伊藤雅雪の次戦初防衛戦の相手シュプラコフの戦績一覧と強さは?結果の予想も!

ボクシングのWBOスーパーフェザー級王者の伊藤雅雪の初防衛戦が12月30日に大田区総合体育館でトリプル世界戦のメインイベントとして開催されますよね。

11月からロサンゼルスに渡り練習を積み、12月17日に帰国予定の伊藤雅雪。

今回も万全を期して臨む初防衛戦。

同級1位の指名挑戦者イフゲニー・シュプラコフとはどんな選手なのでしょうか。

今回はイフゲニー・シュプラコフの戦績一覧と強さと伊藤雅雪と対戦したときの結果予想についてシェアしたいと思います。

広告

シュプラコフの戦績一覧と強さは?

本名イフゲニー・アレクサンドロ・ビチシュプラコフ。

1990年4月4日生まれのロシアのボクサー。

プロボクシングの戦績は20戦20勝(10KO)。

その戦績を簡単にみていきましょう。

■2011年12月1日 イワン・ヴィラルモフと対戦し2RTKO勝利
■2011年12月5日 シャブカット・マダミノフと対戦し4R判定勝利
■2012年3月18日 スックロンジョン・ウソモフと対戦し2RTKO勝利
■2013年1月24日 ファズリディン・イスモノフと対戦し6R判定勝利
■2013年3月29日 ミカ・ブランチと対戦し4R判定勝利
■2013年8月17日 ウィルバート・ミッチェルと対戦し4R判定勝利
2013年11月30日 ロシアスーパーフェザー級王座決定戦にて、アレクセイ・ショロコフと対戦し10RTKO勝利、ロシアスーパーフェザー級王座獲得
■2014年2月15日 イオス・カユモフと対戦し6R判定勝利
■2014年9月27日 ラヴィル・ムカマディヤロフと対戦し3RTKO勝利
■2014年10月10日 ファズリディン・イスモノフと対戦し6R判定勝利
■2014年12月20日 エフゲニー・タラブキンと対戦し3RTKO勝利
■2015年2月27日 ファロド・オリポフと対戦し4Rオリポフの棄権により勝利
■2015年6月12日 ムサビ・アサドフと対戦し4Rオリポフの棄権により勝利
2015年9月26日 WBO欧州スーパーフェザー級王座決定戦にて、ドミトリー・キリロフと対戦し8RKO勝利、WBO欧州スーパーフェザー級王者獲得
■2016年2月27日 WBO欧州スーパーフェザー級タイトルマッチにてティルーム・アンクドフと対戦し、12R判定勝利、王座防衛成功
■2016年5月6日 WBOスーパーフェザー級タイトルマッチにてセバスティアン・トラットリックと対戦し5RTKO勝利、2度目の防衛成功
2016年11月18日 WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座決定戦にて、エレミヤ・ナカシラと対戦し12R判定勝利、WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座獲得
■2017年5月5日 WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級タイトルマッチにてエデン・ソンソナと対戦し5RTKO勝利、WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級初防衛成功。
■2017年12月15日 WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級タイトルマッチにてパブロ・マヌエル・オヘダと対戦し10R判定勝利、2度目の防衛成功
■2018年7月14日 アーニー・サンチェスと対戦し10R判定勝利
ロシアスーパーフェザー級王座
WBO欧州スーパーフェザー級王座
WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座

2011年12月にプロデビューして以来負けなしです。

直近の試合の相手、アーニー・サンチェスは伊藤選手とも対戦していますよね。

広告

伊藤雅雪対シュプラコフの結果予想は?


特出して何かが凄いと言う感じではないシュプラコフ選手。

ただ機敏に動き回り、中間距離で打ち合い自分のペースに持ち込むタイプ。

強さやパワーを感じる選手ではない気がしますが、器用さやフットワークの軽さなどはありますよね。

伊藤雅雪選手はシュプラコフに関しては王座決定戦の相手になるかもしれないと以前から試合は見ていたそうで、シュプラコフ選手の動きに惑わされないように自分を作り上げたいとのこと。

伊藤選手がクリストファー・ディアスと対戦した時にみせた、攻める姿勢を貫き自分のペースに持ち込めれば勝利は間違いないのではないでしょうか。

前回は千載一遇にめぐってきたチャンスに人生を懸けた戦いとして臨み、夢を叶えましたよね。

今回は日本で世界戦が出来ることに興奮気味ではありますが、1Rから常に攻め続けてKOを狙うそうなので、年末・日本開催で最高の試合を見せてくれそうですよね。

調整も日本の方がしやすいそうですし、伊藤選手自身前回は試合前に泣いてしまったそうですが、今回は自国開催なので、そんなことも無く臨めるのではないでしょうか。

シュプラコフ選手も満を持しての来日ではありますが、今の状態からすれば伊藤選手が勝利する可能性が高いと思います。

ただしシュプラコフ選手の戦い方を見ていると、判定までもつれれば接戦の可能性もあるので、伊藤選手には早いラウンドから攻めて欲しいですよね。

パワーや決定打にかけると言われてきましたが、前回のクリストファー・ディアスとの戦いで進化した伊藤選手を見せられたのではないでしょうか。

WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチが12月15日アメリカのニューヨーク州マディソン・スクエア・ガーデンで行われます。 王者ロッキー・フィールディングVSカネロ・アルバレス。 カネロ・アルバレスは […]

広告

ネット反応のまとめ

ついに日本で全国デビュー、村田選手がこけちゃいましたからね…

伊藤選手に対する期待は色々なところから大きいと思いますが、ひたすら上を目指して、シンプルに、伸び伸びとやってもらえれば良いと思います

パンチ同様トークもキレるから期待しています
初防衛戦!豪快なKO勝利期待しています!
相手の選手の動画を見たのですが、向こうも攻めるのが大好きなタイプに見えました。

凄い試合になりそうですね!

マジで楽しみです!やっと地上波で!応援しています
応援に行きます!!ロス合宿しっかり準備出来るように頑張れ~

自分の為に

あの一戦からファンになりました!

思い切りよく頼みます!

S.フェザー級のベルト死守してください!
伊藤選手には花があります!

日本を代表するスーパースターになって下さい。

必ず人気出るよ!

内藤律樹さんとの試合を見た時は世界チャンプは厳しいと思っていました。

アマチュア出身で綺麗なボクシングをする選手と言う印象でした。

間違いだらけでした。すみません!

広告

今回の初防衛戦では、王者となってどのような戦いを見せてくれるか楽しみですよね。

王者になることも難しいですが、ベルトを守り続けることもさらに難しいと感じます。

30日のトリプル世界戦は、トリプルの勝利で歓喜の年越しをしたいですよね。

伊藤選手ももっとこんなボクサーがいると言うことを印象付けたいそうなので、今回の試合は是非KOを!と願っています。

ちなみに今回は綺麗な奥様も見られそうですね。

2018年4月15日に日本人として初の軽量失敗による王座剥奪となり、試合にも負けてしまった元WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾選手。 王座陥落とともに敗北により、日本記録がかかっていた連続KOの […]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチが7日、横浜アリーナで行われ、王者・拳四朗選手が、元IBF世界同級王者のミラン・メリンド選手と対戦しました。 メインの井上尚弥対パヤノは井上尚弥の秒殺KOという衝 […]

来る5月25日(金)WBCライトフライ級タイトルマッチが大田区総合体育館で拳四朗選手が3度目の防衛戦を行います! 拳四朗選手にとっては、初の世界タイトルを獲得した相手元王者ガニガン・ロペス選手との再戦 […]

亀田和毅選手がWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦を11月12日に後楽園ホールで行う事を発表しましたよね。 同級2位の亀田和毅選手は、同級1位のアビゲイル・メディナ選手と対戦し、史上初の3兄弟で […]

ボクシング世界3階級王者である井上尚弥選手とその弟、拓真選手。 今や井上兄弟は日本のボクシング界に旋風を巻き起こし、世界でも注目のボクサーです。 そんな井上兄弟を育てた父親とはどんな人なんでしょうか? […]