箱根駅伝2019早稲田大学のメンバーと注目選手と強さは?

第95回箱根駅伝が2019年1月2日、3日に開催されます。

早稲田大学43年連続88回目の出場で、2018年まで7年連続5位以内、12年連続シードに入る強豪です。

しかし今年の駅伝シーズンは出雲駅伝10位、全日本大学駅伝15位と結果を残せていません

今回は早稲田大学のメンバーと注目選手についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019早稲田大学のメンバー一覧

早稲田大学のメンバーは以下のようになっています。

小澤 直人 4年 草津東高校
清水 歓太 4年 中央中等高校
永山 博基 4年 鹿児島実業高校
伊澤 優人 3年 東海大浦安高校
大木 皓太 3年 成田高校
太田 智樹 3年 浜松日体高校
新迫 志希 3年 世羅高校
真柄 光佑 3年 西武学園文理高校
宍倉 健浩 2年 早稲田実業高校
渕田 拓臣 2年 京都桂高校
吉田  匠 2年 洛南高校
太田 直希 1年 浜松日体高校
千明龍之佑 1年 東農大二高校
中谷 雄飛 1年 佐久長聖高校
半澤 黎斗 1年 学法石川高校
向井 悠介 1年 小豆島中央高校

1年生が5人と、フレッシュな顔ぶれになっています。

この中から何人が出走する事になるのでしょうか。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019早稲田大学の注目選手と強さ

早稲田大学の注目は、1年生ながら主力を務める中谷雄飛選手です。

高校時代は日本人に負ける事はほとんどない無敵の強さを誇り、5000mの自己ベストは13分47秒22で、高校歴代5位の好記録です。

出雲駅伝、全日本大学駅伝では、チームは低迷しましたが、中谷選手は出雲駅伝では3区を走り5人抜きで区間4位全日本大学駅伝でも3区を走り7人抜きで区間2位と一人気を吐きました。

本人は平坦な走りやすい区間でチームに流れを作りたいと考えているようで、憧れの大迫傑選手も1年時に区間賞を獲得した1区での起用があるかもしれません。

もう一人の注目は、前回9区で区間賞を獲得した清水歓太選手です。

出雲駅伝、全日本大学駅伝ともにアンカーを務め、それぞれ区間6位、区間10位と今年はもう一つ結果を出せていませんが、清水選手の復調は早稲田大学にとって大きな鍵となるはずです。

11月の上尾ハーフマラソンでは1時間03分28秒とまずまずの結果を出していますので、本番にはしっかり合わせて来るのではないでしょうか。

他にも、前回2区を走り区間6位にまとめた太田智樹選手

出雲駅伝、全日本大学駅伝には出場しておらず、状態次第となりますが、出場できるまで状態が上がってくれば貴重な戦力となりそうです。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019早稲田大学の監督は?


早稲田大学を率いるのは、相楽豊監督、37歳とまだ若い監督です。

相楽監督は福島県の安積高校から早稲田大学に入学、箱根駅伝にも出走し、4年時には主将を務めました。

大学卒業後は地元・福島で高校の非常勤講師をしていましたが、当時の渡辺康幸監督に乞われ、2005年から早稲田大学のコーチとなり、2015年の渡辺監督の退任にあわせ、新監督に就任しています

コーチ時代から数々の有力選手を育て、チームとしても一時の低迷から脱出させて上位の常連に戻した手腕は高く評価されています。

箱根駅伝2019早稲田大学のネットの反応

今年の早稲田大学、苦しい戦いが続いていますが、ネットの反応はどうでしょうか。

年始の箱根駅伝が好きで、(4連覇中の)青山学院大学も原監督も好きなんだけれど……

そろそろ青山学院大学を倒して欲しいなーと。

早稲田大学さん、東洋大学さん、そろそろどうですか?(もちろん、他の大学も期待しています!)

来年の箱根駅伝も楽しみー。

箱根駅伝に向け早稲田生が持てる限りの全力を出して頑張っています!

頑張れ早稲田!

4年生3人、3年生5人、2年生3人、そして1年生5人。

青学や東洋に比べて選手数が少ないのは毎年やが、それにしても4年生3人は少ない。

第95回箱根駅伝 勝手に区間予想 早稲田大学 太田智3−中谷1−伊澤3−永山4−千明1 小澤4−太田直1−吉田2−清水4−真柄3 情報を調べていて気付いたことですが、出雲と全日本では太田智3や永山4がいなかったんですね。

箱根ではどれくらいの状態なのかが気になりますね。

箱根駅伝はやっぱり青学に優勝して欲しいですかね!!

原監督が大好きなので!でも僕は毎年早稲田を応援しています!

ただ東海、東洋も応援したい!!

やはり早稲田は人気で、巻き返しの好走が期待されています。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019早稲田大学のまとめ

今回は早稲田大学を見てきました。

下級生を中心に、選手の力量はあると思うのですが、若いチームの脆さがでたのか、出雲、全日本ではいい結果を出せませんでした。

箱根駅伝ではさらに距離が伸びるので、若いチームには不安はあります。

しかし中谷選手をはじめ、勢いがある選手が出てきているのは確かなので、前評判を一気に覆す可能性もあります。

今年の早稲田大学は、どうなるか分からない面白さを持ったチームだと言えるのではないでしょうか。