WBSSの井上尚弥の次戦はどうなる?中止になるって本当!?

WBA世界バンタム級王者の井上尚弥選手が参戦する「WBSS」。

1回戦はすべて終了し、バンタム級トーナメントの準決勝は来年2,3月に予定されています。

ところがその準決勝が存続の危機にあると言います。

今回は「WBSS」の井上尚弥選手の次戦がどうなるのかについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

WBSS井上尚弥の次戦は?

第2シーズン「WBSS」バンダム級トーナメントの現在の状況を確認します。

各1回戦を突破した選手は次の通りです。

・1回戦で1RKOと衝撃的なインパクトを世界に与えたWBA王者、17戦全勝(15KO)井上尚弥選手

・ジェイソン・モロニ―選手相手に全勝対決を12R判定にて制したIBF王者、19戦全勝(12KO)エマヌエル・ロドリゲス選手

・驚異のアマチュア戦績を誇るミシャ・アロイアン選手を12R判定で退けたWBO王者、31戦28勝(21KO)3敗のゾラニ・テテ選手

・あのライアン・バーネット選手と王者対決をし、4RTKO勝利をおさめた、世界5階級制覇、44戦39勝(25KO)5敗のノニト・ドネア選手

以上の選手が準決勝にコマを進めています。

次戦は井上尚弥選手VSエマヌエル・ロドリゲス選手、ゾラニ・テテ選手VSノニト・ドネア選手が組まれています。

井上尚弥選手の次戦の相手はエマヌエル・ロドリゲス選手とあって、WBAとIBFベルトをかけて戦う試合。

ともに負けなし、全勝対決。

かなりの注目を集めていますよね。

ロドリゲス選手の情報はもともと多くないですが、バランスが良く安定感があり、右ストレートや左フックのカウンターを武器にしています。

井上尚弥選手との技術の攻防戦を楽しみにしているファンは多いのではないでしょうか。

王者が乱立するボクシング界でWBSSバンタム級トーナメントを制すと言うことは、WBC・WBO・IBFという3団体統一王者になることからも、注目の大会ですよね。

スポンサーリンク

WBSSが消滅?中止?


ロドリゲス選手が1回戦を勝利した際に井上尚弥選手が会場はおそらくアメリカになりそうだとコメントしていましたよね。

それがリング誌によると、大会の株主同士が出資比率を巡り、対立を深めた結果打ち切りの危機に直面していると言うんです。

さらに今大会に参戦している24選手のうち12選手はギャラが未払いの状態だと報じています。

これはバンタム級だけではなく、クルーザー級、スーパーライト級で予定されている準決勝も全て同様にキャンセル危機と報じています。

準決勝は来年2,3月に開催されることになっていますが、準決勝6試合の会場も日程も抑えられていないとのこと。

そこでこの話のようですよね。

リング誌が

「裏側の主催者がこの問題をすぐに解決できなければ、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズは2度目の準決勝に到達する前に、崩壊してしまう可能性がある」

と記事で警鐘を鳴らしていたことから、中止なのかとの懸念があるようです。

しかし、そもそも1回戦の予定や会場も確か7月21日に抽選会が行われる寸前まで出場選手もなかなか確定せず、8月に初戦の井上尚弥選手の横浜アリーナが公表されたような・・。

その時にすでに2か月切っていた気がします。

もちろん水面下では日程などはすでに進行していたのかもしれませんが。

2月に開催されるとしたらそろそろ会場や日程は公表されても良い時期ではありますよね。

日本人が考える「常識」が、海外でも通用するわけではないので、本当いろいろなことが起こりますが、是非このまま開催して欲しいですよね。

優勝賞金は1000万米ドルで、2階級合わせて賞金総額5000万米ドルの大会とされるWBSS。

もちろんそれ以上の資金が集まらなければ、でしょうがアメリカでの人気にかかってきますよね。

もちろんスポーツなどは選手のケガなどで出場が無くなり残念なこともありますが、今回は運営側の問題。

ボクシングファンとしては、どうあれ続行を期待したいと思います。

2018年の流行語大賞の候補にノミネートされた言葉が発表され、アマチュアボクシングで話題になった「奈良判定」という言葉も入っていました! ボクシング界だけではなく、全てのスポーツで審判が下した判定は絶 […]

スポンサーリンク

ネットの反応

数百億の売上がありながら 12億しか払ってない?

ファイトマネーはたしか一億くらいのはず。

金の持ち逃げ?

運営が代われば またできるでしょ。

これやめてネリやロマチェンコと 対戦するならやめてもいいな。

どーせ井上がWBSS優勝するし。

WBSS中止になったらまた井上の試合間隔が長くなるな

ただでさえボクシング生命は短いのにな。

中止になるならはやく報告してほしいな。次の段取りがあるから。せめて4ヶ月に1回は試合してほしい。

そりゃあ困ったなぁ…楽しみにしてたのに
I hope it’s not true what’s being reported. The most important thing is that the fighters that risk their lives in the ring get paid what they are owed. It’s been a great tournament and can only hope whatever issues there are get sorted out!!
何が報告されているのが真実でないことを願っています。 最も重要なことは、リングでの生活を危険にさらす戦闘機は、彼らが負っているものを払うことです。 偉大なトーナメントであり、どんな問題も選別されることを願っているだけです!
Aren’t you guys going bust?
破綻してしまうの?
I’d love this fight in the UK
私はこの英国での戦いが大好きです
Do Where the semifinal?
セミファイナルはどこですか?
Are the semi final dates sorted or it that still to be planned? Can’t wait to watch these. Buzzing.
半最終日が並び替えられているのか、それともまだ計画されていますか? これらを見るのを待つことはできません。 ぶつぶつ。

話題のWBSSのようなトーナメント形式の大会は日本では衝撃的でしたが、やはりMoney的にも本場アメリカでどのくらい人気が出るか、にかかってくるのかもしれませんよね。

スポーツでありながらも商売でもある。

難しいところですよね。

当の井上尚弥選手はきっと、今は井上拓真選手の試合が気になっている時期でしょうね。

兄弟でのバンタム級世界チャンピオン。

それを達成することも目標の一つだと思います。

とりあえず年末決戦を応援したいと思います。

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチが10月7日に横浜アリーナで行われることが決定しましたね。 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗選手が、元IBF世界同級王者のミラン・メリンド選手と4度目の防衛を […]

WBA世界バンダム級王座戦が5月25日(金)に行われ、井上尚弥選手がマクドネル選手を1回TKOで破り、プロ16戦目で日本人最速の3階級制覇を達成しましたよね。 今回は3階級制覇を達成した井上尚弥選手V […]

オリンピックで金メダルを獲得したボクシングの村田諒太選手が、WBA世界ミドル級王座を奪還しました! 引退を覚悟して望んだという試合で見事な2回TKO勝利を飾りました! 村田諒太選手のファイトマネーが一 […]

ゲンナジー・ゴロフキン選手対サウル・アルバレス選手の対決はアルバレス選手の勝利となりましたよね。 同級WBA王者の村田諒太選手が2度目の防衛戦を10月20日にラスベガスでロブ・ブラント選手と行います。 […]

ボクシングのフロイド・メイウェザーJr.選手とキックボクサーの”那須川天心選手が12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.14』で対戦します。 一時はメイウェザー選手が那須川選手 […]