パニック障害は治る!?克服した芸能人は?

パニック障害で苦しんでいる方は年々増加傾向にあり、パニック障害を発症する方は100人に3人といわれています。

そんな年々増加傾向にあるパニック障害は多くの芸能人も発症していて、5月にCDデビューを果たしたジャニーズ事務所のKing&Princeの岩橋玄樹さんがパニック障害の治療のため活動休止することが発表されました。

そこで今回はパニック障害とはどのような症状なのか、またパニック障害は治るのかについてとパニック障害を克服した芸能人についてシェアしたいと思います。

広告

パニック障害とは?

まずよく耳にするパニック障害とはどのような症状なのでしょうか?

パニック障害について、ネットで調べてみました。

昔は心臓神経症とか不安神経症という病名でしたが、数年前から他の神経症と区別するためにパニック障害という病名が付けられました。
パニック障害は精神障害の1つで突然強い不安や恐怖感を感じて、激しい動悸・息切れ・めまい・発汗などの症状があらわれます。
その症状は1度ではなく、何度も繰り返します!

 

パニック障害の症状は?

上記でパニック障害の症状をご紹介しましたが、もう少し詳しく症状についてシェアしようと思います。

パニック発作は典型的な症状で、突然原因不明の不安を感じて激しい動悸・めまい・呼吸困難などの症状に襲われます。

ニック発作の主な症状は下記の通りです。

①動悸
心臓がドキドキという動悸ではなく、多くの方がわしづかみ(心臓が破裂しそうな)されるような激しい動悸に襲われています。
②息切れ(呼吸困難)
パニック発作のときに呼吸が荒くなり呼吸困難になる方も多く、症状が酷いときは呼吸の仕方が分からなくなってしまいこのまま窒息するのではと恐怖を感じる方もいるようです。
③胸の痛み
胸がチクっと痛む方、または痛みはないけど不快に感じる方も!
④めまい
めまいは頭の血が下がる(引いていく)感覚で、フラフラするそうです。
⑤震え
手や足(または全身)の筋肉が緊張することで、震えが症状で出る方も!
⑥予期不安
パニック発作は繰り返す可能性が高く、何度もパニック発作を経験することにより次はいつ発作が起こるのかを予想してしまいます。
そのためパニック発作が起きていないときでも、いつパニック発作が起こるのかという不安や恐怖感にとらわれることを予期不安というそうです。
⑦広場恐怖
広場恐怖症とは広い場所という意味だけではなく、以前発作を起こした場所(状況)や人混み・歯医者の治療・電車・会議など発作が起きてしまったときに逃げ場がない状況や助けを呼べない(求められない)ところなどを避ける症状だそうです。
この症状は不安や恐怖を回避する行動で、やがて不安や恐怖を感じる場所に近付くだけで動悸や呼吸困難などの症状に襲われるようになります。
広場恐怖症は人によっては発症するわけではないとのことですが、少なくても80%以上の方が伴う症状です。

また上記でシェアした症状以外にも、不安や恐怖から発汗したり冷や汗をかく方や口が渇いたり吐き気・腹部に不快感を感じる方も!

広告

パニック障害は治るのか?

ではパニック障害は治るのでしょうか?

パニック障害は正しい治療を受けることが大切で、逆に適切な治療が遅くなほど病状は悪くなっていき慢性化してしまうため正しい診断が必要不可欠。

パニック障害の治療は、以下の治療法があります。

①薬物療法

初期の段階や急性のときは抗不安薬(発作を抑えるもの)と抗うつ剤(発作に対する不安を抑える)などの薬物療法が有効的で、パニック発作は薬物療法で抑えることができるそうです。

また発作を抑えることができれば予期不安がなくなって日常生活へ差し支えることも減少されていきますが、最短で数ヶ月から長期の場合は1〜2年かかることも。

薬の効き目は即効性があって服用するだけなので取り組みやすいですが、薬によって副作用(下痢・吐き気など)が出てしまう方や薬を中止してしまうと再発しやすいというデメリットがあるそうです。

②精神療法(認知行動療法)

精神療法(認知行動療法)はカウンセリング・自律訓練法・認知行動療法の3つがあります。

精神療法では病気を理解するためにカウンセリングを行い生活環境を探り自分自身で不安を解消する手段を身につけ、自律訓練法は自分でリラックスできるようにリラックス法を身に付けて緊張や不安を解消させます。

薬物療法と違って精神療法は副作用・薬物依存性の心配もなくて、パニック障害の再発防止や社会復帰に高い効果が期待できるそうです。

どちらか片方の治療を行ってもいいようですが、薬を服用して症状を軽くして精神療法を行っていくことが最も有効とされているようです。

広告

パニック障害を克服した芸能人は?

パニック障害を発症した芸能人も多いですよね!

そこでパニック障害を克服した芸能人はいるのかについて調べてみました。

○パニック障害を克服した芸能人

①IKKOさん

私はIKKOさんがパニック障害を発症していたことを知らなかったのですが、30代で個人事務所(ヘアメイク)を立ち上げたIKKOさんは経営者としての重責が原因で30代後半のときにパニック障害を発症したようです。

IKKOさんは美容家として活躍する一方で、パニック障害の症状は悪化。

IKKOさんがパニック障害を克服できたのは知人が「リラックスして、体の力を抜く」というアドバイスと、IKKOさん自身が生活を見直して気持ちにゆとりを持つようにしたことでパニック障害を克服したそうです。

②堂本剛さん

2003年にパニック障害であることを告白した堂本剛さん。

15歳で上京した堂本剛さんは、ホームシックになってしまい本来の自分と華やかな芸能界で活躍している自分とのギャップに悩んでいてパニック障害が発症。

パニック障害の克服はよき理解者の堂本光一さんの様々なケアやフォローと、本当の自分が表現できる音楽が救ってくれたそうです。

③長嶋一茂さん

パニック障害克服法を出版した元プロ野球選手の長嶋一茂さんはプロ野球選手を引退後、芸能界で様々な番組に出演して活躍できたことでパニック障害を克服したそうです。

そんな長嶋一茂さんはパニック障害を克服するために、ストレスを上手に抜き自分を責めないと言われていました。

その他にも円広志さん・大場久美子さんなどパニック障害を克服した芸能人の方がみえました。

広告

ネットの反応

パニック障害について、ネットではどのような反応があるのでしょうか?

堂本剛くんがパニック障害克服したときは光一くんの支えが一番大きかったって言ってたし、キンプリのメンバーもいわちのこと支えてあげてね
King&Princeの岩橋玄樹がパニック障害で活動休止か。

彼にはゆっくり休んで治ってほしいね

堂本剛とか、YUIとかも、パニック障害を越えてきて、今は元気にやってるから、私も良くしていきたいな。
乗り物に乗れない、美容院に行けないなどの行動を制限されるので、早くパニック障害治したいです。
パニック障害 やっぱりキツい…
ミヤネ屋でパニック障害の事やってた。

本当に辛い病だけど人に理解されにくいからテレビを通して認知されるといいな。

パニック障害 の方は、発作のとき、鼻呼吸をするように心掛けてみるといいとのこと。

中々実践は難しいかもしれませんが、普段からシミュレーションして鼻呼吸をしてみるといいと思います。

パニック障害のためにヘルプマークを身につけてるんだけど、意外と銭湯で着替えてる時に「どこか具合がわるいの? 若いのに大変ね」っておばさんに声かけられることが結構あり、そのなんてことない言葉で救われる日もあるからやっぱり銭湯は優しいコミュニケーションの場だと思うんですよね…
パニック障害だから電車、公共の場は怖いんだよね

いつ何かあるのかも分からないし。

みんなにパニック障害の事知って欲しいな…

今日も学校疲れた…

パニック障害に理解のない先生が多くて怖い…

Twitterより引用

パニック障害について、ネットでは上記のような声が上がっていました。

堂本剛さんのパニック障害についてや先日パニック障害の治療のために活動休止を発表した岩橋玄樹さんについて発言されている方が目立ちました。

特に多かったのが現在パニック障害に苦しんでいる方の声が多く、毎日が怖い想いを抱えている方や克服した芸能人の話や見知らぬ方から声を掛けてもらい救われた方などもいました。

またテレビや漫画などでもっと取り上げてもらって、パニック障害について知って欲しいという声も多かったです。

広告

今回はパニック障害とはどのような症状なのか、またパニック障害は治るのかについてとパニック障害を克服した芸能人についてシェアしました。

パニック障害は100人に3人は発病していますが日本ではあまり理解されていないのが現状で、パニック障害の発作は命を落とすことはないですがいつ発作が起こるのか窒息するのではないかなど様々な不安や恐怖を感じています。

発作を起こした場合は声を掛けてもらったり、背中をさすってもらうと不安を和らげられるそうです。

また現在パニック障害で苦しんでいる方は、全てのことを一人でせずに、たまには家族や友人に甘えて焦らずストレスをためないようにしてくださいね。

今回の記事作成に当たり、下記のサイトを参考にさせていただきました

LITALICO仕事ナビ

パニック障害は、何の前ぶれもなく激しい動悸や呼吸困難、めまいなどの症状に、強い不安感を伴った発作に襲われる病気です。何度も発作を繰り返す方も多く、日常生活にも支障をきたす場合もあります。この記事では、パニック障害に対する基本的な知識を整理し[…]

「森永チョコフレーク」の生産終了が発表され、大きな話題になっています。 誰もが知っている、といっても過言でない「森永チョコフレーク」、無くなってしまう理由にスマホが関係しているとのウワサもありますが、 […]

2019年10月に消費税が10%に引き上げられることになりましたが、食料品や新聞などは軽減税率の対象品目となり、税率は8%に据え置かれます。 この軽減税率の対象品目に「外食」が入らないことで、例えばコ […]

ソフトバンクが新しく発表した、新料金プラン「ウルトラギガモンスター+(プラス)」がネットで話題になっています。 特に大きく取り上げられているのが、50GBのパケット通信ができる上に、対象の動画・SNS […]

今、話題になっている「業務スーパー」という、業務用スーパーを知っていますか? 業務用スーパーといっても、一般購買者も買い物ができます。 ネットでも、安い!自社製品がおいしい!食べ盛りの子供がいるので助 […]

2018年の流行語大賞の候補にノミネートされた言葉が発表され、アマチュアボクシングで話題になった「奈良判定」という言葉も入っていました! ボクシング界だけではなく、全てのスポーツで審判が下した判定は絶 […]