手腕を発揮、1995年から駒澤大学のコーチとなり、2004年から監督として指導に当たっています。

大八木監督が駒澤大学で指導するようになってから、それまで予選会の常連だった駒澤大学が一気に躍進し、箱根駅伝優勝6回を数える平成の強豪に変身しました。

今や押しも押されもせぬ名監督としての地位を不動のものとしています。

大八木弘明監督ですが、つい最近駒澤大学学長とOBである元巨人軍で前DeNA監督である中畑清さんからパワハラを受けたとして話題になっていました。

今年7月10日、東京都のホルモン焼き店に大八木監督、長谷部学長、中畑氏、同大学陸上部などを支援している会社社長T氏、学生部職員の総勢5人が集まったという。

《(T氏は)「監督は辞表を書いて学長に預けるべきだ」と具体的に提案してきました。それを受ける形で中畑氏は、「来たる9月16日のコーチの結婚式で監督辞任の発表をしたら良いのではないか」と言い出した

大八木監督が何より驚いたのは同席していた長谷部学長の態度だったと記されている。

《(長谷部学長は)「あなたが辞表を書けば預かりますよ」と、はっきり発言したのです。この学長発言は、退職勧奨・辞職強要意思の明らかな表明にあたり、それだけでも、明確な長谷部学長のパワーハラスメントという違法行為である》

引用 AERA.dot

大八木監督に辞表を書くように勧めていますが、その原因として金銭トラブルがあったとのことです。

「2年前、前陸上部長の訴えがあり、調査したところ、監督はスポンサー企業と年間契約し、1千万円の報酬が陸上部大八木名義の銀行口座に振り込まれていた。

契約内容を確認すると、陸上部の学生らに関する条項もあり、陸上部の口座は大学で管理すべきと顧問弁護士が判断した。誹謗中傷の類ではない」

──金銭トラブルなどはなかったか。

「15年に大八木さんのスポンサー企業に国税の査察が入り、その支出先として陸上部の大八木さんの口座が調べられた。

陸上部がみなし法人と判断され、数千万円の追徴金を課せられたと聞き、驚いた」

出典 週刊朝日

大八木監督が個人ではなく、陸上部として収入を得ていたことから、大学に追加で税金が課せられたということのようです。

大事な箱根駅伝の前にして、選手たちに悪影響が及ばないでほしいですね。

広告

箱根駅伝2019駒澤大学のメンバーに対するネットの反応

前回のシード落ちからジャンプアップが期待される駒澤大学ですが、ネットの声はどうなっているでしょうか。

95回箱根駅伝

勝手に区間予想 駒澤大学

加藤2−片西4−伊勢4−山下3−伊東2 中村大成3−中村大聖3−白頭4−堀合4−小原2

前回苦戦した山を乗り切れば優勝争いに加わってもおかしくないチームですよね。

箱根駅伝 !駒澤大

予選会から三強崩しの最有力候補に!

予選会は力の差を見せつけてのトップ通過。

箱根駅伝は気候も影響するから本当に楽しみ。

エース区間は2区だけど,5区,6区の山の,のぼりとくだりもポイントだと思う。

駒澤大学は僕の母校なので頑張ってもらいたいです。

目指せ優勝!頑張れ!

あと10日ーーー やるぞ!!!!平成の常勝軍団
4年生ラストの箱根駅伝 今年は挑戦者だ、駒澤大学!
箱根駅伝区間予想〜駒澤大学〜

加藤-片西-山下-下-伊東 中村大成-中村大聖-小原-堀合-伊勢

片西のラストランはエースと勝負してほしい。

選手層が厚く、実力が拮抗しているので悩みましたね。

やっぱり2019年の箱根は駒澤を入れた4強対決になると思います!
駅伝も野球も駒澤が強くないと物足りないよ!!

我らが東洋といつかまた優勝争いしましょう!!

今年これまで好成績を残している事から、ファンも意気軒昂と言ったところでしょうか、

順位予想でも多くが上位予想しています。

箱根駅伝2019駒澤大学のメンバー一覧と監督についてのまとめ

今回は駒澤大学を見てきました。

前回大会でのシード落ちが予想外でしたが、もともと実力があるチーム、当然ここでも上位争いが期待されるところです。

第89回大会で、やはり予選会を圧倒的な強さで制した日本体育大学が勢いそのままに本大会でも優勝した様子と重なるところがあり、その戦いには非常に注目しています。

平成最後の箱根駅伝で、平成の王者、駒澤大学がどのような走りを見せてくれるのか、是非見届けてあげてほしいと思います。