箱根駅伝2019東海大学のメンバー一覧と注目選手は?

2018年も大詰めとなり、2019年の箱根駅伝が近づいてきました。

青山学院大学の5連覇がかかる大会ですが、これを追うのが東洋大学、東海大学と言われています。

今回はこのうち東海大学に注目し、箱根駅伝2019東海大学のメンバー一覧と注目選手、監督についてシェアしたいと思います。

広告

箱根駅伝2019東海大学のメンバー一覧は?

さて、2019年の東海大学の箱根駅伝メンバーですが、登録選手は以下のようになっています。

氏名 学年 出身高校
東優汰 4年 世羅
湊谷春紀 4年 秋田工業
湯澤舜 4年 東海大三
鬼塚翔太 3年 大牟田
郡司陽大 3年 那須拓陽
河野遥伎 3年 宇和
小松陽平 3年 東海大四
阪口竜平 3年 洛南
關颯人 3年 佐久長聖
館澤亨次 3年 埼玉栄
中島怜利 3年 倉敷
西川雄一朗 3年 須磨学園
松尾淳之介 3年 秋田工業
鈴木雄太 2年 東海大相模
西田壮志 2年 九州学院
本間敬大 1年 佐久長聖

東海大学は以上の16人で戦います。

今回は、前回1区区間7位と踏ん張った三上嵩斗選手がメンバーから漏れています。

広告

箱根駅伝2019東海大学の注目選手は?

メンバー構成から見ても、今大会の主力は黄金世代と言われる3年生だという事が分かるかと思います。

その中でも、關颯人選手、鬼塚翔太選手、館澤亨次選手の3人には大きな期待がかかっています。

關颯人選手は1年の駅伝シーズンからエースの活躍を見せ、箱根駅伝では結果を残せていないものの、出雲駅伝では2年連続区間賞、2018年も区間2位の成績を残しています。

2018年シーズンは怪我で離脱した時期もありましたが、出雲駅伝区間2位、全日本大学駅伝では区間4位と、状態の方もまずまず上がってきたようで、これまで鬼門となっている箱根駅伝でもしっかり結果を出してきそうです。

一方鬼塚翔太選手ですが、こちらはラストの切れが鋭い選手で、1区に起用される事も多い選手です。

1年時には3大駅伝全て1区を走り、出雲駅伝と箱根駅伝では区間2位と、その期待に応えてきました。

今年はこちらもコンディション不良ということで出雲駅伝には出場せず、全日本大学駅伝では区間2位にはなりましたが、本来の走りはできませんでした。

箱根駅伝までにコンディションをどれだけ上げられるかが鍵になってくると思います。

館澤亨次選手は日本選手権1500mのチャンピオンで、非常にスピードのある選手です。

ですが長い距離が苦手というわけでもなく、これまで3大駅伝には全て出場し、箱根の山で失速した1年時の箱根駅伝以外では全て区間2位以内という素晴らしい成績を残しています。

この館澤選手をどの区間で使うかは重要になってくると思います。

広告

箱根駅伝2019東海大学の監督は?

東海大学を率いる監督は、両角速(もろずみ・はやし)監督です。

自身も東海大学で箱根駅伝を走っており、1995年からは長野県の佐久長聖高校の監督として、佐藤清治選手、上野裕一郎選手、佐藤悠基選手、村澤明伸選手、そして、マラソン日本記録保持者の大迫傑選手などを育ててきました。

その後2011年に母校の監督に就任し、先の黄金世代の選手たちなど積極的なスカウトと設備面の充実、それに厳しくも合理的な指導が評判となり、近年では駅伝上位の常連となっています。

そして2017年、出雲駅伝を10年ぶりに制し、東海大学に久しぶりのタイトルをもたらしました。

あとは、もう一つ結果の出ていない箱根駅伝での健闘が期待されています。

広告

箱根駅伝2019東海大学メンバーに対するネットの反応

2019年も期待がかかる東海大学ですが、ネットではどのような声が上がっているでしょうか。

箱根駅伝はそろそろ東海大学さんが勝って
11月末の1万mで好タイムをマークした選手は箱根で伸び悩む傾向があります。東海大は今冬トラックレースには出場せずに、箱根に向けて調整中。その成果に期待したいと思います。
箱根駅伝は東海大も応援しなきゃいけなくなっちゃったなー
エントリー発表。東海大学の選手層の厚さは毎度驚くばかりですけれど、「トラック番長」から抜け出せるかどうか。青山学院優勢な事には変化無しですかね。地元神奈川大学、シード権狙うには今回は苦しいですけど、鶴見での繰り上げが無いように走り切る事を願います
箱根駅伝のエントリーが発表されましたね。 もちろん、東海大学を応援します  3年生の郡司くんに期待してます めっちゃかわいい!
東海大は、前回1区三上がエントリー外ということですから… まあ、考えられるパターンは2つ。 西川を1区にするか、關を1区にするか。 2区は阪口、3区は鬼塚かな。 5区は西田か松尾。 6区に中島。館澤は7区か8区。 空いてる区間には、4年生を配置するでしょうね
東海大応援しています! 箱根駅伝楽しみいいいい
広告

やはり三上選手の不在が痛いと言う声が多いですね。

箱根駅伝2019東海大学メンバー一覧のまとめ

今回は東海大について見てきました。

東洋大とともに、打倒青山学院の一番手として臨む今大会ですが、やはり故障明けの選手のコンディションが一番の鍵になると思います。

全員が持てる力をしっかり出せれば、青山学院大学にも負けないチーム力があると思うので、是非高レベルでの白熱した優勝争いを見せてほしいと思います。

毎年箱根駅伝では期待ほどの成績をこれまで挙がられていないのですが、両角監督も今年は箱根狙いと言っていましたので、新しい東海大学の姿をお正月に見られる事を期待したいと思います。