大谷翔平のチームメイト、プホルスの成績がすごい!?イチローとの仲は?

大谷翔平選手の活躍で話題のメジャーリーグですが、大谷選手が所属するエンジェルスにはアルバート・プホルスという2000年代を代表するスーパースターがいることをご存知でしょうか。

現在38歳でエンジェルスの4番でDHや一塁を主に守っていますが、一時は三冠王に一番近い選手と言われ、将来野球殿堂入りが確実視されている選手の1人です。

今回はメジャーファンなら誰もが耳にしたであろうアルバート・プホルス選手について、彼のこれまでの成績とイチローとの仲についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルバート・プホルスの成績がすごい?

プホルス選手は1980年にドミニカ共和国で生まれました。

1999年にカージナルスからドラフト13位で指名され2001年には開幕メジャー入りを果たしました。

この年、プホルス選手は打率.329・37本塁打・130打点という新人離れした成績を残し、ナ・リーグの新人王を満場一致で受賞しました。

プホルス選手はメジャーデビューしてからは左翼や三塁、右翼など様々なポジションを守っていましたが、2004年からは本格的に一塁に転向しました。

2005年には初めて、ナ・リーグのMVPに輝きました。

それまで、プホルス選手のデビュー年の2001年から4年連続で受賞したバリー・ボンズ選手がこの年は故障したのも影響しました。

この年、プホルス選手とMVP争いしていたのはこの年の本塁打王でもあり、2013年から2年間楽天でプレーしていたアンドリュー・ジョーンズ選手と、この年の首位打者で父親はロッテ・横浜・ヤクルトでプレーし、オリックスの監督を務めたこともあるレオン・リーでもあるデレク・リーでした。

プホルス選手は2008年、2009年にもナ・リーグMVPを獲得し、2010年には前人未到の10年連続3割30本100打点を記録しました。

これはルー・ゲーリックが持つ9年連続の記録を越えて史上最長の連続記録です。

また、プホルス選手はルーキーイヤー(メジャーデビューの年)から10年連続で達成しています。

そもそも、ルーキーイヤーで3割30本100打点を達成したのはプホルス選手を含め3人しかおらず、残りの2人は翌年3割30本100打点を達成していません。

日本でも、3割30本100打点の連続記録は王貞治さんの7年(1963~69年)であることを考えるとルーキーイヤーから10年連続3割30本100打点というのはもはや異次元の記録です。

プホルス選手はカージナルス時代、常に安定した好成績を残していたことから、彼の愛称は「ザ・マシーン」。

まさに野球をする機械みたいだという例えですね。

このアンタッチャブルレコードを記録した翌年に、FAで現在所属するエンジェルスに移籍しました。

しかし、両足の故障と年齢に伴う衰えもあり、成績は年々悪化しています。

去年に至っては打率が.241にまで悪化しました。

それでも、長打力は健在で2014年には野球殿堂入りの基準とされている通算500号本塁打を達成しました。

守備も2016年からほぼDHでの出場でしたが、大谷選手が打者として打席に立つときはDHになるので、プホルス選手が再び一塁で出場することが予想されます。

エンジェルスにはプホルス選手以外にもマイク・トラウト選手やジャスティン・アップトン選手、メジャーNO.1の遊撃手ともいわれるアンドレルトン・シモンズ選手などメジャーを代表する選手がたくさんいます。

こういった化け物揃いの選手がいる中で大谷選手が存在感を放てるか注目ですね。

スポンサーリンク

アルバート・プホルスとイチローの仲?

三冠王に最も近かった選手とまで言われたプホルス選手ですが、実はイチロー選手との共通点がかなりあります。

まず、2人は2001年4月2日、同じ日にメジャーデビューを果たしました。

そして、2人とも2001年の各リーグの新人王を受賞しています。

プホルス選手は打率.329・37本塁打・130打点でナ・リーグ新人王・シルバースラッガー賞を受賞しました。

イチロー選手はご存知の通り、この年シーズン242安打を放ち、メジャーの新人最多安打記録を更新するとともに新人王、ア・リーグMVP・首位打者(.350)・盗塁王(56盗塁)・シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞を受賞しました。

また、2人はメジャーデビューから10年連続の記録を持っています。

プホルス選手は3年連続3割30本塁打100打点、イチロー選手は10年連続3割200本安打という驚異的な記録です。

そして、2人とも11年目にこの記録が途絶えています。

2011年、プホルス選手は打率.299・37本塁打・99打点とあと一歩のところで記録を逃し、イチロー選手はこの年の5月以降調子を落として打率.272・184安打でシーズンを終えています。

こういった共通点のある2人ですが、去年Fulll-countでは2人の仲に関する記事があった。

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00092582-fullcount-base)

10年間の連続記録という大記録を残した「同期」だからこそわかる特別な関係があるのでしょうね。

スポンサーリンク

ネット上の反応

アルバート・プホルス選手について、ツイッターやyahooリアルタイム検索上の反応を見ていきましょう。

プホルスあと5本!!
プホルスあと5本で3000本安打か

といったように、現在プホルス選手は2995安打(4月28日現在)と3000安打まであと5本と迫っていることから、3000本安打に関する反応が多くありました。

また

セベリーノの球の速さ、大谷の打球の速さ、プホルスの足の遅さを堪能できるイニングになっていますねえ…
プホルスの足遅いわ

といったように、両足の故障や年齢から足が遅くなっていることについてのコメントもありました。

一方で

プホルス休養とはいえ、普通に4番は凄い
2番トラウト、4番プホルス、5番大谷、凄い並び
2番トラウト、3番アップトン、4番プホルス、5番大谷、6番シモンズすごい

といったように、並み居る強打者の中に普通にいる大谷選手が凄いといった反応も多く見られました。

中には

状況は違うけどエンジェルスにプホルスいるんだよな
エンジェルスのプホルスって昔カージナルスにいたアルバート・プホルス?まだ現役だったんだ

といったように、カージナルス時代のプホルスについて言及したコメントもありました。

スポンサーリンク

大谷翔平のチームメイト、プホルスの成績がすごい!?イチローとの仲は?まとめ

プホルス選手はMLBを詳しく知らない人でも1回は耳にしたことのある名選手です。

現在は安定した打率を残しておらず、10年総額2億5400万ドルで移籍した契約に見合っていないと批判を浴びることが多いですが、619本塁打という現役最多本塁打に3000本安打間近というメジャーのレジェンドです。

まずは目下達成間近の3000本安打に期待です。