清宮幸太郎の評価は低い?一軍昇格はいつなの?

日本ハムファイターズにドラフト1位で入団した清宮幸太郎選手ですが、ドラフト前、各球団のスカウトが清宮選手を「将来の大砲候補」や「確実に一軍で戦力になる」など絶賛していましたが、一部では清宮選手への評価が過大評価なのではと疑問視する声があります。

実際、二軍では「限局性腹膜炎」の影響もあり、実戦31打席、二軍戦13打席無安打だったこともありその声が大きくなりました。

今回は清宮選手の評価とプロでの課題、そして今シーズン一軍昇格があるのかについてシェアしたいと思います。

広告
広告

清宮幸太郎の評価は低い?

まず、清宮選手の評価について見ていきましょう。

上にも書いていますが、ドラフト前の段階で、各球団のスカウトの清宮選手への評価は揃ってベタ褒めでした。

では、清宮選手が過大評価されているという意見の根拠とは一体何でしょうか。

清宮選手の評価や課題で必ずといっていいほど言われるのは守備です。

元々、清宮選手はリトルリーグ時代投手でしたが、肩を痛めたこともあり投手を断念しました。

さらに、中学1年の時に腰を疲労骨折して1年以上腰のリハビリに費やしましたことがありました。

 

高校2年の時にセンターにコンバートされましたが、結局ファーストに戻りました。

慣れないポジションであったことが考慮されたのかもしれませんが、やはり肩と腰の古傷の影響も否めません。

 

プロ野球ではサードへのコンバートの話がありましたが、オープン戦、そして二軍戦では基本的にファーストやDHで出場しています

そのファーストの守備に関しても、守備の際腰が高いことをプロ野球のOBから指摘されています。

やはり、腰の故障が影響していると思います。

 

高校野球からプロ野球まで基本的に一塁だけを守っていたのは清原和博さんぐらいです

早稲田実業の大先輩にあたる王貞治さんは高校時代投手として早稲田実業を優勝に導いています。

清宮選手が肩や腰の故障の影響で基本的に一塁やDHしかできない点、そして一塁の守備も腰の故障から不安視されている点が根拠になりそうです。

 

また、清宮選手は低めのボールをよく打つローボールヒッターですが、去年の選抜高校野球の東海大福岡戦では、東海大福岡バッテリーのインハイ攻めに苦しみ、2回戦敗退に終わりました。

プロでは、このインハイへの対応も課題になりそうです。

 

ただ、打撃では二軍戦で13打席無安打だった時期もありましたが、4月26日現在既に4本のホームランを放っており、長打力をアピールしています。

 

広告

清宮幸太郎の一軍昇格はある?いつ?

次に清宮選手が今年一軍昇格かあるのか、ある場合いつになるのか見ていきましょう。

清宮選手が1軍に上がる見込みですが、代打やDH、特に左の代打枠としてならあると考えています。

その根拠ですが、日本ハムは4月25日段階で、代打を16回試みていますがいずれも凡退に終わっています。

 

特に、左打者の田中賢介選手が現在1割台と不調ですので田中選手を調整も兼ねて二軍落ちさせたら左の代打として清宮選手が近日中に昇格するかもしれません。

現在、清宮選手は1週間に4本のホームランを打っていますので可能性はゼロではないと思います。

 

また、近日中の昇格がなくても二軍で安定した成績を残していれば、交流戦やオールスター戦明け、あるいはいわゆる「消化試合」でのお試し枠として清宮選手が一軍に昇格することも考えられます。

こちらの方がまだ現実的な話ではあります。

 

日本ハムは現在、プロ2年目の石井一成選手やプロ3年目の横尾俊健選手、プロ4年目の清水優心、プロ7年目の松本剛選手等、若手野手を積極的にスタメンで使っていますので、清宮選手も場合によっては一軍昇格からのサプライズでのスタメン抜擢も考えられます。

 

広告

ネット上の反応まとめ

では清宮選手の評価や1軍昇格の見込みについて、ネット上での反応を見ていきましょう。

まず、清宮選手の評価についてですが

周りは清宮を過大評価しすぎでは
清宮の評価辛口だな
スカウトたちは過大評価しすぎ

といったように清宮選手に対するスカウトやマスコミが過大評価しているのではと疑問視しているコメントが多く見られましたが、これらのコメントは大体、清宮選手が二軍戦で無安打が続いていた時期でした。

 

また、

素材型の高卒一年目ならこんなもん
調整遅れの部分が解消されれば打ち出すと思う
西野(勇士)の失投を見逃さず捉えたのは評価したいね

といったように、清宮選手は超大型ルーキーですがまだ高卒一年目なので、今はじっくり育成すべきという見方も見られました。

 

また、一軍昇格についてですが、

早く一軍を味合わせた方がいい
清宮が一軍に出たら本気で応援するのだが
一軍に早く上がってきてくれ

といったように、ここ1週間の活躍から早い段階から一軍の空気を味わうべきだという意見が多かったです。

 

一方で、

中田とアルシアの状態もいいからな
打率はどうだろう、HRだけ打てばいいものでもないからね

といったように、チーム状態や清宮選手が安定した打率を残していないことから、早期の一軍昇格には否定的な見方もありました。

 

広告

清宮幸太郎の評価は低い?一軍昇格はいつごろ?まとめ

いかかでしたか。

清宮選手ですが、腹膜炎から回復し現在2軍で本塁打4本と調子を上げています。

ただ、打率が2割程と連続無安打もあってまだ本調子とは言い難いです。

個人的に、清宮選手は二軍で打撃と守備を鍛えて、シーズン終盤で一軍に昇格してほしいですが。どうなるでしょうか。

清宮選手の二軍成績にも注目していきましょう。

追記

清宮幸太郎選手が5月2日に1軍の試合に出場しました!

6番・指名打者で出場し、3打数1安打(二塁打・三振・三振)という成績でした!

最初にはなった二塁打はセンターフェンス直撃の打球で、これからの活躍を期待させてくれるようなヒットでしたね。

どんどん打って、一軍に定着できるかどうか!?

今後もますます期待です!