菊池雄星のメジャーの年俸はどうなる?2018年の成績はどうだった?

例)西武ライオンズの菊池雄星投手(27)が今シーズンオフでのポスティングシステム(入札制度)に基づくメジャー移籍を発表し、西武ライオンズ側もこれを容認しました。

花巻東高校時代からメジャーへの志向が強かった菊池投手ですが、遂に夢への第一歩を踏み出そうとしています。

今回は菊池雄星投手のメジャーでの年俸過去の成績についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

菊池雄星のメジャーでの年俸はいくら?


菊池雄星投手が遂にメジャーへの挑戦を発表しました。

菊池投手は花巻東高校時代からメジャーの注目を集めており、国内12球団の他に、テキサス・レンジャーズなどメジャー8球団とも交渉しました。

結局、菊池投手は日本のプロ野球でのプレーを表明し、その年のドラフト会議で西武ライオンズからドラフト1位指名されました。

菊池投手は2015年までは不調や制球難、右肩の負傷で思うような成績を残せませんでしたが、2016年に自身初となる開幕投手に抜擢されるとこの年から成績が向上し、2017年度は最優秀防御率、最多勝(東浜巨と同率)の2冠を達成しました。

2018年度はタイトルこそ逃しましたが、14勝4敗と素晴らしい成績を残したうえで、兼ねてからの希望であったメジャーへの挑戦を表明しました。

既にメジャー15球団が菊池投手をリストアップしており、レンジャーズ、ドジャース、ヤンキース、マリナーズ、パイレーツ、パドレスなどが興味を示しているなど、今シーズンオフのFAの目玉選手の一人となりました。

MLB公式サイトでは今シーズンオフのFAランキングトップ25を発表し、その中でも菊池投手は11位にランクインしています。

そして気になる年俸ですが、「TRADE ROMUORS」というサイトでは6年4200万ドル(約48億円)と推測しています。

但し、菊池投手の代理人はかつて松坂大輔投手がレッドソックス入りしたときに大型契約をまとめたことなどで有名なスコット・ボラス氏です。

おそらくですが、菊池投手は5~6年の長期の複数年契約で、年俸は単年あたり8億~11億辺りの大型契約になるでしょう。

スポンサーリンク

菊池雄星の成績は?

次に菊池雄星投手の成績を年度ごとにみていきましょう。

年度 登板(先発) 投球回 防御率 奪三振 失点(自責) WHIP
2011 10(9) 54.1 4 1 4.14 24 26(25) 1.31
2012 14(12) 81.1 4 3 3.10 57 34(28) 1.23
2013 17(17) 108.0 9 4 1.92 92 28(23) 1.14
2014 23(23) 139.2 5 11 3.54 111 61(55) 1.51
2015 23(21) 133.0 9 10 2.84 122 48(42) 1.14
2016 22(22) 143.0 12 7 2.58 127 51(41) 1.29
2017 26(26) 187.2 16 6 1.97 217 49(41) 0.91
2018 23(23) 163.2 14 4 3.08 153 59(56) 1.03

菊池投手の成績をみると2013年を除いて、2016年以前と以降では成績が見違えるほどに向上しているのが分かりますね。

また、例外の2013年ですが、この年は8月に右肩の炎症で離脱しそのままシーズン終了となったので登板数が他の年度と比べて少なくなっています。

2014年度の菊池投手のWHIP(1回あたりに何人の走者を出すかという指標)が1.51となっていますが、この年の菊池投手は制球難で12球団最多となる78四球を与えていることがWHIPの悪化につながっています。

2016年度以降の菊池投手は3年連続2桁勝利もそうですが、特に2017年度は上記にも書いたように投手2冠を達成するなどパ・リーグのエース、そして菅野智之投手と並んで将来のメジャー移籍候補に名乗りを上げた飛躍のシーズンでした。

メジャーリーグ・エンゼルスで活躍中の大谷選手、日本時間で5月16日のアストロズ戦で、初めて2番打者として出場しました。 通常、2番打者は送りバントをしたり、ゴロを打ったりして1番打者を進め、後に控える […]

スポンサーリンク

ネットの反応

「菊地もメジャーで頑張ってほしい」

「メジャーリーグでの活躍に期待!」

「菊池雄星がメジャーで活躍するイメージが湧かない、頑張ってほしいけど」

「菊池投手にメジャーが67億?高い買い物になりそう」

「メジャーに行くと故障する選手が多いので怪我には注意」

「代理人がボラス氏だから菊池投手も大型契約、長期契約となるのは間違いないだろう」

「MLBファンから菊地が早速Kei Igawa(井川慶)なるあだ名付けられてるのカルマを感じる」

「菊池は最低でも井川よりはやれるでしょ」

「菊池雄星の嫁は英語ペラペラなのか。メジャーへの支障なしやな」

「メジャーで10勝出来る投手ではないと思う、ソフトバンクに相性悪かったし」

 

菊池投手が高校の頃から夢見ていたメジャーへ舞台を移します。

西武ライオンズとしては牧田和久投手以来、2年連続のメジャー移籍となりますが、残念ながら牧田投手はパドレスからメジャー契約打ち切りの戦力外通告を受けました。

また、左腕としては元阪神、オリックスの井川慶氏の前例があります。

日本人左腕として菊池投手がメジャーで活躍する姿をファンにみせてほしいですね!

高校生野手が席巻したドラフト会議も終わり、今年のプロ野球も大詰めを迎えていますが、日本シリーズの後、11月に開催されるのが日米野球です。 今年の日米野球は、前田健太選手がMLBオールスターチームの一員 […]

スポーツをするときなどに感情が爆発してガッツポーズすることはありませんか? しかし、スポーツによってはガッツポーズすることが禁止・あるいは慎まれる行為としてみなされることがあります。 そして、その一例 […]

MLBのロサンゼルス・エンジェルスに所属している大谷翔平選手が現在ホーム3試合連続でホームランを放ち、投手でも2試合に出場し共に勝利をあげ、いまや世界的に注目されていますね。 そんな大谷選手の高校時代 […]

MLBオールスター2018の出場選手が7月8日に発表されました。 大谷選手、平野選手をはじめ、日本人選手の出場も期待された今回のオールスターですが、どのような選手が選出されたのでしょうか。 今回はML […]

プロ野球のドラフト会議が10月25日17時より行われます。 今年も有力な指名候補が多く、どの選手がどの球団に入団することになるのか、動向から目が離せません。 今回はプロ野球ドラフト会議2018の広島、 […]