井岡一翔と父親の確執や脱税疑惑はどうなった?離婚で仲直り!?

ボクシングWBC世界スーパーフライ級シルバー王者の井岡一翔選手が今年の年末にマカオで元3階級制覇王者のドニ―・ニエテス(フィリピン)とWBO世界スーパーフライ級王座決定戦を行います。
今年の11月に歌手の谷村奈南さんと離婚したばかりの井岡選手ですが、復帰戦に勝利しています。

谷村奈南さんとの結婚するときは父親の反対があったと噂されていますが現在はどうでしょうか?
今回は井岡一翔選手と父親の一法さんの確執過去の脱税疑惑についてシェアしたいと思います。

広告

井岡一翔選手と父親の確執は?

井岡一翔選手と父親の一法さんとの間には不仲説が度々流れていました。

その原因の1つとして挙げられたのは現在では元妻にあたる歌手の谷村奈南さんとの結婚に一法さんが反対したことが挙げられています。

一法さんは息子と谷村さんとの当初から結婚に大反対で、2017年4月の世界戦での勝利で具志堅用高さんに並ぶ世界戦14勝をマークしましたが、結婚後ボクシングのモチベーションを失ってそのまま12月に引退したと女性自身で報じられています。

さらに、昨年の9月に井岡選手と谷村さんがハワイで挙式を挙げたにもかかわらず、息子のハレの舞台に井岡選手のご両親の姿がなかったようです。

参考:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1614894/

息子のハレの日に両親が揃って挙式に来ないのは何か確執があるのではと邪推されても不思議ではないですね。

また、井岡選手と一法さんの間では試合のマッチメイクなどでも対立があったようです。

ボクシング三階級王者の井上尚弥選手と現RISEバンダム級王者、現ISKAオリエンタル世界バンダム級王者である那須川天心選手。 今話題の2人ですが、戦場は違うにしても戦ったらどちらが強いのか、気になると […]

広告

井岡一翔選手と父親の脱税疑惑は?

さらに井岡選手と一法さんとの確執をより深めている原因として一法氏の脱税があります。

これについては2016年から週刊誌の方で一法氏の脱税疑惑や療養費詐欺疑惑が浮上していましたが、ついに今年の4月26日に毎日新聞や日本経済新聞などで脱税に関して報じられました

それによると、ボクシング興行やジム運営の「一伸」(堺市堺区)と同社の井岡一法社長(50)が大阪国税局の税務調査を受けて、2015年までの約4年間で、法人税、所得税合わせて約2億円の所得隠しを指摘されていました。

なお、申告漏れの総額は3億5000万円で重加算税を含めた追徴税額は1億数千万と見られています。

所得隠しした金はチケット売上げやスポンサー収入の一部で、また同社が経営するジム内の整骨院に関する診療報酬なども記録されていなかったと報じられています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29853610V20C18A4AC8Z00/

一伸の関係者は取材に対し「国税と見解の相違があったが、納得した分は既に修正申告している」と話したそうですが、仮に井岡選手が再び一法さんとペアを組んだ場合、悪評がつきまとう可能性があります。

実際、現在井岡選手はJBC(日本ボクシングコミッション)のライセンスを持っていないことから、必然的に主戦場が日本から国外に変わっています。

現在、井岡選手はウクライナのクリチコ兄弟が設立したK2プロモーションというプロモーション会社に所属しており、今度のWBO世界スーパーフライ級王座決定戦も日本ではなくマカオで行われます。

もしかすると去年の井岡選手の引退は谷村さんとの離婚と関係なく、むしろ黒い噂のある父親の下から正式に離れて伸び伸びとボクシングをやるためにしたのかもしれませんね。

広告

ネットの反応

結局、井岡父が正しかったのか
父から父離れ、嫁から乳離れしたわけか
ライセンスというクソみたいなジム制度のせいで日本で試合を行うことは現時点では不可能に近いが…
井岡は父と決別したから強くなったんだろ
井岡は親父主導のマッチメイクの被害者
日本のボクシング界、父からの卒業、TBSのしがらみから抜け出し、アメリカで自分のやりたいようにやって頂きたい
親父さんとの関係どうなるか
父離れは井岡にとってプラスだったのではないだろうか
脱税容疑がある親父と縁切ればまだまだイケる
脱税するような親父から逃げ出したいのは普通だと思う

 

井岡選手の復帰についてはどうしても谷村さんとの離婚と一緒に語られてしまいがちですが、どうやらそれよりも父親から離れたかった方が理由として大きいと思われます。

現在、井上尚弥選手や田中恒成選手、さらには亀田三兄弟の三男、亀田和毅選手が2階級制覇を成し遂げましたが、井岡選手が次に対戦するドニ―・ニエテスはパウンド・フォー・パウンド14位(11月10日段階)とかなりの強豪です。

井岡選手の奮闘に期待しましょう!

 

5月25日ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで井上尚弥選手と王者ジェイミー・マクドネル選手の試合が行われます。 井上尚弥選手がジェイミー・マクドネル選手に勝利した暁にはWBSS(ワールド・ […]

ゲンナジー・ゴロフキン選手対サウル・アルバレス選手の対決はアルバレス選手の勝利となりましたよね。 同級WBA王者の村田諒太選手が2度目の防衛戦を10月20日にラスベガスでロブ・ブラント選手と行います。 […]

話題になっている『ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)』、団体の垣根を越えて各階級の世界最強のボクサーを決するトーナメント。 井上尚弥選手の参戦情報もあり、今注目したいトーナメントにな […]

ボクシングのWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太選手が、現在最強のボクサーとされていてパウンド・フォー・パウンドでも第1位(http://www.worldboxingnews.net/pound […]

5月5日に行われる予定だったサウル・“カネロ”・アルバレスとゲンナジー・ゴロフキンの再戦が9月15日(現地時間)に行われます。 カネロの禁止薬物接取で一時は再戦中止となり、ファイトマネーの配分でも交渉 […]