ゴーン社長の家族や自宅マンションは?解任されないのはなぜ?

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕されましたよね。

ゴーンショックとまで言われ、日産自動車の株価も急落しましたが、影響は関連会社にも及んでいます。

いろんな憶測や情報が飛び交う中、やはり今回の逮捕劇は社会的影響が大きいと言えますよね。

そこで今回はゴーン会長の家族や自宅マンションについてと、解任されないのはどうしてか?についてシェアしたいと思います。

広告

ゴーン会長の家族や自宅マンションは?


 

カルロス・ゴーン会長が5年間で約100億円と言う役員報酬の半分の約50億円を隠し虚偽記載したとされる今回の事件。

そのうちの約40億円が日産自動車の株価に連動したものとされています。

この年間10億円もの所得隠しをし、何に使ったと言うのか。

ゴーン会長から、今や、ゴーン容疑者と呼ばれる同氏は、プライベートで使用したヨットやジェット機の費用、家族で食事をした代金、家族旅行代なども日産側に支払わせていたとも言われています。

レバノン・ベイルート市内の高級住宅街にあるゴーン氏の自宅。

3億5千万円とも言われ、地下2階、地上3階、屋上付きのレバノンの豪華な自宅は、日産側から無償で提供されたとみられます。

日産側から提供されたとみられる高級住宅は他にもブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナやフランス・パリにも。

もちろん日本にもあります。

有名芸能人が住んでいると言われている「元麻布ヒルズ」に住んでいると言われていますが、日本にいるのは年間の20%ほどだそうです。

ゴーン氏はブラジルが生まれ故郷で、両親がレバノン人。

ブラジルで生まれ、レバノンで過ごしフランスにわたります。

そのためか、ブラジル、レバノン、フランスの多重国籍を有しているうえに、5か国語を話せます。

フランスの工学系パリ国立高等鉱業学校を卒業後、フランス大手タイヤメーカーのミシュランに入社し、18年間勤めました。

ミシュランの業績を評価されルノーにスカウトされます。

そこから日産自動車の最高執行責任者に就任するわけですが、その異名は「コストキラー」「ミスターFIXIT(調整)」とも。

そのゴーン氏が今回の逮捕。

「コストキラー」のコストが一番かかっていたことになるかもしれませんよね。

豪華な住宅で過ごしていたゴーン氏、現在東京拘置所の3畳ほどの部屋で何を思うのでしょうか。

広告

ゴーン社長は解任されない?

今回の件で、ゴーン会長とともに日産のグレッグ・ケリー代表取締役も逮捕されています。

東京地検特捜部は日産本社にも家宅捜索、資料を押収しています。

そもそも今回の逮捕劇は内部告発と言われていますが、高級住宅の提供を不正に受けていたとすれば、それだけでも特別背任や業務上横領の容疑も。

もし税務申告されていなければ所得税法違反にも問われます。

日産自動車のホームページで

「内部調査によって判明した重大な不正行為は、明らかに両名の取締役としての善管注意義務に違反するものでありますので、最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案いたします。

また、グレッグ・ケリーについても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案いたします。」

と掲載。

日産自動車の西川社長は11月22日に招集する取締役会議でゴーン氏を同社の会長職を解任する方針をプレスリリースで説明しています。

確かにゴーン氏が虚偽の記述をした有価証券報告書は極めて重要な文章です。

だからこそ話題なのは、司法取引制度が導入されてから、このタイミングでの告発に至ったことですよね。

極めて重要な文章であるからこそ、監査法人か公認会計士の監査証明が必要で、監査役含む役員たちは毎年、その内容を詳しく読んでいるはず。

日産側は監査制度があるにもかかわらず、今まで見過ごしてきたとしたら、その被害者ではなく、日産側自体のガバナンスの問題とも言えます。

今回、東京地検特捜部は捜査の段階で有価証券取引書の虚偽記載に関与した役員らと司法取引で合意。

情報を得る見返りに、執行役員らの刑事処分を軽くするそうです。

フランスの経済紙は今回の件について、「ゴーン氏を追放するための陰謀の薫りがする」とフランス側の声を紹介しています。

また、今回の件を日産が連合相手のルノーに対して事前に全く情報を提供していなかったことで、さらに日産側が連合内で今後優位に立つために事件を利用したのではないかとの疑念まで出ています。

司法取引により幹部らは刑事責任を免れたとしても、社会的責任はどうなんでしょうか。

今後の展開が注目されますよね。

第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督の映画「万引き家族」が最高賞「パルムドール」を受賞して大きな話題になりましたね。 中でも、子役を演じた城桧吏(じょうかいり)くんは、11歳とは思えない抜群の演技 […]

広告

ネットの反応は?

またやっちゃった、日産
フランス政府が黙ってないぞ
ゴーンがいなかったら日産は潰れてたかもしれないからな
これまでの功績が否定されるわけじゃないけど
うち、日産車2台あるのにー
「やっちゃえ日産」てこういうことだったのか  すげーわるい意味になっちゃった
まじかよ  オレの日産株どうなるの
よし値引き拡大チャンス
税金までコストカットしちゃったか
カルロス イズ ゴーン
でもゴーンくらいだと税理士に丸投げじゃないの?

年間報酬が、ゼネラル・モーターズのCEOは約24億7千万円、フォード・モーターのCEOが約18億8千万円とされています。

国内でもソニー会長は27億円超え、ソフトバンクの副会長でも20億円超えと言われる報酬金額。

短期間で日産の立て直しを果たし、過去にはフォーチュン誌に「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」とまで称されたゴーン氏。

なぜ虚偽記載をする必要があったのか、その真意は明らかになるのでしょうか。

『爆毛赤ちゃん』との、赤ちゃんがテレビやメディアで大きな話題になっていますね。 この赤ちゃん、日本国内にとどまらず、海外でも大きく取り上げられているとのこと! そこで今回は、『爆毛赤ちゃん』の髪の毛の […]

2018年の流行語大賞ノミネートが発表され話題になっています。 今年1年よく聞いた言葉はもちろんですが、中には聞いた記憶がないような言葉もあることがあり、今年のノミネートの中にあった時短ハラスメント( […]

まん丸お目目と、かわいらしい仕草で大人気のカワウソ。 最近ではペットとしても人気急上昇、メディアでも多く取り上げられています。 また、まだ飼っていない人からもカワウソをペットとして飼ってみたいという声 […]

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が逮捕され、世界に大きな衝撃がはしりました。 そして、即座に独りで会見に臨んだのが現社長の西川廣人社長。 これまで、カルロス・ゴーン氏の影にかくれ、あまり知られてこなか […]

レベルファイブとガンホーから新しいスマホ用ゲーム「妖怪ウォッチワールド」が2018年6月27日に配信開始されました。 子供たちに人気の妖怪ウォッチといえば、一時期妖怪メダルが入荷しても即完売で入手困難 […]