山口達也の弁護士矢田次男とは?経歴やプロフィールを紹介!n

ジャニーズ事務所の山口達也さん(46)が26日、強制わいせつ容疑で書類送検された事件について都内で会見を開き、謝罪をしました。

震えながら記者の質問に答え、最後は感情を抑えきれず号泣する場面も。

そんな彼の後ろでもらい泣きする1人の男性の姿。

その男性こそが今回山口達也さんの弁護士を担当する矢田次男さんでした。

そこで今回は弁護士の矢田次男さんの経歴や人物像についてシェアしたいと思います。

広告
広告

山口達也さんの弁護士をしていた矢田次男さんとは!?

矢田次男(やだつぎお)さんは1971年に中央大学法学部法律学科卒業。

中央大学の法学部といえば弁護士になるなら中央大学がいいと言わしめるほど日本の弁護士は4分の1が中央大学出身者で有名です。

1973年には司法資格に合格し、1976年司法修習終了。

この流れからいくと弁護士になるのが夢だったと思いきや、学生時代は政治家になりたかったそうです。

1976年から東京地方検察庁検事に任官、その後仙台、千葉、釧路、東京の各地方検察庁に勤務していました。

1989年には東京地方検察庁特捜部検事退官退官。

その後すぐ弁護士登録するなど、今でいう「ヤメ検」ですね。

「ヤメ検」とは「検事をやめて弁護士になった人」という意味だそうです。

現在ではのぞみ総合法律事務所に所属し、ジャニーズ事務所の顧問弁護士として大きく世に知られています。

そんな敏腕弁護士・矢田次男さんですが、実はジャニーズだけでなく他の芸能人の弁護士も担当されていたようです。

広告

矢田次男さんはあの人の弁護もしていた!?

まずは最近でいうと元SMAPの稲垣さんや草なぎさんの弁護士を担当されていた事は有名です。

他にも調べてみると、なんと石原慎太郎さん、小渕元大臣、大相撲の日馬富士、XjapanのToshiさんなど、目も眩む様な有名な方達の弁護士を担当されていた様です。

芸能人だけでなく政界のお偉いさんも担当されていたとは、矢田次男さんが如何に弁護士として厚く信頼されている事が分かりますね。

そして現在山口達也さんの弁護士を担当されている訳ですが、やはり印象に残っているのはもらい泣きをしていたシーン

今回の事件について矢田次男さんはどの様な気持ちで弁護されているんでしょうか。

広告

ネットの反応まとめ

ジャニーズ事務所の顧問はのぞみ総合法律事務所。今日もヤメ検の矢田次男弁護士が立ち会っていたな。 やはり、その時ものぞみ総合法律事務所でしたか? 年代によって違うので。
山口メンバーの背後霊、矢田次男弁護士の勇姿
矢田次男弁護士は酒の席での失態や失敗に甘い日本人の心情を利用して、あくまで酒のせいにする方針を立てたんだろうなあ
ジャニーズ事務所の顧問弁護士である矢田次男弁護士は次男なんやろうな
この矢田次男弁護士は日馬富士の暴行事件も担当しているのか。なるほど。。
のぞみ総合法律事務所の矢田次男弁護士か。 元々バーニングの顧問弁護士。その後ジャニーズとべったりの弁護士だな。 結構、評判聞く。 つよぽんの時もこの人。
矢田次男弁護士かぁ 友近風に言うなら「ご察しの通り次男です」 っていうつかみかな
矢田次男(山口達也の弁護士)プロフィール!これまでの経歴がすごい!
ジャニーズの専属弁護士ー矢田次男さんって人だー 体調大丈夫何でしょうか(汗) 辛そう
顧問弁護士である矢田次男も会見の前に被害者の親からのメッセージ読み上げて #山口達也 の感情を高めて涙を流させるなんてやるじゃん。
広告

山口達也の弁護士矢田次男とは?経歴やプロフィールを紹介!まとめ

実は私自身今回初めて矢田次男さんの存在を知りました。

というのはやはり会見中に涙を流していたシーンがかなり印象的で、実際ネットでも山口さんより 矢田次男さんの方が気になったとの声も上がっています。

残念ながら山口さんが犯した行為は1人の社会人としてやはり許されるものではないでしょう。

ですが、会見で泣きながら反省の弁を述べている姿には矢田次男さん以外にも、もらい泣きされた方はいるのではないでしょうか。

矢田次男さんの力により守られた山口達也さん、これから本当に変わらなくてはならない時が来たと言えるでしょう。