トライアウトの結果発表はいつ?2018年の合格者は?

プロ野球で戦力外通告を受けた選手などによるトライアウトが11月13日に行われました。

最近では観客も増え、今年から入場有料となるなど、年々注目度が増しているトライアウト。

今年はヤクルトの成瀬善久選手や阪神の西岡剛選手といったタイトルホルダーも参加するなど、注目を集めるトライアウトとなりました。

今回は、このトライアウトの結果はいつになるのかや、合格者の予想、その後の流れについてシェアしたいと思います。

広告

トライアウトの結果発表はいつ?


トライアウト後の合否はいつ決まるのでしょうか。

現状では、契約を決めた球団が、その選手に個別に連絡するという形を取っており、一斉に合否を発表するということはありません。

そのため、契約の期限というものも明確に定められているわけではなく、どの球団からも連絡がない選手は、自分で引き際を定める事になります。

シビアな決断になることでしょう。

ただし、合格者にはトライアウト後1週間以内には連絡があることが通常のようなので、それが一つの目安になるとは考えられます。

広告

トライアウトの合格者は?

次に今年のトライアウトの結果を見てみたいと思います。

投手成績

◯新垣勇人(日)
四球(河野)、中飛(城所)、三ゴロ(中井)

◯コラレス(楽)
空三振(西岡)、空三振(今成)、空三振(青山)

◯宮川将(楽・育)
三直(森山)、三ゴロ(菅原)、遊飛(松沢)

◯横山貴明(楽・育)
三安(吉村)、右飛(藤沢)、右二(西田)

◯古野正人(ヤ)
中飛(松本)、三ゴロ(園部)、中安(枡田)

◯須田幸太(De)
空三(比屋根)、投ゴロ(辻)、中飛(鵜久森)

◯久古健太郎(ヤ)
四球(高橋)、三ゴロ(河野)、見三振(城所)

◯成瀬善久(ヤ)
右二(中井)、左二(西岡)、二ゴロ(今成)

◯山本翔也(神)
四球(青山)、二飛(森山)、見三振(菅原)

◯福地元春(De)
左飛(松沢)、右飛(吉村)、空三振(藤沢)

◯渡辺貴洋(元巨)
空三振(西田)、見三振(松本)、四球(園部)

◯乾真大(元巨)
左二(枡田)、中飛(比屋根)、四球(辻)

◯廖任磊(巨)
空三振(鵜久森)、空三振(高橋)、一飛(河野)

◯篠原慎平(巨)
四球(城所)、四球(中井)、見三振(西岡)

◯玉村祐典(西)
左飛(今成)、四球(青山)、二飛(森山)

◯高良一輝(日)
右飛(菅原)、中安(松沢)、空三振(吉村)

◯若松駿太(中)
二飛(藤沢)、中飛(西田)、左飛(園部)

◯山本雅士(中・育)
空三振(松本)、空三振(枡田)、空三振(比屋根)

◯塚田貴之(元オ)
四球(辻)、四球(鵜久森)、一邪飛(高橋)

◯宮崎敦次(ロ)
中飛(河野)、中安(城所)、四球(中井)

◯オスカル(広)
遊ゴロ(西岡)、左飛(今成)、遊ゴロ(青山)

◯児玉龍也(ソ・育)
空三振(森山)、四球(菅原)、四球(松沢)

◯伊藤祐介(ソ・育)
一ゴロ(吉村)、空三振(藤沢)、遊飛(西田)

◯山下亜文(ソ・育)
左飛(園部)、空三振(松本)、空三振(枡田)

◯関啓扶(元中)
見三振(比屋根)、四球(辻)、四球(鵜久森)

◯吉田嵩(中・育)
四球(高橋)、空三振(藤沢)、四球(青山)

◯辻空(広)
四球(松本)、中飛(園部)、投ゴロ(辻)

◯佐藤世那(オ)
四球(森山)、三飛(河野)、右安(城所)

◯斎藤誠哉(ソ・育)
中飛(高橋)、二飛(中井)、二飛(松沢)

ニューヨーク・ヤンキースに所属しているグレイバー・トーレス選手が活躍しています。 今年のヤンキースのNO.1プロスペクト(有望株)であり、今年のア・リーグ新人王争いの前評判では大谷翔平の対抗馬として海 […]

野手の成績

◯河野元貴(巨/捕)
四球(新垣)、三ゴロ(久古)、一飛(廖任磊)、中飛(宮崎)、三飛(佐藤)

◯城所龍磨(ソ/外)
中飛(新垣)、見三振(久古)、四球/二盗(篠原)、中安(宮崎)、右安(佐藤)

◯中井大介(巨/内)
三ゴロ(新垣)、右二(成瀬)、四球(篠原)、四球(宮崎)、二飛(斎藤)

◯西岡剛(神/内)
空三振(コラレス)、左二(成瀬)、三振(篠原)、遊ゴロ(オスカル)

◯今成亮太(神/内)
空三振(コラレス)、二ゴロ(成瀬)、左飛(玉村)、左飛(オスカル)

◯青山誠(巨/外)
空三振(コラレス)、四球(山本)、四球(玉村)、遊ゴロ(オスカル)、四球(吉田)

◯森山孔介(ソ・育/内)
三直(宮川)、二飛(山本)、見三振(渡辺)、二飛(玉村)、空三振(児玉)、四球(佐藤)

◯菅原祥太(元ロ/外)
三ゴロ(宮川)、見三振(山本)、右飛(高良)、四球(児玉)

◯松沢裕介(巨・育/外)
遊飛(宮川)、左飛(福地)、中安(高良)、四球(児玉)、二飛(斎藤)

◯吉村裕基(ソ/外)
三安(横山)、右飛(福地)、空三振(高良)、一ゴロ(伊藤)

◯藤沢亨明(西/捕)
右飛(横山)、空三振(福地)、二飛(若松)、空三振(伊藤)、空三振(吉田)

◯西田直斗(神/内)
右二(横山)、空三振(渡辺)、中飛(若松)、遊飛(伊藤)

◯松本龍憲(ソ・育/内)
中飛(古野)、空三振(山本)、空三振(山下)、四球(辻)

◯園部聡(オ/内)
三ゴロ(古野)、四球(渡辺)、左飛(若松)、左飛(山下)、中飛(辻)

◯枡田慎太郎(楽/外)
中安(古野)、左二(乾)、空三振(山本)、空三振(山下)

◯比屋根渉(ヤ/外)
空三振(須田)、中飛(乾)、空三振(山本)、見三振(関)

◯辻東倫(巨/内)
投ゴロ(須田)、四球(乾)、四球(塚田)、四球(関)、投ゴロ(辻)

◯鵜久森淳志(ヤ/外)
中飛(須田)、空三振(廖任磊)、四球(塚田)、四球(関)

◯高橋洸(元巨/外)
四球(久古)、空三振(廖任磊)、一邪飛(塚田)、四球/二盗(吉田)、中飛(斎藤)

以上がトライアウトの結果となります。

広告

トライアウトの合格者予想

次に、現在のところ合格が予想されている選手についてみていきたいと思います。

まず、巨人の中井大介選手は、DeNAが、同じく巨人の廖任磊選手は西武が獲得方針を表明しています。

また、三者連続三振の結果を残した楽天のコラレス選手にも、声を掛ける球団があるかもしれません。

とはいえトライアウトから契約に至る選手はごくわずかです。

これ以上の合格者がいるかどうかは不透明なところです。

※追記2018年11月25日現在の合格者は以下のとおりです。

中井 大介選手(28)
読売ジャイアンツ→横浜DeNAベイスターズ
リャオ・レンレイ投手(25)
読売ジャイアンツ→埼玉西武ライオンズ
山下 亜文投手(22)
福岡ソフトバンクホークス→読売ジャイアンツ(育成契約)
※トライアウト後、入団テストを受け契約
広告

ネットの反応

今回も注目を浴びたトライアウトですが、ネットの反応はどうでしょうか。

トライアウトで無双したコラレス取るといいと思う
トライアウトから1週間経つんだよなぁー💦

吉報はー?

トライアウトから一週間経って公式にオファーを出している選手は聞かれない。

引っ掛かるとすれば1ないし2。

独立リーグは敬遠されやすく、社会人野球に移ったほうが安定しやすい。

トライアウトは、本当に狭き門。 それは受けた選手達が一番理解しているはず。 それでも受けた・・・その気持ちを評価して、社会人やBCリーグに行ったとしても、ずっと応援したいです。
ところで 今日はトライアウトから一週間

何かいいお知らせをお持ちの方はいらっしゃらない?

なんか今年は、トライアウトのメンツも含め契約更改しないor難航してるメンバー見ても、第一線で活躍してたのをよく見ていた選手が多いと感じるなあ。

世代交代ってやつなのかなあ

ひいきの選手の動向が気になる人、参加選手の顔ぶれに時の流れを思う人、いろいろな感想があります。

広告

今回はプロ野球トライアウトについて見てきました。

トライアウトから他球団に入団できるのは本当にごくわずかな選手で、大半の選手はこれでユニフォームを脱ぐことになります。

そういう辛い場ではありますが、選手のインタビューを見ると、

「細かいことは気にせず思い切って楽しくできた」
「プロに入って初めて野球を楽しんだ」

といったポジティブなコメントが残っていることが多いです。

もうあらかた覚悟を決めた選手たちの、一つのけじめになっている面もあるのでしょう。

プロ野球選手としてのキャリアは追えても、まだまだ人生は続きます。

ユニフォームを脱ぐことになっても、このトライアウトが、素晴らしい第二の人生の始まりになることを願います。

元社会人野球パナソニックの吉川峻平投手がMLBのアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結びました。 賛否両論あるこのメジャー移籍ですが、果たして吉川峻平投手の今後はどうなるのでしょうか? 今回 […]

メジャーリーグ・マーリンズの田澤純一投手が、マーリンズから戦力外通告を受け、これから移籍先を探すことになりました。 田澤投手は社会人野球の新日本石油から、日本のプロ野球を経ずに直接メジャーリーグのレッ […]

MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属している田中将大投手が14日(現地時間)のトロント・ブルージェイズ戦に先発し、6回4安打8奪三振2四球無失点の好投で12勝目(5敗)を挙げました。 田中投手はこの […]

高校野球夏の甲子園大会、岐阜代表は大垣日大高校に決まりました。 大垣日大高校は大会第4日に熊本代表の東海大星翔に勝利し、大会第10日に秋田代表の金足農と対戦します。 2年連続5回目の出場となる大垣日大 […]

各地で猛烈な暑さが続いている2018年の夏。 7月23日には、埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1度を観測し、連日の暑さに気象庁も記者会見するなど、異例尽くしです。 このような厳しい暑さの中、夏の […]